72件中 51 - 60件表示
  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た体重

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た押し出し (相撲)

    2008年9月場所・翌11月場所と十両で2場所連続で9勝6敗の成績を挙げ、2009年1月場所において新入幕を果たした。所要12場所での新入幕は幕下付出からのスタートを除くと史上3位のスピード記録で、日本人では栃東(現・玉ノ井親方)らに並ぶ最速タイ記録となった。2009年5月場所では場所前から扁桃腺が腫れて40度近い熱が続き、千秋楽の一番に勝ち越しをかけたが、豊響に押し出しで敗れ、幕内に入って初の負け越しとなった。同年7月場所では11日目の佐田の海戦で自力で歩行できないほどの重傷を負い、左ひざ靱帯損傷のため途中休場した。その怪我の影響で休場が続き、2011年2月28日に相撲協会が発表した順席では三段目まで番付を落としてしまった。2011年2月9日の身体測定では体重277kgを計測し、現役力士最重量記録を更新した。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た埼玉栄高等学校

    幼い頃に両親が離婚し、父子家庭で育つ。出生時の体重は4.9kgと大きかったが、3歳くらいまでは普通の体型だったという。1999年の大宮市立馬宮中学校3年時、全国都道府県中学生相撲選手権大会で団体戦ベスト8、個人戦で3位入賞し、翌年埼玉栄高等学校に入学。高校の同期に清瀬海孝行がいる。高校2年時に、全国高校相撲新人選手権(高知県)優勝。また高校3年時には全国高校相撲選手権では準優勝となるが、世界ジュニア相撲選手権では優勝。2003年、やはり清瀬海と共に日大に進学。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た西区 (さいたま市)

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た優勝

    新弟子検査では体重233kgを記録し1994年1月場所の北勝森の205kgを塗り替え、史上最重量の新弟子となった。2007年1月場所の前相撲では一番出世を果たした。続く3月場所では序ノ口優勝は逃したものの、6勝1敗と好成績を残した。翌5月場所では序二段で同時期に入門した春日野部屋の李(現・栃乃若)との7戦全勝同士の優勝決定戦で勝利し、大相撲では自身初の優勝となった。同年7月場所、9月場所は三段目で両場所とも6勝1敗で2場所で三段目を通過。新幕下の11月場所では2番相撲の栃の山戦で髷を掴み反則負けとなるなど1勝6敗と大きく負け越したが、翌2008年1月場所では7戦全勝で幕下優勝を飾った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見たあんこ (相撲)

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た寄り (相撲)

    山本山 龍太(やまもとやま りゅうた、1984年5月8日 - )は、埼玉県さいたま市西区(生まれは伊奈町)出身で尾上部屋所属の元大相撲力士。本名は山本龍一(やまもと りゅういち)、愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。日大相撲部出身。最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た週刊ポスト

    週刊ポスト2012年8月17・24日号にて数名の力士が八百長に関わったと匿名で告白し、時天空・朝赤龍・黒海との取り組みで自らも八百長をしたと告白。大相撲八百長騒動では中盆として話題を集めた恵那司との関係も赤裸々に告白している。 山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た玉ノ井

    2008年9月場所・翌11月場所と十両で2場所連続で9勝6敗の成績を挙げ、2009年1月場所において新入幕を果たした。所要12場所での新入幕は幕下付出からのスタートを除くと史上3位のスピード記録で、日本人では栃東(現・玉ノ井親方)らに並ぶ最速タイ記録となった。2009年5月場所では場所前から扁桃腺が腫れて40度近い熱が続き、千秋楽の一番に勝ち越しをかけたが、豊響に押し出しで敗れ、幕内に入って初の負け越しとなった。同年7月場所では11日目の佐田の海戦で自力で歩行できないほどの重傷を負い、左ひざ靱帯損傷のため途中休場した。その怪我の影響で休場が続き、2011年2月28日に相撲協会が発表した順席では三段目まで番付を落としてしまった。2011年2月9日の身体測定では体重277kgを計測し、現役力士最重量記録を更新した。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た十両

    2008年7月場所では自己最高位の西幕下筆頭で6勝1敗の好成績を収め、決定戦で部屋の先輩里山に敗れたもの同年9月場所での十両昇進が決まった。2008年8月22日に行われた健康診断の体重計測で251.6kg(公式では切り上げて252kg)を記録し、須佐の湖が持っていた240kgの国内出身関取の最重量記録を更新した。関取になって初の取り組みでは十両では稀に見るほどの歓声があがり山本山が寄り切りで勝った。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

72件中 51 - 60件表示

「山本山龍太」のニューストピックワード