37件中 11 - 20件表示
  • マルクス・ヴィンケルホック

    マルクス・ヴィンケルホックから見た山本左近山本左近

    再スタート後には遥かに性能に優れるマクラーレンやスクーデリア・フェラーリに抜かれたものの、15周目にマシントラブルでリタイヤするまでの間、中段グループで健闘を続けた。しかし1レースのみの契約であったこともあり、次レースからは山本左近に正ドライバーの座を譲ることになった。マルクス・ヴィンケルホック フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・クリエン

    クリスチャン・クリエンから見た山本左近山本左近

    ホンダでテストドライバーとして活動。イギリスGPではジェンソン・バトンが背中痛を訴えたため、プラクティスセッションを1度だけ走行した。この年限りでホンダを離脱することを表明しているため、結果的にホンダでの公式セッションはこの1度だけということになった。また、シーズン中からレースシート獲得を見据え、ベルギーテストではホンダに所属しながらスパイカーF1でテストをした。同週にはホンダでもテストを行っていたため、1週間(正確には3日のテスト日程)で2つのチームを経験したことになる(マクラーレンテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサも2008年11月のバルセロナテストで、マクラーレン・フォースインディア両方から参加)。スパイカーでのレギュラーシート獲得を見据えたテストであったが、結局チームはスポンサーを欲していたこともあって山本左近にそのシートを奪われた。又、シーズンオフのバルセロナテストでもフォース・インディアでのテストに参加し、2008年のドライバー候補として名前が挙がったものの遂にはそのシートも獲得できなかった。クリスチャン・クリエン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ドイツグランプリ

    2006年ドイツグランプリから見た山本左近山本左近

    このグランプリで山本左近がF1デビューを果たした。山本は予選セッション後に車両を交換し、ピットスタートとなった。予選後のシャシートラブルに苦しんだのは山本ばかりでなく、ヤルノ・トゥルーリとクリスチャン・アルバースもエンジンを交換する羽目になり、10グリッド降格のペナルティを受けた。アルバースにとっての悪夢の週末は、チームメイトのティアゴ・モンテイロと共に、規定違反のリアウィングを装着していたことでレース結果から除外されることで締めくくられた。2006年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • スパイカーF1

    スパイカーF1から見た山本左近山本左近

    続く第11戦ハンガリーGPから、正式ドライバーとして前年にスーパーアグリのドライバーを務めていた山本左近が起用された。第13戦イタリアGPでは新設計車両である「F8-VIIB」を投入。この車両は当初トルコGPにて投入の予定だったが、リヤエンドのクラッシュテストを通過できず次戦イタリアGPでの投入となった。スパイカーF1 フレッシュアイペディアより)

  • K-point (芸能プロダクション)

    K-point (芸能プロダクション)から見た山本左近山本左近

    山本左近(レーシングドライバー)K-point (芸能プロダクション) フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立豊橋南高等学校

    愛知県立豊橋南高等学校から見た山本左近山本左近

    28回生(2001年卒業) 山本左近 - F1ドライバー愛知県立豊橋南高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のF1世界選手権

    2007年のF1世界選手権から見た山本左近山本左近

    第11戦ハンガリーGPより山本左近をレギュラードライバー(カーナンバー21)として最終戦のブラジルGPまで起用。2007年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見た山本左近山本左近

    第10戦イギリスGPではセナに代わりテストドライバーの山本左近が出走したが、次の第11戦ドイツGPからは再びレギュラードライバーに復帰、予選でロータスのヘイキ・コバライネンやヴァージンのティモ・グロックと0.3秒差以内のタイムを記録し自己ベストの21位に入った。第13戦ベルギーGPの予選では不安定な天候の中で数名のドライバーがタイムを上手く出せなかったこともあり自己ベストを更新する20位に入った。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • カルン・チャンドック

    カルン・チャンドックから見た山本左近山本左近

    第7戦トルコGPでは燃料系のトラブルに見舞われた為残り5周でレースを終えた。(※:規定により20位完走扱い。)その後も第10戦まで完走を続け、前半10戦中8回(内、完走扱い2回)の完走を果たした。又、7月10日にインドグランプリのサーキット建設に携わるJPSI(※:Jaypee Sports International ジャイピー・スポーツ・インターナショナル)と契約したことを発表。同グループの大使となった。ドイツGPでは、自身のスポンサーによるスポンサー料の未払いによりレギュラーシートを失い、代わって山本左近が出走した。その後は山本とクリスチャン・クリエンが最終戦まで出走したが、チャンドック自身は引き続きHRTに在籍した。カルン・チャンドック フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た山本左近山本左近

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「山本左近」のニューストピックワード

  • BiND for WebLiFE 9

  • Chromium Blog: From Chrome Apps to the Web