1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 希帆ノ海勇樹

    希帆ノ海勇樹から見た山本山龍太山本山龍太

    2007年7月16日に新潟県中越沖地震が発生し、出身地である新潟県刈羽村は大きな被害を受けた。地震発生直後は電話も通じなかったが、翌17日に家族の無事を確認する。地震発生日は2007年7月場所9日目であり、師匠の出羽海親方も「今までたくさんの激励を受けたのだから、今度は勝って激励に行かないとな」とコメントした。13日目(20日)に巨漢山本山を破ると、7戦全勝で三段目優勝決定戦の進出が決まったが、惜しくも南に敗れている。このことに関して、希帆ノ海は「悔しいです。いつか地震ではなく、自分が勝つことで刈羽村を有名にしたい」と決意を語っている。場所後の7月31日に、7月場所後に大関昇進が決定したばかりの琴光喜ら力士13人が被災地の刈羽村を訪れ、避難所近くでちゃんこの炊き出しを行うなどの慰問活動を行ったが、希帆ノ海もこの時訪れた一行の一人であった。希帆ノ海勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 濱ノ嶋啓志

    濱ノ嶋啓志から見た山本山龍太山本山龍太

    2011年に発覚した大相撲八百長問題に関連する同年4月1日の日本相撲協会臨時理事会の結果、弟子の白乃波・境澤・山本山に対して引退勧告処分が下されたことを受け、師匠としての監督責任として委員から年寄への降格処分を受けた。濱ノ嶋啓志 フレッシュアイペディアより)

  • 北の富士勝昭

    北の富士勝昭から見た山本山龍太山本山龍太

    3月場所千秋楽、248kgの山本山龍太が登場した際、13日目の豊ノ島大樹戦で機敏な動きに付いて行って勝利したことに対して「あれはただのデブじゃないと思いましたね」と発言した。北の富士勝昭 フレッシュアイペディアより)

  • 大翔湖友樹

    大翔湖友樹から見た山本山龍太山本山龍太

    1994年にはわんぱく横綱小学4年生の部、1996年には小学6年生の部で優勝するなど幼少期から目立つ存在であった。高校は鳥取城北高等学校に相撲留学し、卒業後、日本大学経済学部に進学し、相撲部に所属。2006年には全国学生相撲選手権大会(学生横綱)で優勝し、幕下付出(15枚目格)を獲得した。2007年1月に初土俵を踏んだ大学の同級生清瀬海・山本山、天鎧鵬に遅れて、3月にデビューしたが、加賀谷戦でつき手による敗戦を喫するなど2勝5敗と負け越し、幕下15枚目格付出力士のデビュー場所としては、全休した垣添、二番相撲で黒星からの途中休場の明月院を除き最低の成績に終わった。西幕下33枚目で迎えた翌5月場所は5勝2敗と力を見せた。その後も7月場所で5勝2敗、9月場所で4勝3敗と3場所連続で勝ち越した。大翔湖友樹 フレッシュアイペディアより)

  • 不浄負け

    不浄負けから見た山本山龍太山本山龍太

    2009年3月場所12日目、山本山が嘉風に送り出しで負けた際、後ろ立褌を引っ張られ、後ろ立褌が緩んでほとんど外れてしまった。しかし、前褌は外れておらず、局部も露となっていなかったため、不浄負けとはならなかった。山本山は取材に対し、「完全18禁でしょ。あそこは緩むんです」とコメントした。不浄負け フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た山本山龍太山本山龍太

    5月8日 - 山本山龍太、元大相撲力士1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た山本山龍太山本山龍太

    大内→大内山、成山、安念→安念山、明歩谷→明武谷、長谷川、輪島、金城、山本山 など。また、琴勇輝、大輝、明生など本名の下の名前を四股名にする力士も存在する。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 251

    251から見た山本山龍太山本山龍太

    大相撲力士の日本人関取の最重量記録は、山本山の251kg。251 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「山本山龍太」のニューストピックワード