244件中 41 - 50件表示
  • 大塔正明

    大塔正明から見た山本昌山本昌

    当時のチームメイトである山本昌には、名鉄阿久比球場の所在地にちなんで「知多の大魔神」と呼ばれていた。またパソコンやラジコンを趣味としていたという。大塔正明 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉博幸

    渡邉博幸から見た山本昌山本昌

    日大藤沢高時代の同級生に山本昌の実弟山本秀明(後に日大藤沢高野球部監督)、大学時代の野球部同期生に山本と真中満がいた。渡邉博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 金山勝巳

    金山勝巳から見た山本昌山本昌

    富岡高校から常磐炭礦を経て、1953年に東急フライヤーズへ入団。同年10月4日の毎日オリオンズ戦に先発。布施は当時20歳4か月、毎日の先発・若林忠志は45歳7か月であり、先発投手の最大年齢差(25歳3か月差)という当時のNPB記録を作った(2012年5月6日に横浜DeNAの国吉佑樹(20歳7か月)と中日の山本昌(46歳8か月)が先発で投げ合い更新)。1年目から9勝を挙げ、その後東映の先発陣の一角として活躍する。金山勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • 生原昭宏

    生原昭宏から見た山本昌山本昌

    1992年に生原が亡くなった際に日本で行われた葬儀に参列した山本昌(中日)は棺の前で泣き崩れ、同じく野球留学で生原の世話になった長嶋一茂(ヤクルト、巨人)らに脇を抱えられなければ立ち上がれないほどだったという。山本は当時生原から「ストライクを投げろ」「上から投げろ」「カーブを磨くんだ」「低めに投げろ」「ボールは前でリリースしろ」「缶ビールは2本まで」と言われ、これを金言に32年間の現役生活を全うしている。生原昭宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高木時夫

    高木時夫から見た山本昌山本昌

    浦和高校時代はサッカーをやっていた事もあった。高校卒業後は日本大学へ進学し、東都大学リーグでは在学中3度の優勝を経験。宮田征典とバッテリーを組み、1959年秋季リーグの優勝に貢献。リーグ通算31試合出場、73打数20安打、打率.274、0本塁打、6打点、ベストナイン1回受賞。大学同期に会田豊彦・黒木基康(大洋)・笹木士朗(日本鋼管)らがいた。大学卒業後は富士製鐵釜石に入社し、1961年に常磐炭砿の補強選手として都市対抗に出場。同年のシーズン途中に中日ドラゴンズへ入団。1964年には小川敏明とレギュラーを争い、83試合に出場。その後は新宅洋志と共に木俣達彦の控え捕手として活躍。1968年には1年だけ二軍コーチを兼任し、1969年からは選手専任に戻る。1969年5月5日の広島戦(福井)では星野仙一とバッテリーを組み、初勝利をアシスト。1972年からは一軍コーチを兼任し、一軍出場の無かった1974年に引退。その後は中日の一軍バッテリーコーチ(1975年 - 1977年, 1979年 - 1980年)・二軍バッテリーコーチ(1978年)・スカウト(1981年 - 1991年)を務め、スカウト時代には当時無名だった山本昌を獲得。1992年からは母校・日大の先輩である田宮謙次郎の招聘で阪神タイガースに移籍し、編成部スカウト(中部地区担当)を務めた。阪神では舩木聖士・安藤優也・上坂太一郎を獲得し、定年後も2001年まで務めた。星野が監督に就任した2002年からは嘱託で球団広報(課長待遇)を務め、2003年限りで退団。高木時夫 フレッシュアイペディアより)

  • 清水義之 (野球)

    清水義之 (野球)から見た山本昌山本昌

    初打点:1989年8月8日、対中日ドラゴンズ17回戦(ナゴヤ球場)、6回表に山本昌広から清水義之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 「ジョージア魂」賞

    「ジョージア魂」賞から見た山本昌山本昌

    2014年:山本昌(中日ドラゴンズ 9月5日対阪神戦 64年ぶりに更新した49歳での最年長勝利)      稲葉篤紀(北海道日本ハムファイターズ 9月30日西武戦 引退宣言後に放った代打逆転本塁打)「ジョージア魂」賞 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ホルト

    クリス・ホルトから見た山本昌山本昌

    初打点:2003年5月5日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤドーム)、2回表に山本昌から左前適時打クリス・ホルト フレッシュアイペディアより)

  • 1950年の阪急ブレーブス

    1950年の阪急ブレーブスから見た山本昌山本昌

    11月5日 - 毎日オリオンズ戦で、浜崎真二監督兼投手(当時48歳10ヶ月)と毎日の湯浅禎夫監督兼投手(当時48歳1ヶ月)が先発出場。この「48歳10ヶ月で登板」と、先述の「48歳4ヶ月で勝利投手」は、共に2014年9月5日に中日ドラゴンズの山本昌投手(当時49歳0ヶ月)に抜かれるまで日本記録となる。1950年の阪急ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • 藤王康晴

    藤王康晴から見た山本昌山本昌

    1984年には高卒ルーキーながら夏に一軍昇格を果たし、代打起用中心で優勝を争う試合で活躍した。1986年には三塁手として18試合に先発出場。しかし打率低迷もあってレギュラー争いに加われず、1988年には同期入団の山本昌らと共に業務提携していたロサンゼルス・ドジャース傘下のマイナーに留学。1989年は日本に復帰し、5月18日の対巨人戦で9回表に代打で登場、足下にボールが投げられてストッキングを脱いで死球をアピールする姿が全国放送に中継された(スローVTRでは当たっていなかった)。1990年に小松崎善久と共に、田中幸雄・早川和夫と交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。藤王康晴 フレッシュアイペディアより)

244件中 41 - 50件表示