203件中 61 - 70件表示
  • 山本昌

    山本昌から見た北海道日本ハムファイターズ

    、4月17日の対阪神戦で完封勝利を挙げ、200勝へ残り8勝と迫る。41歳8か月での完封勝利はセ・リーグ最年長記録。両リーグ通算でも若林忠志に次ぐ2位であった。この完封は、チームでは1人で達成したものとしてはこの年唯一のものでもあった。5月13日の対巨人戦でシーズン2勝目を挙げたが、これがこの年最後の勝利だった。5月27日の対北海道日本ハムファイターズ戦では史上80人目の500試合登板を達成したものの結果を残せず、一軍登録と抹消を繰り返す。9月25日の対巨人戦では自身のエラーも絡み5失点でKO、二軍落ち、そのままシーズンを終える(2勝10敗・防御率5.07)こととなる。日本ハムとの日本シリーズではチームが53年ぶりの日本一となったものの、自身の登板機会はなかった。本人いわく、このシーズンはどこにも故障が無いので成績的にも言い訳ができず、普通なら球団から年齢を理由に引退を勧められてもおかしくない状況であったが、200勝という目標に球団が理解を示してくれたため現役続投が許されたと後に回顧している。同時に、2008年も未勝利であれば引退しようと心に決めていた。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たメルセデス・ベンツ

    山?と同じく国内外問わず多数の高級車を所有している。2012年現在、外車だけでもランボルギーニ・ミウラP400SV、フェラーリ・F512M、メルセデス・ベンツ、BMW・7シリーズの4台を保有していた。現在の愛車は前述のランボルギーニ・ミウラP400SVとポルシェ・ボクスター、BMW・7シリーズを所有している。、中でもランボルギーニ・ミウラは1971年生産の車体で41年が経過した時点でも走行可能と、極めて良好なコンディションである。これは「車に見合う、恥ずかしくない選手になれるように」との本人の思いもある。車の収集のきっかけは結婚してから妻が車を必要に思って日産シルビアを購入したところから始まり、金のない二軍時代は必死に外車雑誌を読み漁った。1993年オフには念願かなってフェラーリを購入したが、この時山本は免許すら持っていなかった山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た藤井美菜藤井 美菜

    名古屋市長選挙 藤井美菜と共演(2009年)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見たナゴヤドーム

    、初の開幕投手を任され、開幕戦の対横浜ベイスターズでは8回2/3を自責点2で勝利(ナゴヤドーム初の公式戦で、同球場で初めて勝利を記録)。チームは最下位だったものの抑えの宣銅烈とともに奮闘し18勝を挙げ、3年ぶり3度目の最多勝と初の最多奪三振を獲得。同年オフ2年契約、「2年間で合計20勝出来なかった場合は2000年度の年俸はダウン」の条項を組み込んだ契約を結ぶ。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た東海ラジオ放送

    2016年からは、日本テレビ・ニッポン放送・東海テレビ・東海ラジオの野球解説者や、中日新聞の野球評論家として活動。また、「日本経済新聞」でコラムの連載を開始した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た東海テレビ放送

    2016年からは、日本テレビ・ニッポン放送・東海テレビ・東海ラジオの野球解説者や、中日新聞の野球評論家として活動。また、「日本経済新聞」でコラムの連載を開始した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た今中慎二今中 慎二

    は前年の雪辱をバネに初のシーズン10勝を挙げた。この年同じ左腕の今中慎二も10勝を挙げ、90年代共に左の二枚看板・Wエースとして中日投手陣を支えた。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た松本哲也 (野球)

    通算153犠打は日本プロ野球の投手史上最多。2007年にはセントラル・リーグ公式サイトで「隠れた犠打王」として紹介されている。中学時代の野球部監督角田明との対談で山本は「バント職人と呼ばれた川相昌弘さんにもお前バントうまいって誉められたんですから」、角田も「星野仙一さんもテレビでの解説でお前のバントを褒めていたよ」と述べていた。しかし本塁打に関しては初打席から1209打席本塁打はなく、2014年当時で初打席からの連続打席無本塁打記録は現役では岡田幸文、松本哲也に次ぐ3位だった。自身、本塁打を熱望していたが果たせずに終わり、NPBで200勝以上を記録した投手の中で、無本塁打に終わった初の選手となった。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た松本幸行

    1984年の入団時より背番号34である。34番は日本球界において左投手の代名詞の一つであり、また同年20番に変更した小松辰雄が着けていた背番号でもあったが、単に空番号をドラフト指名順に当てはめただけである(1位藤王康晴:背番号1、2位仁村徹:背番号24、3位三浦将明:背番号26)。その後活躍が認められ、球団からかつて松本幸行が着けていた中日左のエースナンバーとされている21への変更を打診されるが、「この番号が自分のプロ生活の全てを知っているから変えたくない」と拒否した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た金城龍彦

    2000投球回:2000年9月5日、対横浜ベイスターズ21回戦(ナゴヤドーム)、1回表2死目に金城龍彦を遊撃ゴロで達成 ※史上79人目山本昌 フレッシュアイペディアより)

203件中 61 - 70件表示