141件中 81 - 90件表示
  • 山本尚史

    山本尚史から見たWWE・スーパースターズ

    タイソン・キッドとの抗争後、トレント・バレッタとタッグを組んでタイラー・レックス & カート・ホーキンスとNXTで抗争。前座番組であるSuperstarsではジンダー・マハルと短期抗争を展開。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たレッスルマニア

    3月28日、年間最大のPPVであるWrestleMania 26にて、放送中継の間に行われたダーク・マッチによる26人バトルロイヤルに出場して優勝を果たした。WWEのバトルロイヤルで日本人が優勝したのは、1984年7月にマディソン・スクエア・ガーデン大会において行われた試合に出場したアントニオ猪木以来、約25年9か月ぶりの快挙であった。また、日本人レスラーのWrestleManiaでの勝利は曙以来5年ぶり史上6人目であった。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たフル・インパクト・プロ

    8月3日、BELIEVE 78ではジョシュ・ヘスとシングルマッチを行い勝利している。8月16日、BELIEVE 79にてSCWフロリダヘビー級王座を保持するアーロン・エピックに挑戦して勝利し、ベルトを奪取。プロレスラーとなってからキャリア初のタイトルを戴冠した。翌17日のBELIEVE 80ではチコ・アダムスと防衛戦を行い勝利した。同月29日、SCW南部ヘビー級王座を獲得。翌30日、BELIEVE 82にてTNAやFIP、EVOLVEに参戦した経験のあるリンス・ドラドを相手にSCWフロリダヘビー級王座防衛戦を行い勝利している。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たスキット

    ECW内でのスキットではタッグを組む事が多かったゴールダストから英語や西洋文化を学んだり、逆にゴールダストに日本語などを教え合った。実況からはECW版おかしな二人などと呼ばれた。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たレッスルキングダム (プロレス興行)

    2016年1月4日、WRESTLE KINGDOM 10にて英語実況の解説として登場。翌5日のNEW YEAR DASH !!でも解説を担当した。3月22日、4月10日のINVASION ATTACK 2016にて行われるNEVER無差別級6人タッグ王座戦で復帰することが決定。4月10日、INVASION ATTACK 2016にて棚橋 & マイケル・エルガンと組んでNEVER無差別級6人タッグ王座を保持するThe Elite(ケニー・オメガ & マット・ジャクソン & ニック・ジャクソン)に挑戦。試合前よりオメガから首を攻めると宣言された通り序盤から執拗なまでに首攻めを受けるがニールキックやミドルキックなどの蹴り技で抵抗し、最後にエルガンがニックを捕えてセカンドロープに登ると棚橋とアシストとして雪崩式エルガンボムを決めて勝利。復帰戦ながらベルトを奪取した。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たプロレス技

    フィニッシャー。スプリングボード式スワンダイブ式で決めることもある。ハイキックと同様に自身のブログで新名称を公募中であったものの、結局オフィスから使用の許可を得られなかった。2012年8月でのSuperstarsではリバース・キックと呼ばれた。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た柔術

    国士舘大学時代、レスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術など経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たボクシング

    国士舘大学時代、レスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術など経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た両国国技館

    8月20日、21日に両国国技館で行われたRAW Summer Slamツアー日本公演に出場するため凱旋帰国を果たした。20日にクリス・ジェリコとのシングルマッチを行い敗戦するが、21日にはジョン・シナと組んでのクリス・ジェリコ & シェイマスとのタッグマッチでパートナーであるジョン・シナをアシストして勝利し、ジェリコから雪辱を果たした。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見たペイ・パー・ビュー

    1月19日、ECW放送終了後に公式サイトにおいて、1月31日のPPVであるRoyal Rumble 2010への出場が正式に発表され、デビュー後初のPPV出場が決定した。ロイヤルランブルマッチへの日本人レスラーの出場は史上7人目であり、21番目に登場するが30秒足らずでジョン・シナに脱落させられた。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示