153件中 21 - 30件表示
  • 山本昌

    山本昌から見た王貞治

    1984年の入団時より背番号34である。同一背番号を着用した選手としては、プロ野球史上最長である。なお、コーチ・監督時代を含む同一背番号の着用に関しては王貞治が読売時代につけていた背番号1の30年間(1959-1988)が現在の最長記録であるが、2013年シーズンも中日に在籍し背番号34を付けることになれば王の記録に並び、さらに2014年シーズンも同様の条件で着用すれば、王の記録を抜きコーチ・監督時代を問わず単独で最長記録を更新することになる。同年20番に変更した小松辰雄が着けていた背番号を与えられたが、単に空番号をドラフト指名順に当てはめただけである(1位藤王康晴:背番号1、2位仁村徹:背番号24、3位三浦将明:背番号26)。その後活躍が認められ、球団からかつて松本幸行が着けていた中日左のエースナンバーとされている21への変更を打診されるが、「この番号が自分のプロ生活のすべてを知っているから変えたくない」と拒否した。今でもユニフォームに袖を通すときは、必ずユニフォームの背面に感謝しながら着る。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た金本知憲金本 知憲

    4月22日の広島戦では、打者として一塁ゴロによる1打点を挙げ、打点のセ・リーグ最年長記録を46歳7ヵ月で更新した(従来の記録は金本知憲の44歳0ヶ月)。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た下柳剛

    直球の球速は遅いが軟投派ではなく、テレビ番組『超・人』(BS-i)において「僕は速球派です」と語っている。同番組によると2006年度の全投球のうちストレートが45%を占めており、松坂大輔の46%とほぼ同じであった(同番組で技巧派の代表として比較されていた下柳剛はストレートが8%)。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た福留孝介

    アーレックス(2006年は同僚のアレックス・オチョア選手、2007年は同じく同僚の福留孝介選手、岩瀬仁紀選手とともに、同社のラジオCMに出演していた。2012年度は和田一浩選手、浅尾拓也選手と出演)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た和田一浩

    アーレックス(2006年は同僚のアレックス・オチョア選手、2007年は同じく同僚の福留孝介選手、岩瀬仁紀選手とともに、同社のラジオCMに出演していた。2012年度は和田一浩選手、浅尾拓也選手と出演)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た山崎武司

    ラジコン好きが高じて、親交のあるラジコンメーカー「ミワホビー」とシャーシモデル「YM34」を共同開発し、一般向けに販売したほか、同僚の山崎武司とともに「山山杯」と銘打った競技大会を開催した。毎年盛況を博した山山杯であったが、2006年のオフシーズンに「いや、申し訳ないんだけど、もう10年も続けたでしょう。だから今年はひと区切りということでね」と休止した。末期の山山杯は、開催4日前から主に日本の参加メーカーと専属レーサーのセッティング等準備が入る、世界チャンピオンがタイから参戦する等、最早ラジコン界におけるトッププロによる世界大会に近い大会になっていた。2009年の「200勝記念レース」にもラジコン世界チャンピオン経験者の広坂正美らが参加している。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た宮本慎也

    1500奪三振:2001年8月17日、対ヤクルトスワローズ19回戦(ナゴヤドーム)、5回表に宮本慎也から ※史上44人目山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た野村克也

    は高木守道新監督が山本昌を復活させると明言し、自主トレ中に高木から開幕投手を告げられる。実際は吉見一起でほぼ確定していたが、山本の復活を奮起するためのものだった。この言葉で山本はハイペースで調整をするようになり、オープン戦で好投した。3月2日のオープン戦(対広島)で2回を投げ終えて降板すると高木は握手で迎え、「昌、(開幕)3戦目な」と告げられた。開幕ローテーションに入っていることがモチベーションになったという。4月1日の開幕3戦目の広島戦で先発。満員のナゴヤドームで5回を3安打に抑えた。野村克也に並ぶ歴代2位タイの実働26年となる(同1位は工藤の29年)。また、46歳7ヵ月の登板で、セ・リーグ最年長登板記録を達成。4月15日の対阪神戦でのシーズン初勝利は自身通算211勝目となり、この勝利で杉下の持つ中日球団の投手通算勝利記録に並び、同時に工藤の持っていたセ・リーグ最年長勝利記録・プロ野球史上最年長先発勝利記録を更新した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た岩瀬仁紀

    アーレックス(2006年は同僚のアレックス・オチョア選手、2007年は同じく同僚の福留孝介選手、岩瀬仁紀選手とともに、同社のラジオCMに出演していた。2012年度は和田一浩選手、浅尾拓也選手と出演)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た吉見一起

    は高木守道新監督が山本昌を復活させると明言し、自主トレ中に高木から開幕投手を告げられる。実際は吉見一起でほぼ確定していたが、山本の復活を奮起するためのものだった。この言葉で山本はハイペースで調整をするようになり、オープン戦で好投した。3月2日のオープン戦(対広島)で2回を投げ終えて降板すると高木は握手で迎え、「昌、(開幕)3戦目な」と告げられた。開幕ローテーションに入っていることがモチベーションになったという。4月1日の開幕3戦目の広島戦で先発。満員のナゴヤドームで5回を3安打に抑えた。野村克也に並ぶ歴代2位タイの実働26年となる(同1位は工藤の29年)。また、46歳7ヵ月の登板で、セ・リーグ最年長登板記録を達成。4月15日の対阪神戦でのシーズン初勝利は自身通算211勝目となり、この勝利で杉下の持つ中日球団の投手通算勝利記録に並び、同時に工藤の持っていたセ・リーグ最年長勝利記録・プロ野球史上最年長先発勝利記録を更新した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「山本昌」のニューストピックワード