前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示
  • 北島 三郎

    北島三郎から見た山本譲二山本 譲二

    2006年10月、満70歳を迎えたことを祝うパーティーの席上で、ファミリーの「長男」という位置づけであった山本譲二を2007年に“暖簾分け”の形で独立させることと、音楽事務所の社長を夫人の雅子から長男の龍に交代させることを発表し、周囲を驚かせた。なお、北島は「今後も山本を支援し続けることに変わりはない」と明言。北島三郎 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見た山本譲二山本 譲二

    1981年11月19日、山本譲二の「みちのくひとり旅」が5週連続6位という珍事に、「1位記録よりも難しいでしょう」と本人も苦笑い。ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た山本譲二山本 譲二

    「元祖どっきりカメラ」のパロディ企画。にしきのあきら(現・錦野旦)が毎回のようにドッキリのターゲットにされていたが、一回だけ、木梨とCDを出していたジョージ山本がターゲットのときもあった。木梨が仕掛人軍団のリーダー「ノリ圭介」(後期は「木梨野呂武」。元祖の野呂圭介のパロディ)となり、オープニングでの作戦説明や作戦中の仕掛人への指示を行い、作戦終了後には元祖を真似た「生ダラドッキリカメラ NTV」と書かれたプラカードを提示する役を務めていた。毎回いくつかの小ネタドッキリを行った後に大掛かりなドッキリを実行するが、大ネタのコンセプトは必ず落とし穴であった。元祖と同じく、決定的シーンでは別角度から撮った映像や「マンボNo.5」のリズムに合わせて早送り・逆回転する映像などが何度もリピートして流れた。にしきののリアクションが好評であり、彼が生ダラ準レギュラーとなるきっかけとなった企画である。しかし、にしきの自身は「このドッキリは消したい過去である」と他番組出演時に語っていた。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 木梨憲武

    木梨憲武から見た山本譲二山本 譲二

    1996年には山本譲二とデュオを組み「憲三郎&ジョージ山本」名義で原譲二楽曲による「浪漫-ROMAN-」でヒットを飛ばした。半年後の1996年大晦日の『第47回NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。ちなみに木梨は『NHK紅白歌合戦』において別名義での初出場3回(1991年:とんねるず、1996年:憲三郎&ジョージ山本、1999年:野猿)という珍しい経験の持ち主となっている(現在も初出場最多タイ記録で、他の4人は歌手活動を本業としている)。また同じ日に行われた『第38回日本レコード大賞』で企画賞を受賞している。また『木梨サイクル』で共演して意気投合した忌野清志郎とサッカー日本代表への応援ソングも出している。リリースはされなかったが『とんねるずの生でダラダラいかせて』で宇治田みのると共に「サーフノリダーズ」を結成して1曲イメージソングを作っている。木梨憲武 フレッシュアイペディアより)

  • 暴れん坊将軍III

    暴れん坊将軍IIIから見た山本譲二山本 譲二

    後にめ組の頭役となる山本譲二が辰五郎に恨みを持つ役でゲスト出演している。暴れん坊将軍III フレッシュアイペディアより)

  • 熱血テレビ

    熱血テレビから見た山本譲二山本 譲二

    年に数回ほど、地元山口県出身の歌手山本譲二や俳優の原田大二郎が生出演する。山本譲二が出演する時はスタジオに観客を入れている(番組内で事前に募集)。熱血テレビ フレッシュアイペディアより)

  • チルソクの夏

    チルソクの夏から見た山本譲二山本 譲二

    遠藤隆次(山本譲二) 郁子の父親。流しの歌手。豊前田の呑み屋街を流していた。チルソクの夏 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た山本譲二山本 譲二

    当時の音楽業界において『夜ヒット』でトリで歌を披露することは歌手にとっての一つのステータスと認識されており、森進一、五木ひろし、沢田研二、山口百恵、西城秀樹、郷ひろみ、松田聖子、中森明菜らが抜擢された。また『夜ヒット』への出演が曲の売り上げやアーティスト自体の人気に好影響をもたらすことも少なくなく(山本譲二がこの番組で「みちのくひとり旅」を話題曲として披露したのを契機にスター歌手の仲間入りを果たしたエピソードがある)、新曲発表の際には各事務所・レコード会社が『夜ヒット』への出演枠を奪い合った。夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 所 ジョージ

    所ジョージから見た山本譲二山本 譲二

    2006年には、エイベックスより、アルバムを1枚リリースしたり、山本譲二との「譲二さんと所さん」名義でコラボレーションシングルをリリース。山本との競演に関しては、「この異色ユニットでNHK紅白歌合戦に出たい。」と望んでいたが、取り下げられてしまった。所ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • ポニーキャニオン

    ポニーキャニオンから見た山本譲二山本 譲二

    以前山本譲二や石川さゆりなどが所属していた演歌・歌謡曲部門は売上不振から1999年をもって撤退し、2000年に中島みゆきが長年所属していた老舗レーベル「アードバーク」を『ヤマハミュージックコミュニケーションズ』として分離・独立した。その後2006年に復帰した森昌子を除いてJ-POPに特化している。これらの経緯もあってか、レコード会社としては非常に長い歴史を持つにも関わらず、所属アーティストの大半は1990年代後半以降にデビューまたは移籍してきたアーティストによって占められている(一番在籍期間が長い工藤静香も2000年から2002年までは別レーベルに所属していた)。ポニーキャニオン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
136件中 1 - 10件表示

「山本譲二」のニューストピックワード