203件中 111 - 120件表示
  • 山本昌

    山本昌から見た阪神甲子園球場

    初セーブ:1989年4月16日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に4番手で救援登板・完了、1回無失点山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たNHKエンタープライズ

    『プロフェッショナル 仕事の流儀:プロ野球投手・山本昌 球界のレジェンド 覚悟のマウンドへ』(DVD、NHKエンタープライズ、2015年3月、品番:NSDS-20571)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たNippon News Network

    さらに、2016年1月29日からは、『NEWS ZERO』(日本テレビ制作・NNN全国ネット番組)のスポーツコメンテーターを務めている。山本は、引退後初めてのレギュラー番組を同番組に決めたことについて、「昨年(2015年)のクライマックスシリーズや日本シリーズ期間中にゲスト解説者として出演した際に、番組スタッフによる情熱や協力体制に素晴らしさを感じた。『来年(2016年)もここでやりたい』と思ったので、自分で出演を申し入れた」と語っている。また、『スポーツサンデー』(テレビ朝日)などの番組にも、ゲストで随時出演している。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たBS-TBS

    直球の球速は遅いが軟投派ではなく、BS-i(現:BS-TBS)『超・人』において、「僕は速球派です」と語っている。同番組によると2006年度の全投球のうちストレートが45%を占めており、松坂大輔の46%とほぼ同じであった(同番組で技巧派の代表として比較されていた下柳剛はストレートが8%)。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たニッポン放送

    2016年からは、日本テレビ・ニッポン放送・東海テレビ・東海ラジオの野球解説者や、中日新聞の野球評論家として活動。また、「日本経済新聞」でコラムの連載を開始した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たユーキャン

    ユーキャン新語・流行語大賞 トップテン(2014年、「レジェンド」、葛西紀明・青木功と共同で受賞)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たアーレックス

    アーレックス(2006年は同僚のアレックス・オチョア選手、2007年は同じく同僚の福留孝介選手、岩瀬仁紀選手とともに、同社のラジオCMに出演していた。2012年度は和田一浩選手、浅尾拓也選手と出演)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たランボルギーニ・ミウラ

    山?と同じく国内外問わず多数の高級車を所有している。2012年現在、外車だけでもランボルギーニ・ミウラP400SV、フェラーリ・F512M、メルセデス・ベンツ、BMW・7シリーズの4台を保有していた。現在の愛車は前述のランボルギーニ・ミウラP400SVとポルシェ・ボクスター、BMW・7シリーズを所有している。、中でもランボルギーニ・ミウラは1971年生産の車体で41年が経過した時点でも走行可能と、極めて良好なコンディションである。これは「車に見合う、恥ずかしくない選手になれるように」との本人の思いもある。車の収集のきっかけは結婚してから妻が車を必要に思って日産シルビアを購入したところから始まり、金のない二軍時代は必死に外車雑誌を読み漁った。1993年オフには念願かなってフェラーリを購入したが、この時山本は免許すら持っていなかった山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たBMW・7シリーズ

    山?と同じく国内外問わず多数の高級車を所有している。2012年現在、外車だけでもランボルギーニ・ミウラP400SV、フェラーリ・F512M、メルセデス・ベンツ、BMW・7シリーズの4台を保有していた。現在の愛車は前述のランボルギーニ・ミウラP400SVとポルシェ・ボクスター、BMW・7シリーズを所有している。、中でもランボルギーニ・ミウラは1971年生産の車体で41年が経過した時点でも走行可能と、極めて良好なコンディションである。これは「車に見合う、恥ずかしくない選手になれるように」との本人の思いもある。車の収集のきっかけは結婚してから妻が車を必要に思って日産シルビアを購入したところから始まり、金のない二軍時代は必死に外車雑誌を読み漁った。1993年オフには念願かなってフェラーリを購入したが、この時山本は免許すら持っていなかった山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た横浜DeNAベイスターズ

    、初の開幕投手を任され、開幕戦の対横浜ベイスターズでは8回2/3を自責点2で勝利(ナゴヤドーム初の公式戦で、同球場で初めて勝利を記録)。チームは最下位だったものの抑えの宣銅烈とともに奮闘し18勝を挙げ、3年ぶり3度目の最多勝と初の最多奪三振を獲得。同年オフ2年契約、「2年間で合計20勝出来なかった場合は2000年度の年俸はダウン」の条項を組み込んだ契約を結ぶ。山本昌 フレッシュアイペディアより)

203件中 111 - 120件表示