88件中 31 - 40件表示
  • 山本尚史

    山本尚史から見たランシド

    ランシドのラーズ・フレデリクセンとは、新日本プロレス時代からお互いのバックステージを訪問し観戦・観賞し合うなど交流がある(フレデリクセン自身、日本のプロレスを見るためだけに来日するほど大変なプロレスファンで、日米問わず関係者との交友関係は深い)。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たザック・ライダー

    9月15日のECWでは三沢光晴へのリスペクトとしてエメラルドグリーンのタイツを着用、対戦相手のザック・ライダーに三沢の得意技ローリング・エルボーを見舞い、実況のマット・ストライカーも名前は出さなかったもののヨシ・タツが「憧れたヒーロー」のオマージュを披露したと解説した。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たブライアン・ケリー

    2011年の追加ドラフトでSmackDown!に移籍した。さらにバイロン・サクストンのプロとしてNXTシーズン5に登場することも決定した。NXTではマリースを巡ってルーキーのラッキー・キャノンと抗争。その際に自分のルーキーであるサクストンをそっちのけにしてしまい、そのことに怒りを抱いたサクストンとも抗争する羽目になってしまい師弟関係は崩壊、サクストンも早々と脱落してしまった。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た平成維震軍

    FCW加入からしばらくの間、本人が新日本入門前にファンだったという平成維震軍のコスチュームを着用していた。着用に当たっては当時のメンバーだった先輩の小林邦昭、後藤達俊らから許可をもらい、さらに実際の当時コスチュームをオーダーした業者を紹介してもらったという。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たマーク・ヘンリー

    12月14日、RAWに初登場。ジョン・モリソン、マーク・ヘンリーと組み、ザ・ミズ、ドリュー・マッキンタイア、ザック・ライダーのチームと6人タッグマッチで対戦。ザック・ライダーから右ハイキックでピンフォールを奪い、RAW初登場を自らの勝利で飾った。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たジョン・シナ

    1月19日のECW放送終了後に公式サイトにおいて、1月31日に行われるロイヤルランブル戦へのエントリーが正式に発表され、デビュー後初のPPV出場が決定した。ロイヤルランブル戦への日本人レスラーの出場は史上7人目である。PPV当日のロイヤルランブル戦では21番目に登場、30秒足らずでジョン・シナにエリミネートされる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たマット・ストライカー

    9月15日のECWでは三沢光晴へのリスペクトとしてエメラルドグリーンのタイツを着用、対戦相手のザック・ライダーに三沢の得意技ローリング・エルボーを見舞い、実況のマット・ストライカーも名前は出さなかったもののヨシ・タツが「憧れたヒーロー」のオマージュを披露したと解説した。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た長尾浩志

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たマット・コークラン

    渡米後のFCWでのフィニッシュ・ホールドで飛びつき(ヘッドシザース)式卍固め。吉野正人のフロムジャングルに似た技。ECW昇格後はTVでは使用していなかったが、2010年4月5日の「スーパースターズ」収録枠にて、エヴァン・ボーンと組み、チャボ・ゲレロ、ザック・ライダー組とタッグマッチで対戦した際、ザック・ライダー相手に昇格後初めて使用した。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たダスティ・ローデス

    現在のリングネーム「YOSHI TATSU」を命名したのはFCWでエージェント兼実況コメンテーターを務めているダスティ・ローデスである。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示