37件中 21 - 30件表示
  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見た山本左近山本左近

    2006年、ホンダがB・A・Rを買収して38年ぶりにフルワークス参戦を開始し、ハンガリーGPで通算3勝目を記録した。また、ホンダの支援を受けて鈴木亜久里が代表を務めるスーパーアグリが誕生。同チームより井出有治、山本左近がデビューした。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツランドSUGO

    スポーツランドSUGOから見た山本左近山本左近

    2005年のSUPER GTシリーズ第4戦で、後にF1に参戦する中嶋一貴(GT300クラス)と山本左近(GT500クラス)がそれぞれ初優勝を果たした。スポーツランドSUGO フレッシュアイペディアより)

  • フランク・モンタニー

    フランク・モンタニーから見た山本左近山本左近

    しかし、レギュラードライバーだった井出有治が前戦のサンマリノGPで接触事故を起こし、FIAからの通告により欠場となったため、急遽代役としてヨーロッパGPでF1デビューを飾ることとなった。その後、井出のスーパーライセンスが剥奪されたため、継続してセカンドドライバーとして参戦することとなり、第10戦アメリカGPまで契約は延長された。さらに第11戦フランスGPがモンタニーの出身国での開催であるため、チームの計らいで引き続きフランスGPも出走した。それ以降については山本左近が第12戦ドイツGPより参戦することになったため、モンタニーはリザーブ兼開発ドライバーとして活動した。フランク・モンタニー フレッシュアイペディアより)

  • フォース・インディア

    フォース・インディアから見た山本左近山本左近

    2008年度のドライバーとしては前身チームであるスパイカーF1との契約期間が残っていたエイドリアン・スーティルともう一人のドライバーにはスーティルのチームメイトの山本左近、元ホンダ(現ヒスパニア・レーシング)テストドライバーであったクリスチャン・クリエン、元トロ・ロッソのヴィタントニオ・リウッツィ、元トヨタ(現DTMドライバー)のラルフ・シューマッハと同テストドライバーであったフランク・モンタニー、元ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、加えてフォース・インディアのテストドライバーだったロルダン・ロドリゲスとギド・ヴァン・デル・ガルデの7名(後日、ビジェイ・マリヤは「ラルフは選択肢ではなく、選択肢はクリエン、フィジケラ、モンタニー、リウッツィの4名だけだった」と語っている。またラルフ本人も「マリヤとの個人的関係・約束からのテスト参加であり、ここに所属するとは思えない」と発言していた。)の中から選考の結果、ジャンカルロ・フィジケラが選ばれた。またテストドライバーとしてはヴィタントニオ・リウッツィが起用されている。フォース・インディア フレッシュアイペディアより)

  • トムス

    トムスから見た山本左近山本左近

    37号車 DYNACITY(OPEN INTERFACE)トムススープラ 片岡龍也/山本左近(BS)トムス フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ライアン

    リチャード・ライアンから見た山本左近山本左近

    2005年で一旦日本を離れ、チャンプカーやF1へ挑戦することを目指したがシートを得ることが出来ず、2006年のSUPER GT第4戦セパンラウンドからF1に進出した山本左近に代わって参戦し、復帰戦で2位表彰台を獲得している。2007年は再び本山哲とコンビを結成しシリーズチャンピオンを狙うが、全9戦中6戦もリタイヤに見舞われ、第3戦富士ラウンドで勝利するもシリーズ8位と成績は低迷した。リチャード・ライアン フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見た山本左近山本左近

    マクラーレンからアロンソが復帰し、テストドライバーから昇格したピケJr.とコンビを組む。サードドライバーに2007年GP2ランキング2位のルーカス・ディ・グラッシ、テストドライバーとして2007年F3ユーロシリーズ・チャンピオンでルノードライバー養成プログラムのロマン・グロージャンと山本左近が発表された(但し、ディ・グラッシがスーパーライセンスを保有していないことから、リザーブドライバーとしては山本・グロージャンの二人が登録され全戦に帯同している)。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本グランプリ (4輪)

    2007年日本グランプリ (4輪)から見た山本左近山本左近

    午後2時からの予選もウェットコンディションで行われた。Q1では日本人選手の佐藤琢磨と山本左近が脱落。ラルフ・シューマッハはQ1で14番手タイムを出しながら、山本と接触してQ2を走行できなくなった。Q2ではルノーの2台が脱落する一方、セバスチャン・ベッテルがトロ・ロッソチーム初のQ3進出を決めた。2007年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • KONDO Racing

    KONDO Racingから見た山本左近山本左近

    3 山本左近 9pts(10位) / #4 ヤレック・ヤニス 0pts ⇒ ロニー・クインタレッリ 12pts(9位)KONDO Racing フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見た山本左近山本左近

    新規参入チームのうえ、前半戦はホンダエンジンこそ搭載しているものの基本的には4年落ちのアロウズのシャシーを現行レギュレーションに合致するように改良した「SA05」を使用していたために、チームメイトの井出有治と共に後方集団からも大きく離されて最下位を走ることが殆どだった。ニューマシンの「SA06」が登場してからもマシンの熟成が進むまでSAF1以外で最も遅いMF1レーシング(2006年第15戦イタリアGP以降はスパイカーMF1レーシングにチーム名称変更)からも離されたが、鈴鹿・日本GPでは、MF1の前でチェッカーを受け、さらに、最終戦ブラジルGPでは、チーム最高位の10位という結果を出すと共にチームメイトの山本左近とのダブル完走を果たした。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「山本左近」のニューストピックワード

  • BiND for WebLiFE 9

  • Chromium Blog: From Chrome Apps to the Web