188件中 61 - 70件表示
  • 星野伸之

    星野伸之から見た山本昌山本昌

    少年時代からプロ入りを目指していたが、180cm台の身長に対して体重65kgが精一杯という華奢な体格にプロの水準には遠く及ばない球速からプロ入りは無理と酷評されていた。しかし、それをバネにして力任せや球威偏重ではない独自のスタイルを洗練することでプロ入りを果たし、球界を代表する投手の一人にまで上り詰めた。星野と同学年で同じく「球の遅い一流投手」に山本昌・香田勲男・小宮山悟などがいる。星野伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 小田島卓生

    小田島卓生から見た山本昌山本昌

    山本昌の200勝達成をCS放送にて実況した。小田島卓生 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ハウエル

    ジャック・ハウエルから見た山本昌山本昌

    100本塁打:1995年7月23日、対中日ドラゴンズ17回戦(ナゴヤ球場)、6回表に山本昌広から逆転決勝3ラン ※史上182人目ジャック・ハウエル フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見た山本昌山本昌

    一方、番組内で真面目な指摘を行うこともあった。解説者時代に中日の山本昌の牽制の際に癖があることを指摘し、横浜のコーチに就任することが決まっていた高木豊に「それを言っちゃダメですよ」と言われたこともある。また、大洋ホエールズ時代の「達川無視作戦」を暴露したのも高木である(理由は達川に喋らせると頭の回転上がりリードが冴えるから)。広島市民球場が老朽化が進み、とり壊される件についても高木は「(市民球場は)汚い」というと達川は「おい、汚いとか言うな……裏方のオバチャンも必死に掃除しとるんやぞ……古びれたとか、もっと言葉を選べ」と言っていた。しかし、高木とは「豊」と下の名前で呼ぶほど仲が良い。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤伸一

    加藤伸一から見た山本昌山本昌

    いわゆる昭和40年生まれの選手で構成された「40年会」一員(同会の会員は古田敦也、山本昌、佐々木誠、八木裕、水野雄仁、吉井理人、池山隆寛、香田勲男、紀藤真琴、村上隆行、長嶋一茂ら)。加藤伸一 フレッシュアイペディアより)

  • 杉下茂

    杉下茂から見た山本昌山本昌

    1958年に一度引退。中日時代に挙げた211勝は、2012年に山本昌に抜かれるまでは長らく球団記録であった。1959年から1960年は監督。名目上は選手兼任だったが、監督業に専念するため引退した。杉下茂 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市民球場

    米子市民球場から見た山本昌山本昌

    2006年(平成18年)4月22日には広島東洋カープ対中日ドラゴンズの試合が行われ、1戦目は広島・黒田博樹、中日・ルイス・マルティネスが先発。2戦目が広島・佐々岡真司、中日・山本昌のベテラン同士が先発した。1戦目の12回表の守備で、ブラウン監督は1死満塁となった際、中堅手福井に二遊間を守らせ、事実上内野手を5人として打球に備えさせた。次打者井端は三ゴロで2死となったが、二塁手東出を中堅手として内野を4人に戻した直後、福留への広池の投球を捕手の倉が捕逸し勝ち越し点を奪われ、その後も失点を重ねた広島は、奮闘むなしくこの試合に敗れた。2戦目は雨上がりでややぬかるんだグラウンド・コンディションで行われたが、ミスを連発した中日・タイロン・ウッズが、「ケンタッキーダービーで馬が走るようなグラウンドだった。プロがやるべき場所ではない」と苦言を呈した。試合は広島が佐々岡真司の好投で快勝した。米子市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 黒羽根利規

    黒羽根利規から見た山本昌山本昌

    日大藤沢高校時代の監督・山本秀明は日藤OBでもある中日ドラゴンズの山本昌投手の実弟である。1年目のオフに山本昌、ヤクルトスワローズの館山昌平と3人で母校で自主トレも行った。黒羽根利規 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た山本昌山本昌

    、背番号3を石井浩郎に譲り33に変更。二軍でチームトップの打率.285、13本塁打を打ち、シーズン後半に若手起用の方針から一軍で積極的に起用された。9月7日に川尻哲郎からプロ入り初本塁打を打つと、その後1か月半で桑田真澄、山本昌、岩瀬仁紀などエース級投手から次々と本塁打を放ち、最終的に9本塁打を記録。打率も.320を記録した。また黒江透修監督代行によって9月後半から13試合で4番として起用された。シーズンオフに開催された第15回IBAFインターコンチネンタルカップでは日本代表に選出され、4本塁打を放ち、本塁打王とベストナインとなった。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 町田公二郎

    町田公二郎から見た山本昌山本昌

    は故障の影響で出場機会は限られたものの、代打で同点タイムリーを放つなど好機では持ち前の勝負強さを発揮し、球団の2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。は天王山の対中日ドラゴンズ戦で小笠原孝から阪神移籍後第1号本塁打を放ち、その後の対中日戦でも山本昌から均衡を破るセンター前ヒットを放つなど首位争いを繰り広げるチームの中で活躍を見せた。しかしスタメンを固定するチームの事情のため、代打としての出場機会は減少し、シーズン終盤に片岡篤史とともに戦力外通告を受けた。一時は現役続行も検討したものの、持病の首痛が悪化していたこともあり引退を表明。より阪神の二軍打撃コーチに就任することが発表された。引退会見の際、打撃コーチの就任について、「好かれるコーチはいらないはず。ましてファームでは。一軍に行くための大事な時期ですから、厳しさのあるコーチの方がいい。好かれないコーチ、将来一緒にいて良かったと思えるようなコーチをめざします」と語った。町田公二郎 フレッシュアイペディアより)

188件中 61 - 70件表示

「山本昌」のニューストピックワード