244件中 91 - 100件表示
  • 高橋建

    高橋建から見た山本昌山本昌

    初安打:1996年6月14日、対中日ドラゴンズ10回戦(広島市民球場)、2回裏に山本昌から右前安打高橋建 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た山本昌山本昌

    (セ) 山本昌(中)、●三浦(横)、川上(中)、上原(巨)、河内(広)、岡本(中)?矢野(神)、古田(ヤ)2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • カーブ (球種)

    カーブ (球種)から見た山本昌山本昌

    カーブの中でも特に球速が遅く、なおかつ大きく曲がる物をスローカーブと称する事がある。80?90km/h程度のスローカーブを投げる投手もおり、速球との球速差が40?50km/h以上になる事もある。打者から見れば速球との球速差が大きくてタイミングを合わせにくく、上から落ちて来るような軌道でストライクゾーンに入って来るためミートしにくい。直球が速いほど球速差が大きく効果的なため、金田正一、堀内恒夫、今中慎二などの速球派投手が得意とした。逆に直球の遅い投手が緩急をつける目的で多投することもあり、星野伸之、石川雅規、山本昌、田口麗斗などがその典型である。カーブ (球種) フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た山本昌山本昌

    初本塁打:2010年9月25日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、5回裏に山本昌から右越2ラン松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 池山隆寛

    池山隆寛から見た山本昌山本昌

    250本塁打:1997年5月5日、対中日ドラゴンズ6回戦(明治神宮野球場)、6回裏に山本昌から3ラン ※史上37人目池山隆寛 フレッシュアイペディアより)

  • 進藤達哉

    進藤達哉から見た山本昌山本昌

    初安打:1989年5月12日、対中日ドラゴンズ5回戦(横浜スタジアム)、8回裏に山本昌から二塁打進藤達哉 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た山本昌山本昌

    関西テレビ≪FNN系列≫ 実況:馬場鉄志 解説:西本幸雄、田尾安志 ゲスト解説:山本昌広、今中慎二(中日)1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た山本昌山本昌

    中日ドラゴンズは、昨年引退した山本昌の引退試合を3月5日のオープン戦・VS東京ヤクルトスワローズ(ナゴヤドーム)で行うことを発表。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た山本昌山本昌

    ''4月8日の千葉ロッテマリーンズ戦で自己最多である15奪三振(9回1失点完投勝利)を記録。6月12日の読売ジャイアンツ戦で交流戦最多の通算18勝目を挙げる。6月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で3年ぶりの10勝を挙げ、オールスターには監督推薦で選出されて6年ぶり3度目の出場となった。9月8日の楽天戦で自己最多更新の15勝目を挙げた。ロッテ戦では24イニング無失点を記録。9月23日のロッテ戦で17勝目を挙げ、新人王以来となるタイトル、自身初の最多勝を獲得しチームの7年ぶりの優勝に大きく貢献。初のMVP・ベストナインにも選出された。この年はチームメイトの杉内俊哉も16勝を挙げ、の中日の今中慎二、山本昌(共に17勝)以来17年ぶり、パ・リーグではの大毎オリオンズの小野正一(22勝)、荒巻淳(17勝)以来51年ぶり、球団としては南海時代のの中谷信夫(21勝)、柚木進(19勝)して以来62年ぶりとなる同一チームの左腕2投手での15勝以上を記録。リーグ優勝を決めた最終戦では監督の秋山幸二、主将の小久保裕紀、選手会長の川?宗則、そして杉内に続いて胴上げをされた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 北山靖

    北山靖から見た山本昌山本昌

    2008年8月4日…ナゴヤドームで行われた中日対巨人。山本昌がプロ入り通算200勝を達成した試合。北山靖 フレッシュアイペディアより)

244件中 91 - 100件表示