188件中 31 - 40件表示
  • 1965年のスポーツ

    1965年のスポーツから見た山本昌山本昌

    8月11日 - 山本昌(神奈川県、野球)1965年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た山本昌山本昌

    (セ) ○山本昌(中)、吉井(ヤ)、桑田(巨)、山内(広)、佐々木(横)、S宣(中)?古田、谷繁1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た山本昌山本昌

    中日は山本昌、日本ハムは八木の先発。2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 弓長起浩

    弓長起浩から見た山本昌山本昌

    1軍登板全試合がリリーフによるものである。2002年オフに戦力外通告を受け、自由契約となりそのまま引退。引退後、鳥取県でスポーツトレーナーとしての勉強を始めた様子が山陰の地方紙で伝えられ、イチロー、大塚晶則、山本昌なども通っている鳥取のスポーツジムに勤務している。弓長起浩 フレッシュアイペディアより)

  • 永池恭男

    永池恭男から見た山本昌山本昌

    初安打:1993年8月25日、対中日ドラゴンズ22回戦(横浜スタジアム)、5回裏に森山良二の代打として出場、山本昌から永池恭男 フレッシュアイペディアより)

  • 大野倫

    大野倫から見た山本昌山本昌

    初安打:同上、2回裏に山本昌から右前安打大野倫 フレッシュアイペディアより)

  • 八重樫幸雄

    八重樫幸雄から見た山本昌山本昌

    背番号は生涯28番であり、24年間、同一球団の現役選手として背番号を最も長くつけた選手であった(現在は中日・山本昌が最長である)。コーチ就任後の77番も15年つけていて、元阪急・天保義夫の28年に次いで2番目に長い。八重樫幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山本保司

    山本保司から見た山本昌山本昌

    関東一高時代は「西の内之倉、東の山本」と言われる逸材であった。のドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。この中日入団により、以前より中日に在籍していた投手の山本昌広はスコアボードでの表示が「山本昌」となった(山本保司は「山本保」)。山本昌はこれ以降活躍するようになったことから、山本姓が一人になった1996年以降も登録名を「山本昌」としている。山本保司 フレッシュアイペディアより)

  • 金山勝巳

    金山勝巳から見た山本昌山本昌

    富岡高校から常磐炭礦を経て、1953年に東急フライヤーズへ入団。同年10月4日の毎日オリオンズ戦に先発。布施は当時20歳4か月、毎日の先発・若林忠志は45歳7か月であり、先発投手の最大年齢差(25歳3か月差)というプロ野球記録を作った(2012年5月6日に横浜DeNAの国吉佑樹(20歳7か月)と中日の山本昌(46歳8か月)が先発で投げ合い更新)。1年目から9勝を挙げ、その後東映の先発陣の一角として活躍する。金山勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • たかみね駆

    たかみね駆から見た山本昌山本昌

    中日ドラゴンズのダブルエースと呼ばれた山本昌・今中慎二を題材にした4コマ。後期は野口茂樹、岩瀬仁紀なども絡む。未単行本化。たかみね駆 フレッシュアイペディアより)

188件中 31 - 40件表示

「山本昌」のニューストピックワード