188件中 81 - 90件表示
  • 浜崎真二

    浜崎真二から見た山本昌山本昌

    2000年代以降、工藤公康や山本昌など高齢ながら現役を続ける投手が増えたため、浜崎の名前もスポーツ紙などでよく取り上げられる。浜崎真二 フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤悠葵

    齊藤悠葵から見た山本昌山本昌

    プロ入り前から憧れている投手は山本昌。学生時代からずっとビデオでフォームなどの研究をしている。2008年の秋季キャンプからは、山本昌が投げるようなカーブ取得を目指している。。齊藤悠葵 フレッシュアイペディアより)

  • 比屋根渉

    比屋根渉から見た山本昌山本昌

    初打席:同上、1回表に山本昌の前に投ゴロ比屋根渉 フレッシュアイペディアより)

  • 高島祥平

    高島祥平から見た山本昌山本昌

    二軍スタートだったが練習試合で好投し、春季キャンプ終盤に山本昌、平井正史とともに一軍に合流した。そして、2月28日の東京ヤクルトスワローズとのオープン戦での平田洋以来15年ぶりである高校生新人投手の登板を果たす。しかし、上田剛史に2ランを打たれるなど1イニング4安打1四球3失点であった。高島祥平 フレッシュアイペディアより)

  • 陳偉殷

    陳偉殷から見た山本昌山本昌

    には骨折が完治し、再び支配下選手として契約。登録名を本名から「チェン」に変更した。4月2日の対読売ジャイアンツ戦で山本昌が負傷降板した後の急な登板であったものの来日初勝利。ヒーローインタビューでは「(一番に)大豊さんに伝えたい」と答えた。その後はチーム事情から中継ぎでの登板が多かったが、7月16日の対巨人戦で先発での初勝利を挙げている。なお、北京オリンピックの台湾代表として日本国内球団所属選手から唯一代表に選出された。9月22日の対東京ヤクルトスワローズ戦で4安打に抑え、プロ初の完投・完封を記録。陳偉殷 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た山本昌山本昌

    定岡は自分の仲間を集めてサダーズを結成し西本と対戦、西本チームには彼を師匠と慕う、桑田真澄、山本昌広、中村武志、立浪和義、平井正史といった彼が所属した球団にいた選手たちが集まった。試合には当時の監督の長嶋茂雄も始球式のために駆けつけたが、最終回に急遽代打として登場。引退試合最後のバッターボックスに立ったが、1975年の入団時と1994年の復帰時のいずれも監督を務めていた長嶋を打ち取り、20年にわたるプロ生活を終えた。引退試合に参加した選手は、西本の影響があるかどうかは不明であるが、その後も長く現役で活躍を続けている選手が多い。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 武田勝

    武田勝から見た山本昌山本昌

    初安打:2007年5月27日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、3回表に山本昌から右前安打武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 朝井秀樹

    朝井秀樹から見た山本昌山本昌

    初安打・初打点:2006年5月12日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、4回表に山本昌から中前適時打朝井秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田浩一

    柳田浩一から見た山本昌広山本昌

    初打点:1990年4月10日、対中日ドラゴンズ1回戦(明治神宮野球場)、3回裏に山本昌から柳田浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た山本昌山本昌

    、春季キャンプで山本昌と同部屋になる。落合監督の指示もあり、本格的に捕手から内野手へ転向。この年も一軍出場はなかった。前年に同じく一軍出場のなかった堂上直倫、清水昭信、岩崎達郎がこの年に一軍出場を果たしたため、この時点で2007年入団選手の中で唯一の一軍経験のない選手となった。しかし、二軍では4番打者としてのスタメン出場もあり、フェニックスリーグでは石井一久から本塁打を放ち注目を浴びる。福田永将 フレッシュアイペディアより)

188件中 81 - 90件表示

「山本昌」のニューストピックワード