72件中 41 - 50件表示
  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た春日野部屋

    新弟子検査では体重233kgを記録し1994年1月場所の北勝森の205kgを塗り替え、史上最重量の新弟子となった。2007年1月場所の前相撲では一番出世を果たした。続く3月場所では序ノ口優勝は逃したものの、6勝1敗と好成績を残した。翌5月場所では序二段で同時期に入門した春日野部屋の李(現・栃乃若)との7戦全勝同士の優勝決定戦で勝利し、大相撲では自身初の優勝となった。同年7月場所、9月場所は三段目で両場所とも6勝1敗で2場所で三段目を通過。新幕下の11月場所では2番相撲の栃の山戦で髷を掴み反則負けとなるなど1勝6敗と大きく負け越したが、翌2008年1月場所では7戦全勝で幕下優勝を飾った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た伊奈町

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た廻し

    同部屋の兄弟子の把瑠都の化粧まわしを借りて親方衆へあいさつ回りに行ったが、近視で顔が分からなかったため、緊張しなかったと語る。普段は眼鏡を使用する。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た投手

    プロ野球では大の阪神タイガースファン。子供には「相撲はさせない。野球選手にして、小さい頃から洗脳して阪神に入れる」、「今、投手不足なので投手。左のサイドスローがいい」と述べている。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た四股名

    その四股名から、食品メーカーの山本山を連想させる。兄弟子からも「のりが食べたくなる名前だ」と冷やかされ、「早く関取になってスポンサーが付いてくれたら嬉しい」とコメントしている。一方、山本山の広報によれば、社の基本理念から懸賞金を出す予定はないという。この四股名はすでに「山本」がいたため本名を四股名にすることができず、「山本海」とどちらかを選べと言われ本人が山本山を選んだものである(2009年1月場所の大相撲中継より)。本人は「変えたくない好きな名前」と発言している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た尾上部屋

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た序ノ口

    新弟子検査では体重233kgを記録し1994年1月場所の北勝森の205kgを塗り替え、史上最重量の新弟子となった。2007年1月場所の前相撲では一番出世を果たした。続く3月場所では序ノ口優勝は逃したものの、6勝1敗と好成績を残した。翌5月場所では序二段で同時期に入門した春日野部屋の李(現・栃乃若)との7戦全勝同士の優勝決定戦で勝利し、大相撲では自身初の優勝となった。同年7月場所、9月場所は三段目で両場所とも6勝1敗で2場所で三段目を通過。新幕下の11月場所では2番相撲の栃の山戦で髷を掴み反則負けとなるなど1勝6敗と大きく負け越したが、翌2008年1月場所では7戦全勝で幕下優勝を飾った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た前頭

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た送り出し

    2009年3月場所12日目、嘉風に送り出しで負けた際、後ろ立褌を引っ張られ、後ろ立褌が緩んでほとんど外れてしまい、「完全18禁でしょ。あそこは緩むんです」とコメントする。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た序二段

    新弟子検査では体重233kgを記録し1994年1月場所の北勝森の205kgを塗り替え、史上最重量の新弟子となった。2007年1月場所の前相撲では一番出世を果たした。続く3月場所では序ノ口優勝は逃したものの、6勝1敗と好成績を残した。翌5月場所では序二段で同時期に入門した春日野部屋の李(現・栃乃若)との7戦全勝同士の優勝決定戦で勝利し、大相撲では自身初の優勝となった。同年7月場所、9月場所は三段目で両場所とも6勝1敗で2場所で三段目を通過。新幕下の11月場所では2番相撲の栃の山戦で髷を掴み反則負けとなるなど1勝6敗と大きく負け越したが、翌2008年1月場所では7戦全勝で幕下優勝を飾った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「山本山龍太」のニューストピックワード