山本山龍太 ニュース&Wiki etc.

山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(旧大宮市、生まれは東京都江東区出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。 (出典:Wikipedia)

「山本山龍太」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「山本山龍太」のつながり調べ

  • 栃乃若導大

    栃乃若導大から見た山本山龍太

    しかし入門当初の体格に任せて肩越しに上手を取りにいき、差しにこだわって足が止まる李の相撲ぶりを見た春日野は「(番付は)上がることは上がるかもしれないけど、このままではそこそこの力士で終わる」と直感し、以来当たって前に出る相撲を徹底的に指導した。2007年1月場所において前相撲から初土俵を踏んだ。後に幕内昇進を遂げた山本山、阿覧、市原、天鎧鵬が同期として初土俵を踏んだが、多士済々の顔ぶれの中「最終的に李が全員を追い抜くよ。それだけの素材だ」と予測する親方が何人もいた。同年5月場所では序二段で7戦全勝の成績を挙げて優勝決定戦まで進出したが、優勝決定戦では同時期に入門した尾上部屋の山本山に敗れた。同年11月場所には早くも幕下へ昇進し、2008年7月場所では西幕下10枚目の位置まで番付を上げたが、その7月場所では2勝5敗と自身初となる負け越しを記録した。ここから2年出世が停滞し、春日野も「元の(まわしを取る)相撲に戻した方がいいんじゃないか」と迷うほどに精彩を欠いた。2009年11月場所に四股名を本名の「李」から「栃乃若」へと改名してもしばらく停滞から抜け出せず、当の本人も「高校ではこれで勝ってきたんだという変なプライドがあった。自分の相撲が通用しないって、わかりたくなかったんでしょう」と気持ちの上でふてくされていた。転機は西幕下4枚目で迎えた2010年7月場所。野球賭博問題で大量の謹慎者が出た影響で、幕下から多くの昇進者が出るチャンスが巡ってきた。「ここで勝てなければもう自分は上がれない」とプライドをかなぐり捨て、目の前の相手に必死にぶつかっていき、結果として翌場所の新十両昇進を確定させた。(栃乃若導大 フレッシュアイペディアより)

  • 泉川

    泉川から見た山本山龍太

    21世紀になってから、山本山龍太が、巨体を生かしてときどきこの技を決めている。(泉川 フレッシュアイペディアより)

「山本山龍太」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「山本山龍太」のニューストピックワード