244件中 31 - 40件表示
  • 三木安司

    三木安司から見た山本昌山本昌

    入団当初は自分と同世代、また年上の選手を指導するということもあって三木の指導に不満を持つ選手も少なくなかったという。三木のトレーニングに対してはじめて真剣に取り組んだ選手は山本昌であったと三木本人が語り、その山本の成功が「トレーニングコーチとしてやっていける」という手ごたえを感じたとも語っている。三木安司 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田祐哉

    鎌田祐哉から見た山本昌山本昌

    初安打・初打点:2001年9月26日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤドーム)、6回表に山本昌から左前適時打鎌田祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・オマリー

    ピーター・オマリーから見た山本昌山本昌

    球団経営から手を引いた後は目立った活動はなかったが、2011年にドジャースが経営悪化によりMLBコミッショナー機構により売却が発表された後、球団を買い戻す用意があることを表明した。2009年1月18日に名古屋で行われた山本昌の200勝記念パーティーに参加し、2014年7月18日には日本の野球殿堂入りを果たした野茂のプレゼンターとして西武ドームに来場した。ピーター・オマリー フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のスポーツ

    1965年のスポーツから見た山本昌山本昌

    8月11日 - 山本昌(神奈川県、野球)1965年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た山本昌山本昌

    実況:小澤昭博、解説:川藤幸三、赤星憲広、ゲスト解説:山本昌(中日ドラゴンズ)、リポーター:尾山憲一(阪神サイド)、宮脇靖知(HTV、広島サイド)、(ヒーローインタビュー)立田恭三、本野大輔(各地の途中経過情報)2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ポップアスリートカップ全国少年野球大会

    ポップアスリートカップ全国少年野球大会から見た山本昌山本昌

    第十回大会は名誉会長星野仙一、大会会長山本昌となっている。ポップアスリートカップ全国少年野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木明義

    佐々木明義から見た山本昌山本昌

    初安打:1996年9月21日、対中日ドラゴンズ24回戦(東京ドーム)、9回裏に阿波野秀幸の代打で出場、山本昌から佐々木明義 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和40年会

    昭和40年会から見た山本昌広山本昌

    1.のプロ野球選手・古田敦也や山本昌広が主宰する選手やコーチの親睦会「昭和40年会」は、チャリティや子ども向け野球教室を開催、プロ野球「昭和48年会」との試合などがテレビ放映されている。『ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会』(関西テレビ放送)を参照。昭和40年会 フレッシュアイペディアより)

  • 弓長起浩

    弓長起浩から見た山本昌山本昌

    2002年オフに戦力外通告を受け、自由契約となりそのまま現役引退。1軍登板全試合がリリーフによるものである。引退後、鳥取県でスポーツトレーナーとしての勉強を始めた様子が山陰の地方紙で伝えられ、イチロー、大塚晶則、山本昌なども通っている鳥取のスポーツジムに勤務していた。弓長起浩 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋タイムズ

    名古屋タイムズから見た山本昌山本昌

    最終面(裏1面) - 中日ドラゴンズを代表して、チーム一の読者を自認する山本昌投手のインタビュー(写真として自身の200勝を伝える記事が載った名タイを読む姿)1、元デスクと元ドラ番記者によるドラゴンズを取材しての思い出話。名古屋タイムズ フレッシュアイペディアより)

244件中 31 - 40件表示