前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 山本尚史

    山本尚史から見た後藤達俊

    アメリカ合衆国に渡り、新日本プロレス・ロサンゼルス道場で修行した後、同年10月12日に後楽園ホールの井上亘戦でデビュー。2004年と2005年には第9回、第10回ヤングライオン杯に連続参加。優勝は逃すが、積極的な試合内容で注目される。当時の必殺技は後藤達俊直伝のバックドロップ。2005年にはボクシングプロテストを受けることが発表されたが、結果の発表はされていない。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た所英男

    総合格闘家の所英男とは同郷ということもあり、学生時代からの友人。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た崔領二

    2006年の選手大量離脱に伴い、IWGPタッグ王座への挑戦、ZERO1-MAXの崔リョウジとの抗争など、主に永田裕志のパートナーとして第一線の試合での起用が増えるようになる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た田口隆祐

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    3月28日に行われたレッスルマニア第26回大会では、PPV中継開始前に行われたダーク・マッチの26人バトルロイヤルに出場し、優勝した。WWEのバトルロイヤルで日本人が優勝したのは、1984年7月のマディソン・スクエア・ガーデン大会において行われた試合で優勝したアントニオ猪木以来、約25年9か月ぶり。また、日本人レスラーのレッスルマニアでの勝利は曙以来5年ぶり史上6人目である。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た曙太郎

    3月28日に行われたレッスルマニア第26回大会では、PPV中継開始前に行われたダーク・マッチの26人バトルロイヤルに出場し、優勝した。WWEのバトルロイヤルで日本人が優勝したのは、1984年7月のマディソン・スクエア・ガーデン大会において行われた試合で優勝したアントニオ猪木以来、約25年9か月ぶり。また、日本人レスラーのレッスルマニアでの勝利は以来5年ぶり史上6人目である。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    中日ファンで、棚橋弘至と一緒に、2004年中日優勝の瞬間に試合観戦をしていた。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た永田裕志

    2006年の選手大量離脱に伴い、IWGPタッグ王座への挑戦、ZERO1-MAXの崔リョウジとの抗争など、主に永田裕志のパートナーとして第一線の試合での起用が増えるようになる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た三沢光晴

    9月15日のECWでは三沢光晴へのリスペクトとしてエメラルドグリーンのタイツを着用、対戦相手のザック・ライダーに三沢の得意技ローリング・エルボーを見舞い、実況のマット・ストライカーも名前は出さなかったもののヨシ・タツが「憧れたヒーロー」のオマージュを披露したと解説した。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た中邑真輔

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示