67件中 41 - 50件表示
  • 湯沢直哉

    湯沢直哉から見た山本尚史山本尚史

    ヨシ・タツをやまもっちゃんと呼ぶ。湯沢直哉 フレッシュアイペディアより)

  • サクラ (おとり)

    サクラ (おとり)から見た山本尚史山本尚史

    2006年、当時(後に「暗黒時代」「暗黒期」と呼ばれる)人気が低迷していた新日本プロレスは、客席を盛り上がっているように見せるために、他スポーツ(野球・サッカー)の応援経験者を複数会場内に配置し、応援リーダーとして会場の雰囲気を作り出そうとした(読売ジャイアンツの応援団を参照)。親会社が変更された2016年4月現在でも、これらの応援リーダーが「魂込めて?」の横断幕とともに、全国各地で行われている興行に帯同している。元新日本プロレス所属で現在はフリーランスのヨシタツ(山本尚史)は、これら応援リーダーたちとの交流を明言していて、2016年12月に行われたタカタイチ興行では「魂込めて?」Tシャツを着用して試合に入場している。サクラ (おとり) フレッシュアイペディアより)

  • シェルトン・ベンジャミン

    シェルトン・ベンジャミンから見た山本尚史山本尚史

    2009年3月、レッスルマニア25でのマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチ予選試合にてジェフ・ハーディーに勝利(マット・ハーディーの介入による反則)し、自身が持つ最多記録を更新する、4回目の出場が決定。3月17日、MVPに敗れ半年間保持したUS王座を失う。その後RAWから移籍してきたチャーリー・ハースと再び共に活動し、ECWから移籍してきたジョン・モリソンと抗争する。6月のトレードで再びECWへ移籍。移籍初戦でヨシ・タツのデビュー戦の相手を務めた。シェルトン・ベンジャミン フレッシュアイペディアより)

  • マット・ジャクソン (プロレスラー)

    マット・ジャクソン (プロレスラー)から見た山本尚史山本尚史

    2016年2月20日、新日本とROHの共催興行、HONOR RISING:JAPAN 2016にて、ケニー・オメガ & ニックとのトリオ、ジ・エリート(The ELITE)として、NEVER無差別級6人タッグ王座を保持するCHAOSの矢野通 & ブリスコ・ブラザーズ(ジェイ・ブリスコ & マーク・ブリスコ)挑戦。最後はオメガが矢野からピンフォール勝ちを収め、第4代王者組に戴冠した。同月26日、ROHが主催する14周年記念興行ラスベガス大会に参戦。NEVER6人タッグ王座の初防衛戦でKUSHIDA & ACH & マット・サイダル組と対戦。最後はオメガがサイダルからピンフォール勝ちを収め、初防衛に成功した。その後は新日本正規軍との抗争に身を投じることとなり、4月10日、INVASION ATTACK 2016にて、NEVER6人タッグ王座を賭けた防衛戦で、棚橋 & マイケル・エルガン & ヨシタツ組と対戦。この日復帰を果たしたヨシタツの首を集中攻撃していくも、最後はニックがエルガンからピンフォール負けを喫し王座から陥落した。5月3日、レスリングどんたく 2016にて、NEVER6人タッグ王座を保持する棚橋 & エルガン & ヨシタツ組を相手にジ・エリートとして挑戦。最後はオメガがヨシタツからピンフォール勝ちを収め、第6代王者組に返り咲いた。マット・ジャクソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ジャクソン

    ニック・ジャクソンから見た山本尚史山本尚史

    2016年2月20日、新日本とROHの共催興行、HONOR RISING:JAPAN 2016にて、ケニー・オメガ & マットとのトリオ、ジ・エリート(The ELITE)として、NEVER無差別級6人タッグ王座を保持するCHAOSの矢野通 & ブリスコ・ブラザーズ(ジェイ・ブリスコ & マーク・ブリスコ)挑戦。最後はオメガが矢野からピンフォール勝ちを収め、第4代王者組に戴冠した。同月26日、ROHが主催する14周年記念興行ラスベガス大会に参戦。NEVER6人タッグ王座の初防衛戦でKUSHIDA & ACH & マット・サイダル組と対戦。最後はオメガがサイダルからピンフォール勝ちを収め、初防衛に成功した。その後は新日本正規軍との抗争に身を投じることとなり、4月10日、INVASION ATTACK 2016にて、NEVER6人タッグ王座を賭けた防衛戦で、棚橋 & マイケル・エルガン & ヨシタツ組と対戦。この日復帰を果たしたヨシタツの首を集中攻撃していくも、最後はエルガンから雪崩式合体エルガンボムを決められ王座から陥落した。5月3日、レスリングどんたく 2016にて、NEVER6人タッグ王座を保持する棚橋 & エルガン & ヨシタツ組を相手にジ・エリートとして挑戦。最後はオメガがヨシタツからピンフォール勝ちを収め、第6代王者組に返り咲いた。ニック・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・ヘルムズ

    グレゴリー・ヘルムズから見た山本尚史山本尚史

    2009年の追加ドラフトによりECWへ移籍。移籍後しばらくは試合は行わず、バックステージのインタビュアーとして活動した(ハリケーン時代の取材記者ギミックを踏襲した役どころで、首の回復が思わしくなく、完治するまでの措置とされた)。マーク・ヘンリーをインタビュー中、隣でスタッフが巨大な貨物を運んでいる最中、下敷きになってしまう事故がアングルとして発生。そこにハリケーン時代のコスチュームで登場し、スタッフを救助したことがある。その後も何度か番組収録中に「グリーン・ガイ」が登場し、ハリケーンのギミック復帰をうかがわせた。8月11日の収録では、ポール・バーチルに攻撃されるヨシ・タツを助けるスーパーヒーローとしてリングに登場。グレゴリー・ヘルムズ フレッシュアイペディアより)

  • 田中翔

    田中翔から見たヨシ・タツ山本尚史

    2017年7月1日、アメリカでの第5試合でヨシ・タツ、ビリー・ガン、小松洋平と組んでフィンレー、棚橋、ホワイト、KUSHIDA組と戦った。田中翔 フレッシュアイペディアより)

  • 小松洋平

    小松洋平から見たヨシ・タツ山本尚史

    2017年7月1日、アメリカにて第5試合でヨシ・タツ、ビリー・ガン、田中翔と組んでフィンレー、棚橋、ホワイト、KUSHIDA組と戦った。小松洋平 フレッシュアイペディアより)

  • タグチジャパン

    タグチジャパンから見たヨシタツ山本尚史

    4月14日、ヨシタツがスタッフとして加入する。タグチジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た山本尚史山本尚史

    山本尚史との合体技。一本足野人ハンマーと水面蹴りを同時に繰り出す。技名はそれぞれの出身地から。中西学 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示