244件中 61 - 70件表示
  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た山本昌広山本昌

    中日の山本昌広が名古屋ドームでの対横浜12回戦に先発し三回二死まで投げて、プロ通算2500投球回を達成。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の野球

    1993年の野球から見た山本昌山本昌

    10月1日 - 中日は山本昌と今中慎二がともに15勝で、日本プロ野球史上34年ぶり、セ・リーグでは初の1球団から左腕投手15勝が2人。1993年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • かにタク言ったもん勝ち

    かにタク言ったもん勝ちから見た山本昌山本昌

    当時中日ドラゴンズの投手だった山本昌(山本昌広)は昔から番組を聴いており、鞄に魔除けを入れて持ち歩くほどという。以前にも相羽としえ(元・東海ラジオアナウンサー)を通じて魔除けを渡していたこともあったが、2008年12月12日に名古屋市内のホテルで行われた「ガッツナイター感謝の夕べ」に番組スタッフが直接出かけ、出席していた本人に当時の魔除けシリーズであったルネッサンスバージョンを渡したほか、ハト時計の録音を行った。かにタク言ったもん勝ち フレッシュアイペディアより)

  • 山本保司

    山本保司から見た山本昌山本昌

    関東一高時代は「西の内之倉、東の山本」と言われる逸材であった。1990年度ドラフト会議で中日ドラゴンズから3巡目指名を受けて入団。この中日入団により、以前より中日に在籍していた投手の山本昌広はスコアボードでの表示が「山本昌」となった(山本保司は「山本保」)。山本昌はこれ以降活躍するようになったことから、山本姓が一人になった1996年以降も登録名を「山本昌」としている。山本保司 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た山本昌山本昌

    2006年、名古屋の「アーレックス(AREX)」という建築会社のラジオCMに中日の同僚山本昌とともに出演した。山本昌がアレックスの名前とアーレックスを混同するというコミカルなもので、東海ラジオでの野球中継の時間を中心に放送され、アレックスは「ボクはアレックス(ALEX)。これはアーレックスだよ」というフレーズを披露した。また、2007年は同CMに山本と福留・岩瀬が登場。福留・岩瀬がアレックスのモノマネを披露している。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ハウエル

    ジャック・ハウエルから見た山本昌山本昌

    100本塁打:1995年7月23日、対中日ドラゴンズ17回戦(ナゴヤ球場)、6回表に山本昌広から逆転決勝3ラン ※史上182人目ジャック・ハウエル フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の中日ドラゴンズ

    2013年の中日ドラゴンズから見た山本昌山本昌

    6月23日 - 山本昌が対巨人戦で日本プロ野球史上3人目の先発通算500試合登板。試合は9対5で中日が勝利し、山本は史上最年長の対巨人戦勝利投手となった2013年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・ハンセン

    デーブ・ハンセンから見た山本昌山本昌

    のMLBドラフト2巡目(全体47位)で地元ロサンゼルス・ドジャースから指名され、プロ入り。マイナー時代、野球留学で渡米していた山本昌とチームメイトだった時期もある。デーブ・ハンセン フレッシュアイペディアより)

  • 1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た山本昌山本昌

    このドラフトで中日ドラゴンズから5位で指名されて入団した山本昌は2015年まで中日一筋で現役を続け日本プロ野球史上初めて50歳で登板(引退試合)を記録するなど数々の最年長記録を作った。1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 引退試合

    引退試合から見た山本昌山本昌

    2013年シーズン限りで引退した山崎武司は、中日と1日限りの支配下選手契約を結び2014年3月21日の中日対楽天のオープン戦にスターティングメンバーで臨んだ。日本プロ野球で引退試合のために選手契約を結ぶのは山崎が初めてである。なお、後に同じく中日の山本昌も一日限定で支配下選手契約を結び、「打者1人限定」という条件の下に2016年3月5日の中日対ヤクルトのオープン戦に先発している。引退試合 フレッシュアイペディアより)

244件中 61 - 70件表示