67件中 51 - 60件表示
  • 佐藤耕平

    佐藤耕平から見た山本尚史山本尚史

    2005年10月、新日本プロレスとの対抗戦が勃発し、大谷晋二郎・崔領二・神風とタッグを組み、ZERO1-MAX代表チームとして新日本軍の天山広吉・飯塚高史・吉江豊・山本尚史組との8人タッグマッチを自身初の東京ドームにて実現した。ちなみに、佐藤が普段は敵対する大谷とタッグを組むのは異例であり、以前2003年に全日本プロレスとの対抗戦で大谷・田中の炎武連夢の試合で田中が急遽欠場した際に大谷のパートナーとしてタッグを組んだくらいであった。佐藤耕平 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニア

    レッスルマニアから見た山本尚史山本尚史

    以下出場者一覧 Rトゥルース,エグザビアー・ウッズ,コフィ・キングストン,ザック・ライダー,サンティーノ・マレラ,セザーロ,デビッド・オタンガ,ドルフ・ジグラー,ビッグ・E,ビッグ・ショー,ブローダス・クレイ,ファンダンゴ、ザ・ミズ,レイ・ミステリオ,アルベルト・デル・リオ,グレート・カリ,コーディ・ローデス,ゴールダスト,シェイマス,ジャスティン・ガブリエル,ジンダー・マハル,タイソン・キッド,タイタス・オニール,ダミアン・サンドウ,ダレン・ヤング,ドリュー・マッキンタイア,ヒース・スレイター,フニコ / シン・カラ,マーク・ヘンリー,ヨシ・タツ,ブラッド・マドックスレッスルマニア フレッシュアイペディアより)

  • マリース・ウエレ

    マリース・ウエレから見た山本尚史山本尚史

    2010年7月に初来日、8月に行われるサマースラムツアー2010のPRのため、日本出身のヨシ・タツと共に各メディアに登場した。マリース・ウエレ フレッシュアイペディアより)

  • マリース・ウエレ

    マリース・ウエレから見たヨシ・タツ山本尚史

    2010年に入り、メリーナの負傷により空位となったディーヴァズ王座の王者決定トーナメントに出場。決勝まで勝ち進み、2月22日のRAWにてゲイル・キムを破りディーヴァズ王座への2度目の戴冠を果たすが、4月12日のRAWでイヴ・トーレスに敗れ王座を失った。王座陥落後、テッド・デビアスのマネージャーとなり、恋愛ストーリーが開始。10月、ミリオンダラー・ベルトが奪われたのをきっかけに、デビアスと共にゴールダストとNXTでゴールダストが指導しているアクサナと抗争を開始する。11月15日、"Old School edition" と銘打って行われたスペシャル版のRAWでゴールダストは正統な持ち主であるデビアス(ミリオンダラー・マン)に返還し、抗争は終了した。また、ヨシ・タツとの恋愛ストーリーも演じられた。マリース・ウエレ フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見た山本尚史山本尚史

    テーズ式、元祖バックドロップとも呼ばれる。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の左脇に頭を潜り込ませて相手の腰を両手で抱え込み、自身の両手を相手の、へそのあたりでクラッチして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げた相手を肩口から叩きつける。「ヘソで投げる」と形容される。主な使用者はルー・テーズ、ダン・ミラー、ジェイク・リー、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、後藤達俊、大矢剛功、永田裕志、HANZO、バッファロー、渡辺宏志、相島勇人、富豪富豪夢路、森嶋猛、下田大作、GENTARO、ヨシタツ、スカルリーパーA-ji、諏訪魔、炎!修市、原田大輔、那須晃太郎、神谷英慶、兼平大介、吉田綾斗、松本浩代(ロックドロップの名称で使用)。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ジェリコ

    クリス・ジェリコから見た山本尚史山本尚史

    8月20日・21日に両国国技館で行われたRAWサマースラムツアーに出場し20日にヨシ・タツとのシングルマッチ、21日にシェイマスと組んでヨシタツ&ジョン・シナ組との試合を行った他、21日に渋谷J-POP CAFE SHIBUYAにてFOZZYのクリス・ジェリコとしてサイン会を行った。クリス・ジェリコ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・マラシウロ

    グレッグ・マラシウロから見た山本尚史山本尚史

    12月にケイレン・クロフトとともにWWEへ昇格し(この時点ではデュード・バスターズを名乗らなかった)、ECWに登場。クロフトと共にテレビゲーム好きというギミックを与えられ、ヨシ・タツ、ゴールダストと抗争する。2010年2月9日にはヨシ・タツ、ゴールダスト組とWWE・統一タッグチーム王座挑戦権をかけて戦うが敗れている。グレッグ・マラシウロ フレッシュアイペディアより)

  • マット・ポリンスキー

    マット・ポリンスキーから見たヨシ・タツ山本尚史

    2014年、決着がついてからも執拗にネヴィルを狙い再戦を要求していた。2月5日にリベンジマッチが組まれたものの返り討ちに遭ってしまい、納得がいかずにネヴィルを襲撃したところサミ・ゼインの介入により邪魔をされ、新たな因縁が生まれた。憤怒したグレイブスはゼインとの対戦を要求して3月6日に対戦。敗戦するも直後にゼインを襲撃して溜飲を下げた。しかし、3月27日にヨシ・タツと対戦しての勝利後に、追い打ちをしていたところに再びゼインに介入されたことにより因縁は再燃。4月3日にシングルマッチが組まれ対戦するが両者共に体力が尽きる事態に陥るも、最終的にはラッキー13を仕掛けたところで、ゼインが力尽き、レフェリーストップでの勝利となった。同月24日、ジ・アセンションと組んでゼイン & ウーソズと6人制タッグマッチを行うも敗戦。6月にNXT Liveにて試合中に脳震盪を起こし、長期欠場している。マット・ポリンスキー フレッシュアイペディアより)

  • BULLET CLUB

    BULLET CLUBから見たヨシタツ山本尚史

    9月25日、DESTRUCTION in KOBEでハンタークラブ入りを拒否されたキャプテン・ニュージャパンがパートナーのヨシタツを裏切って襲撃し、衝撃のBULLET CLUB入りを果たした。BULLET CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た山本尚史山本尚史

    山本尚史(ミスター・ヤマモト→ヤマモト→ヨシ・タツ→ヨシタツ)(2002年 - 2008年→FCW→WWE→フリー)新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示