72件中 11 - 20件表示
  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た豊響

    2008年9月場所・翌11月場所と十両で2場所連続で9勝6敗の成績を挙げ、2009年1月場所において新入幕を果たした。所要12場所での新入幕は幕下付出からのスタートを除くと史上3位のスピード記録で、日本人では栃東(現・玉ノ井親方)らに並ぶ最速タイ記録となった。2009年5月場所では場所前から扁桃腺が腫れて40度近い熱が続き、千秋楽の一番に勝ち越しをかけたが、豊響に押し出しで敗れ、幕内に入って初の負け越しとなった。同年7月場所では11日目の佐田の海戦で自力で歩行できないほどの重傷を負い、左ひざ靱帯損傷のため途中休場した。その怪我の影響で休場が続き、2011年2月28日に相撲協会が発表した順席では三段目まで番付を落としてしまった。2011年2月9日の身体測定では体重277kgを計測し、現役力士最重量記録を更新した。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た把瑠都凱斗

    同部屋の兄弟子の把瑠都の化粧まわしを借りて親方衆へあいさつ回りに行ったが、近視で顔が分からなかったため、緊張しなかったと語る。普段は眼鏡を使用する。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見たマクドナルド

    2009年9月に、両国国技館に近いマクドナルド浅草橋店が、「大相撲力士専用席」を設置したが、この椅子の制作に山本山が協力し、体型に合わせた石膏型どりを行っている。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た栃乃若導大

    新弟子検査では体重233kgを記録し1994年1月場所の北勝森の205kgを塗り替え、史上最重量の新弟子となった。2007年1月場所の前相撲では一番出世を果たした。続く3月場所では序ノ口優勝は逃したものの、6勝1敗と好成績を残した。翌5月場所では序二段で同時期に入門した春日野部屋の李(現・栃乃若)との7戦全勝同士の優勝決定戦で勝利し、大相撲では自身初の優勝となった。同年7月場所、9月場所は三段目で両場所とも6勝1敗で2場所で三段目を通過。新幕下の11月場所では2番相撲の栃の山戦で髷を掴み反則負けとなるなど1勝6敗と大きく負け越したが、翌2008年1月場所では7戦全勝で幕下優勝を飾った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た濱ノ嶋啓志

    2011年の大相撲八百長問題では、特別調査委員会から八百長に関与した力士として名前が挙げられ、山本山は一貫して八百長関与を否定して携帯電話も特別調査委員会に提出したものの、4月1日、相撲協会の臨時理事会の結果、引退勧告を受けた。この処分について「調査委員会にクロと決め付けられた。裁判を起こしても(協会が)勝つから無駄なことはしない方がいいというようなことを言われた。頭に来ます、話も聞かずに引退勧告はおかしい」「(竹縄親方の)メールに自分の名前があった?海苔と間違えたんじゃないですか」とコメントした。4月5日に尾上親方に連れられ、同部屋の境澤・白乃波と共に処分対象者として代理人を通さず自ら引退届を提出した。「今後の生活のために、提出しました」「気持ちの整理はついていない。悔しいけど協会には感謝している。相撲協会がなかったらただのデブ。今日からお相撲さんじゃないと言われても状況が分からない」とと記者に答えた。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た大翔湖友樹

    大学時代の2年の東日本学生相撲新人選手権大会、ならびに全国学生相撲個人体重別選手権大会・無差別級で優勝。3年では全日本大学選抜相撲十和田大会で優勝、全国学生相撲個人体重別選手権大会・無差別級を連覇。4年で副主将を務め(主将は清瀬海)、全日本大学選抜相撲七尾大会で優勝。5つの個人タイトルを手に、尾上部屋に入門した。ただし、幕下付出の対象となるタイトルが含まれていなかったために前相撲からのデビューとなった。大学時代の同期には大翔湖と同じく尾上部屋に入門した天鎧鵬がいる。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た北勝森文仁

    新弟子検査では体重233kgを記録し1994年1月場所の北勝森の205kgを塗り替え、史上最重量の新弟子となった。2007年1月場所の前相撲では一番出世を果たした。続く3月場所では序ノ口優勝は逃したものの、6勝1敗と好成績を残した。翌5月場所では序二段で同時期に入門した春日野部屋の李(現・栃乃若)との7戦全勝同士の優勝決定戦で勝利し、大相撲では自身初の優勝となった。同年7月場所、9月場所は三段目で両場所とも6勝1敗で2場所で三段目を通過。新幕下の11月場所では2番相撲の栃の山戦で髷を掴み反則負けとなるなど1勝6敗と大きく負け越したが、翌2008年1月場所では7戦全勝で幕下優勝を飾った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た北の富士勝昭

    2009年5月場所初日の大相撲中継で、足腰を鍛えるために自転車に乗っていることが明らかになった。自転車は特注であるとは言え、250kgを超える山本山が自転車に乗っていることに関して、解説者の北の富士勝昭も「見てみたい」と興味を示した。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た黒海太

    週刊ポスト2012年8月17・24日号にて数名の力士が八百長に関わったと匿名で告白し、時天空・朝赤龍・黒海との取り組みで自らも八百長をしたと告白。大相撲八百長騒動では中盆として話題を集めた恵那司との関係も赤裸々に告白している。 山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た境澤賢一

    2011年の大相撲八百長問題では、特別調査委員会から八百長に関与した力士として名前が挙げられ、山本山は一貫して八百長関与を否定して携帯電話も特別調査委員会に提出したものの、4月1日、相撲協会の臨時理事会の結果、引退勧告を受けた。この処分について「調査委員会にクロと決め付けられた。裁判を起こしても(協会が)勝つから無駄なことはしない方がいいというようなことを言われた。頭に来ます、話も聞かずに引退勧告はおかしい」「(竹縄親方の)メールに自分の名前があった?海苔と間違えたんじゃないですか」とコメントした。4月5日に尾上親方に連れられ、同部屋の境澤・白乃波と共に処分対象者として代理人を通さず自ら引退届を提出した。「今後の生活のために、提出しました」「気持ちの整理はついていない。悔しいけど協会には感謝している。相撲協会がなかったらただのデブ。今日からお相撲さんじゃないと言われても状況が分からない」とと記者に答えた。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

72件中 11 - 20件表示

「山本山龍太」のニューストピックワード