41件中 21 - 30件表示
  • ジャンカルロ・フィジケラ

    ジャンカルロ・フィジケラから見た山本左近山本左近

    二年連続チャンピオンに輝いたアロンソのチーム離脱により、在籍三年目のフィジケラは名実ともにルノーのエースドライバーとなり、チームメイトに前年のテストドライバーであったヘイキ・コバライネンを迎えた。しかしルノーは2007年よりワンメイクとなったブリヂストンタイヤへの対応にシーズン序盤から苦しみ、最終的にコンストラクターズ3位へ後退した(本来1位であったマクラーレンが不祥事でポイント剥奪された上の3位なので、実質的には4位である)。フィジケラ自身もシーズンが進むにつれ、ルーキーのコバライネンに予選決勝共に先行を許してしまうレースが続き、実力に対する疑問の声が大きくなる。序盤こそ順調にポイントを重ね信頼性の低いマシンながらも健闘したが、中盤からはコバライネンに劣る場面が多くなる。結局、第6戦カナダGPで上位走行中にピット出口の信号を無視し失格したなどの失態もあり、ポイントは30対21とコバライネンに敗れる。ここで12月、アロンソが契約を残したままマクラーレンを抜けルノーにエースドライバーとして加入、セカンドドライバーはネルソン・ピケと決定してしたため、フィジケラは放出され、シーズンオフはフォース・インディアのシートを得るためテストを行った。シートの一方はエイドリアン・スーティルが引き続き得ることが濃厚とされていたのと、同時にラルフ・シューマッハ、ヴィタントニオ・リウッツィ、クリスチャン・クリエン、フランク・モンタニー、ロルダン・ロドリゲス、山本左近らもテストに参加したため、一つのシートを多くのドライバーが激しく争う異例の展開を見た。ジャンカルロ・フィジケラ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・モンタニー

    フランク・モンタニーから見た山本左近山本左近

    しかし、レギュラードライバーだった井出有治が前戦のサンマリノGPで接触事故を起こし、FIAからの通告により欠場となったため、急遽代役としてヨーロッパGPでF1デビューを飾ることとなった。その後、井出のスーパーライセンスが剥奪されたため、継続してセカンドドライバーとして参戦することとなり、第10戦アメリカGPまで契約は延長された。さらに第11戦フランスGPがモンタニーの出身国での開催であるため、チームの計らいで引き続きフランスGPも出走した。それ以降については山本左近が第12戦ドイツGPより参戦することになったため、モンタニーはリザーブ兼開発ドライバーとして活動した。フランク・モンタニー フレッシュアイペディアより)

  • ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

    ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルから見た山本左近山本左近

    No.22 モチュール・オーテック・Z ミハエル・クルム/山本左近(Rd.1~3)/リチャード・ライアン(Rd.4~9) シリーズ4位ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見た山本左近山本左近

    2006年、ホンダがB・A・Rを買収して38年ぶりにフルワークス参戦を開始し、ハンガリーGPで通算3勝目を記録した。また、ホンダの支援を受けて鈴木亜久里が代表を務めるスーパーアグリが誕生。同チームより井出有治、山本左近がデビューした。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋総合動植物公園

    豊橋総合動植物公園から見た山本左近山本左近

    遊園地ゾーンのレーシングカートコース(のんほいサーキット)は、豊橋市出身の元F1ドライバー・山本左近が監修を手がけている。豊橋総合動植物公園 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡龍也

    片岡龍也から見た山本左近山本左近

    2005年も、TOYOTA TEAM TOM'Sから山本左近と共に37号車で参戦。第4戦菅生ラウンドで初優勝を飾った。片岡龍也 フレッシュアイペディアより)

  • カルン・チャンドック

    カルン・チャンドックから見た山本左近山本左近

    第7戦トルコGPでは燃料系のトラブルに見舞われた為残り5周でレースを終えた。(※:規定により20位完走扱い。)その後も第10戦まで完走を続け、前半10戦中8回(内、完走扱い2回)の完走を果たした。又、7月10日にインドグランプリのサーキット建設に携わるJPSI(※:Jaypee Sports International ジャイピー・スポーツ・インターナショナル)と契約したことを発表。同グループの大使となった。ドイツGPでは、自身のスポンサーによるスポンサー料の未払いによりレギュラーシートを失い、代わって山本左近が出走した。その後は山本とクリスチャン・クリエンが最終戦まで出走したが、チャンドック自身は引き続きHRTに在籍した。カルン・チャンドック フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見た山本左近山本左近

    山本左近(2007年ハンガリーGPより、スパイカーF1で参戦のため降板)F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見た山本左近山本左近

    第10戦イギリスGPではセナに代わりテストドライバーの山本左近が出走したが、次の第11戦ドイツGPからは再びレギュラードライバーに復帰、予選でロータスのヘイキ・コバライネンやヴァージンのティモ・グロックと0.3秒差以内のタイムを記録し自己ベストの21位に入った。第13戦ベルギーGPの予選では不安定な天候の中で数名のドライバーがタイムを上手く出せなかったこともあり自己ベストを更新する20位に入った。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・ニッポン

    フォーミュラ・ニッポンから見た山本左近山本左近

    山本左近(2006年 - 2010年:スーパーアグリ - スパイカー - ヒスパニア - ヴァージン)フォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「山本左近」のニューストピックワード