88件中 51 - 60件表示
  • 山本尚史

    山本尚史から見た2009年

    2009年6月30日、リングネームをヨシ・タツ(Yoshi Tatsu)とマイナーチェンジしてECWでデビュー、ヨシ・タツを相手にせず挑発ばかりしていたシェルトン・ベンジャミンにハイキック一撃で勝利を収めた。その翌週のECWにて再戦するも今度は敗戦に終わっている。その後はポール・バーチルやウィリアム・リーガルなどを相手に勝利を収めている。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た新日本プロレス

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たFCW (プロレス)

    2007年11月より無期限の海外遠征に出発。フロリダ州タンパを拠点に、FCW等で活動。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たスマックダウン

    山本 尚史(やまもと なおふみ、男性、1977年8月1日 - )は、日本のプロレスラー。現在はヨシ・タツ(Yoshi Tatsu)のリングネームでWWEのSmackDown!に所属。岐阜県岐阜市出身。WWEでは東京出身という設定になっている。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たプロレス技

    現在のフィニッシャー。スプリングボード式スワンダイブ式で決めることもある。ハイキックと同様に自身のブログで新名称を公募中であったものの、結局オフィスから使用の許可を得られなかった。2012年8月のスーパースターズにて、「リバース・キック」と呼ばれている山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た柔術

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たボクシング

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たペイ・パー・ビュー

    1月19日のECW放送終了後に公式サイトにおいて、1月31日に行われるロイヤルランブル戦へのエントリーが正式に発表され、デビュー後初のPPV出場が決定した。ロイヤルランブル戦への日本人レスラーの出場は史上7人目である。PPV当日のロイヤルランブル戦では21番目に登場、30秒足らずでジョン・シナにエリミネートされる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たタッグマッチ

    12月14日、RAWに初登場。ジョン・モリソン、マーク・ヘンリーと組み、ザ・ミズ、ドリュー・マッキンタイア、ザック・ライダーのチームと6人タッグマッチで対戦。ザック・ライダーから右ハイキックでピンフォールを奪い、RAW初登場を自らの勝利で飾った。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たエルボー・バット

    9月15日のECWでは三沢光晴へのリスペクトとしてエメラルドグリーンのタイツを着用、対戦相手のザック・ライダーに三沢の得意技ローリング・エルボーを見舞い、実況のマット・ストライカーも名前は出さなかったもののヨシ・タツが「憧れたヒーロー」のオマージュを披露したと解説した。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示