244件中 11 - 20件表示
  • 立浪和義

    立浪和義から見た山本昌山本昌

    1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。中日の選手でオープン戦で引退試合が行われるのは2002年の今中慎二以来であり、立浪の次は2014年の山崎武司であった(なお、この時点では後に山崎や山本昌の引退試合で行われたような「一日限定で支配下選手として登録(一日契約)」という手法は採用されなかった)。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビ(日テレ)のプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCテレビ、CBCラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た山本昌山本昌

    の開幕は「三番・三塁」として先発出場。4月3日の中日戦(東京ドーム)にて、山本昌から巨人移籍後初本塁打を放った。5月28日のオリックス戦(東京ドーム)では自身初の1試合3本塁打を記録。7月24日には移籍後初めて四番を任され、9月15日には史上4番目の速さで通算1500本安打を達成。最終的には二年連続の3割30本を達成。前年に続いての2年連続MVPを獲得した。なおセ・パ両リーグでのMVP受賞は江夏豊以来2人目であり、野手としては史上初の受賞となった。加えて、リーグを跨いでの2年連続MVP獲得も史上初である。前半戦は左膝の手術の影響もあり、打率は.250前後に低迷していたこともあり、1999年から9年連続で出場していたオールスターゲーム出場も逃すとともに、北京オリンピック野球日本代表メンバーにも選出されなかった。しかし、試合に出場し続けることで7月頃に「(本人曰く)スイッチが入った」ように復活。シーズン終盤9月の月間MVPを受賞したり、7月8日にチームが阪神に最大13ゲーム差をつけられた翌日からの残り66試合で11本のオガラミ弾(自分自身とラミレスのアベックホームランの事で2008年は王貞治・長嶋茂雄のアベックホームランON弾をも凌ぐ15本)を記録したりする等調子を取り戻した。チームも小笠原の復調そのままに最大13ゲーム離されていた阪神に追いつき、逆転優勝を達成。前年・前々年に匹敵する成績を残した。6月8日、プロ入り後初の犠打を記録。9月3日の対広島戦(大阪ドーム)で史上62人目(史上66度目、球団史上5人目)となるサイクル安打を達成。更に9月19日には史上35人目となる通算300号本塁打を放った(球団史上8人目)。10月23日のクライマックスシリーズ第2ステージの対中日戦で、朝倉健太から1回裏に2ラン本塁打、2回裏には満塁本塁打と2打席連続で本塁打を放ち、クライマックスシリーズ新記録となる1試合6打点を記録した。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た山本昌山本昌

    技術的にはストレートで追い込んで最後に変化球というタイプの捕手であったと山本昌からは評されている。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の野球

    1997年の野球から見た山本昌広山本昌

    7月15日 - 中日の山本昌広がナゴヤドームでの対広島15回戦の三回表に黒田博樹から三振を奪い、プロ通算1000奪三振を達成。1997年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋聡

    中嶋聡から見た山本昌山本昌

    、5月9日に一軍登録され、5月12日の西武7回戦(函館オーシャンスタジアム)で9回表に守備で出場し、実働年数が26年となり、野村、山本昌(中日)と並び、歴代2位(野手では1位)の記録となった。中嶋聡 フレッシュアイペディアより)

  • 宣銅烈

    宣銅烈から見た山本昌山本昌

    しかし、オフ返上など背水の陣で臨んだ2年目のに大変身。同年のオールスターゲームに出場。同年は当時の日本記録となる38セーブを挙げ、佐々木主浩(横浜)と共に最多セーブ投手に輝く。同年に宣が記録した38セーブの1個目は、横浜との開幕戦で、ナゴヤドーム初の公式戦。ナゴヤドームで初めてセーブを記録した投手である。この年はチームが最下位と低迷する中、最多勝を獲得した山本昌とともに奮闘した。宣銅烈 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た山本昌山本昌

    は中日ドラゴンズの山本昌が持つ最年長セーブ記録の更新を(半分冗談ながら)目標に掲げ臨む。しかし、早々に1勝を挙げたものの防御率10点台と低迷、5月に二軍落ちとなった。そして9月20日、シーズン終了を以ての引退を表明した。球団はコーチの席を用意して慰留したが“外部から野球界に貢献したい”と辞退し退団を決定。10月6日、千葉マリンスタジアム最終戦の対東北楽天ゴールデンイーグル戦、5-2で迎えた9回表2死走者二塁で登板し、代打セギノールを右飛に打ち取り試合終了。2009年当時としては史上最年長記録(44歳21日)となるセーブを、たった1球で達成(パ・リーグ史上24人目、26例目)し、現役生活を締めくくった。試合はバレンタイン監督の日本での最終試合でもあり、まさにボビー・バレンタインと共に歩んだ野球人生だったと評された。試合後、雨が降りしきる中でバレンタイン監督の退任式に先立っての引退セレモニーが行われた。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た山本昌山本昌

    は開幕から先発出場し、4月5日の広島市民球場での中日戦で、山本昌から約2年ぶりの本塁打を放つ。4月6日の試合中では、前田の走塁に不満を持ったルイス・ロペスに暴行を受けた。4月は5番、5月以降は6番打者として先発出場していたが、8月以降は5番に定着。打率3割を記録し、同年のカムバック賞を受賞した。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 茅ヶ崎市

    茅ヶ崎市から見た山本昌山本昌

    山本昌(本名:昌広。元プロ野球選手。200勝達成投手。市民栄誉賞受賞)東京都大田区生まれ。茅ヶ崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た山本昌山本昌

    5月19日の対ソフトバンク戦でセ・リーグ最年長完投勝利記録(当時)を更新。2005年8月26日の対阪神戦では最年長2桁勝利記録(当時)を更新した。2017年現在では、最年長200勝を含め、いずれも山本昌が記録を更新している。この年の工藤は11勝を挙げたが、規定投球回には到達できなかった。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

244件中 11 - 20件表示

「山本昌」のニューストピックワード