28件中 11 - 20件表示
  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た山本山龍太山本山龍太

    2011年4月1日、大相撲八百長問題に関する相撲協会臨時理事会の結果、引退勧告を受けた。4月5日に尾上親方に連れられ、同部屋の山本山龍太、境沢賢一と共に処分対象者として代理人を通さず自ら引退届を提出し、受理された。白乃波は「残念だけど前へ歩くしかない。相撲協会にはお世話になった。残っている力士に頑張ってもらいたい」とコメントしながら涙した。同年9月3日に東京プリンスホテルにて境澤・山本山と合同で断髪式が行われた。白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

  • 龍帝衛福

    龍帝衛福から見た山本山龍太山本山龍太

    2006年7月場所で1番相撲から5連敗を喫して1勝6敗の成績で終わると、翌9月場所は初めての休場となり、11月場所では序二段へ降格。1場所で戻り、2007年7月場所では6番相撲で山本山に敗れただけの6勝1敗という好成績、翌9月場所では幕下目前の東三段目3枚目まで昇格したが、2場所後の2008年1月場所で2度目の休場。復帰以降は三段目下位では活躍するが、上位ではなかなか勝ち越せなかった。龍帝衛福 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の相撲

    2007年の相撲から見た山本山龍太山本山龍太

    山本山龍太(尾上部屋 埼玉県さいたま市西区出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利2007年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た山本山龍太山本山龍太

    山本龍一(幕内・山本山龍太、尾上部屋、埼玉県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃若導大

    栃乃若導大から見た山本山龍太山本山龍太

    しかし入門当初の体格に任せて肩越しに上手を取りにいき、差しにこだわって足が止まる李の相撲ぶりを見た春日野は「(番付は)上がることは上がるかもしれないけど、このままではそこそこの力士で終わる」と直感し、以来当たって前に出る相撲を徹底的に指導した。2007年1月場所において前相撲から初土俵を踏んだ。後に幕内昇進を遂げた山本山、阿覧、市原、天鎧鵬が同期として初土俵を踏んだが、多士済々の顔ぶれの中「最終的に李が全員を追い抜くよ。それだけの素材だ」と予測する親方が何人もいた。同年5月場所では序二段で7戦全勝の成績を挙げて優勝決定戦まで進出したが、優勝決定戦では同時期に入門した尾上部屋の山本山に敗れた。同年11月場所には早くも幕下へ昇進し、2008年7月場所では西幕下10枚目の位置まで番付を上げたが、その7月場所では2勝5敗と自身初となる負け越しを記録した。ここから2年出世が停滞し、春日野も「元の(まわしを取る)相撲に戻した方がいいんじゃないか」と迷うほどに精彩を欠いた。2009年11月場所に四股名を本名の「李」から「栃乃若」へと改名してもしばらく停滞から抜け出せず、当の本人も「高校ではこれで勝ってきたんだという変なプライドがあった。自分の相撲が通用しないって、わかりたくなかったんでしょう」と気持ちの上でふてくされていた。転機は西幕下4枚目で迎えた2010年7月場所。野球賭博問題で大量の謹慎者が出た影響で、幕下から多くの昇進者が出るチャンスが巡ってきた。「ここで勝てなければもう自分は上がれない」とプライドをかなぐり捨て、目の前の相手に必死にぶつかっていき、結果として翌場所の新十両昇進を確定させた。栃乃若導大 フレッシュアイペディアより)

  • 5月8日

    5月8日から見た山本山龍太山本山龍太

    1984年 - 山本山龍太、大相撲力士5月8日 フレッシュアイペディアより)

  • 市原孝行

    市原孝行から見た山本山龍太山本山龍太

    中学2年生の時に「中京クラブ」で相撲を始め、1999年(平成11年)には御田中学校3年生で中学生横綱に、2001年には埼玉栄高校2年生で高校横綱に輝く。2003年に日本大学へ入学して相撲部へ入部した。大学の同期生には森(後の大翔湖・追手風部屋)や山本(後の山本山・尾上部屋)、南(後の天鎧鵬・尾上部屋)などがおり、4年時には主将を務めた。市原孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 星風芳宏

    星風芳宏から見た山本山龍太山本山龍太

    2008年7月場所では1番相撲から6連勝、7番相撲では対戦相手の山本山に立合い不成立にも関わらず不用意なかちあげを2度命中させ、師匠及び審判部から厳重注意を受けた。結局この相撲で山本山に敗れ全勝優勝と十両昇進を逃す。優勝決定戦でも里山に破れ優勝はならなかった。翌9月場所に十両昇進を賭けたが1勝6敗に終わり、11月場所では西幕下18枚目まで番付を下げた。星風芳宏 フレッシュアイペディアより)

  • 天鎧鵬貴由輝

    天鎧鵬貴由輝から見た山本山龍太山本山龍太

    小学校1年の頃から相撲を始め、河内中学校時代に九州中体連相撲個人戦において3位に入賞し、全国中体連相撲に出場して頭角を現す。文徳高校時代には3年連続して全国高等学校総合体育大会に出場し、高校2年時にベスト8入り、高校3年時にはベスト16入りという成績を残した。その後、日本大学へ進学して日本大学相撲部に入部する。相撲部の同期には大翔湖・山本山・清瀬海がいる。大学を卒業する直前に、高校と大学の先輩にあたる17代尾上(元小結・濱ノ嶋)が師匠を務める尾上部屋へ入門し、2007年1月場所において前相撲から初土俵を踏んだ。天鎧鵬貴由輝 フレッシュアイペディアより)

  • えびすこ

    えびすこから見た山本山龍太山本山龍太

    山本山龍太(西前頭9枚目)えびすこ フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「山本山龍太」のニューストピックワード