188件中 71 - 80件表示
  • 池山隆寛

    池山隆寛から見た山本昌山本昌

    250本塁打:1997年5月5日、対中日ドラゴンズ6回戦(明治神宮野球場)、6回裏に山本昌から3ラン ※史上37人目池山隆寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た山本昌山本昌

    4月3日の広島市民球場での中日ドラゴンズとの開幕戦で、史上最年長となる42歳での開幕投手を務めた。同年4月12日に通算146勝目を記録。これにより記録した21年連続勝利はに山本昌に更新されるまではセ・リーグ記録であった。だが、持病となっていた血行障害が悪化し、8月4日の巨人戦において高橋由伸に逆転3ランを打たれたことをきっかけに引退を決意した。9月27日の自身の引退試合(相手球団は同年の日本シリーズを制覇する横浜ベイスターズ)は、既に消化試合であったにもかかわらず球場は満員であった。登板は中根仁に対するリリーフだけであったが、初球のストレートは146km/hを記録し、最後は142km/hのストレートで空振り三振に切って取った。中根は、引退試合の礼儀から対戦前から三振することを決めていた。しかし、初球の146km/hのストレートを見て「これは本気でぶつからないと失礼だ」と感じ、全力で向かい三振に終わった。試合後の挨拶では、大野の人徳からか対戦した横浜の選手までもがセレモニーに参加しその中で「我が選んだ道に、悔いはなし!」と答え、ファンの大歓声を受けた。広島の選手やファン以外に、対戦相手である横浜の選手・ファンも涙していた。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た山本昌山本昌

    初本塁打:2010年9月25日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、5回裏に山本昌から右越2ラン松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 清春

    清春から見た山本昌山本昌

    野球に対する思い入れが少なからずある。小学校時代はリトルリーグでファーストを守っていた。また、年に数回、地元の多治見球場で中日ドラゴンズが主催試合を行う際には観戦に行っていた。一家は、特に父親が根っからのドラゴンズファン。曰く、「今は堂上兄弟が在籍しているけど、僕にとってはその父親がプレーしていた頃の印象が強い。山本昌や立浪も、僕から見ればまだルーキー」。中学入学後は音楽に目覚めたため、野球への関心は一時薄れたが、成人後、黒夢時代には「BLACK DREAMS」という草野球チームを結成している。清春 フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見た山本昌山本昌

    スコアボードには基本的に名字のみが表示されるが、同じチームに同姓の選手がいれば下の名前の一文字目が付加される。同姓の選手がいなくなれば下の名前が無くなることになるが、希望すれば表記だけを残すことも可能でよく使用される(例:石井琢朗→石井琢)。ただしこの場合報道では名字のみとなることが多いため、登録名を名字と下の名前の一文字目を組み合わせた姓名の区切りがないものに変える選手もいる(例:山本昌広→山本昌)。既に有名となった選手と同姓の選手が入団した場合には、新入団した選手のみに名がつけられることもある(松坂大輔→松坂、松坂健太→松坂健)。同姓の選手が兄弟の場合は兄・弟で区別されたケースもある(例:仁村薫→仁村兄、仁村徹→仁村弟)。同姓が多い韓国人選手の場合はフルネームで表示されることが多い。また名前のコールもある程度の選択が許されている(例:清水直行→しみずなお)。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た山本昌山本昌

    アーレックス - 東海ラジオ放送限定CM。2007年度。アレックス・オチョアの代わりに、山本昌・福留孝介とともに出演。CMでは福留とともにアレックスのものまねをしていた。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た山本昌山本昌

    4日 - 【NPB】中日・山本昌投手が、対巨人23回戦(ナゴヤドーム)にて、最年長完封のプロ野球記録を更新。これまでの記録は1950年に若林忠志(当時毎日オリオンズ)が42歳で記録し、山本昌はそれを2年4ヶ月更新する45歳での達成。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村功

    吉村功から見た山本昌山本昌

    2006年9月には、中日の山本昌投手がナゴヤドームでの阪神戦でノーヒットノーランを達成した試合をJ SPORTSで実況した。吉村功 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た山本昌山本昌

    初安打:1990年4月18日、対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤ球場)、3回表に山本昌から佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 義則

    佐藤義則から見た山本昌山本昌

    山本昌から、山本の目指す200勝へ向けて長く現役を続ける秘訣を聞かれた際、何よりもまず下半身強化が重要であると答えている。2006年9月16日に山本がノーヒットノーランを41歳1か月で達成し、佐藤の持っていた最年長記録を破った時、佐藤は北海道日本ハム球団のウェブサイト上でこのエピソードを紹介するとともに、山本に祝福のコメントを寄せた。佐藤義則 フレッシュアイペディアより)

188件中 71 - 80件表示

「山本昌」のニューストピックワード