前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示
  • 北島三郎

    北島三郎から見た山本譲二山本譲二

    2006年10月4日、古希と『芸道45周年』を祝うパーティーの席上、一番弟子で北島ファミリーの「長男」ともいうべき山本譲二を2007年に「暖簾分け」の形で独立させることと、音楽事務所の社長を妻・雅子から長男・龍に交代させる事を発表し、周囲を驚かせた。尚、北島は「今後も山本を支援し続ける事に変わりは無い」と明言している。そうした動きの一方で、同月15日に発売した「あの日時代」がオリコン演歌・歌謡チャート(注・シングルチャートではない)で、最高位1位を記録(同チャート1位の史上最高齢記録を更新)。北島三郎 フレッシュアイペディアより)

  • チルソクの夏

    チルソクの夏から見た山本譲二山本譲二

    遠藤隆次(山本譲二) 郁子の父親。流しの歌手。豊前田の呑み屋街を流していた。チルソクの夏 フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た山本譲二山本譲二

    1963年(昭和38年)9月、40歳のとき、コロムビアを退社した同社の常務取締役であった伊藤正憲とともに、レコード会社日本クラウンの設立に参加。北島三郎や、水前寺清子などを手がける。またかぐや姫のヒット曲『神田川』をシングル盤として発売する際には自らが制作会議で「これ(神田川)は歴史に残る名曲になるだろう。これをシングル盤として出さなかったら会社の恥になる」と発言してシングル盤発売を後押し、同曲が120万枚を超えるヒット曲となる道を開いた。その後、山本譲二の『みちのくひとり旅』(1980年)のヒットにも寄与する。馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山本譲二山本譲二

    特に日本の芸能界は"黒い交際"、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が興行師として采配していることが多く、これが表面化すると選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟・かとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係が問題視された。ひばりへのアンケートの指示が低下し、「ご意見を伺う会」からの批判が相次いだことを理由に落選となり、以後は本人のサイドから距離をとり、正式な出場歌手としては遂に復帰しなかった。また、第37回(1986年)では、北島三郎・山本譲二が暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされた。代役として角川博と鳥羽一郎が選出されたものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退した(代役はシブがき隊)。2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例が施行され、人気司会者であった島田紳助が暴力団との交際発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表。同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 木梨憲武

    木梨憲武から見た山本譲二山本譲二

    1996年には山本譲二とデュオを組み「憲三郎&ジョージ山本」名義で原譲二楽曲による「浪漫-ROMAN-」でヒットを飛ばした。半年後の1996年大晦日の『第47回NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。ちなみに木梨は『NHK紅白歌合戦』において別名義での初出場3回(1991年:とんねるず、1996年:憲三郎&ジョージ山本、1999年:野猿)という経験の持ち主となっている(現在も初出場最多タイ記録で、他の4人は歌手活動を本業としている)。また同じ日に行われた『第38回日本レコード大賞』で企画賞を受賞している。また『木梨サイクル』で共演して意気投合した忌野清志郎とサッカー日本代表への応援ソングも出している。リリースはされなかったが『とんねるずの生でダラダラいかせて』で宇治田みのると共に「サーフノリダーズ」を結成して1曲イメージソングを作っている。木梨憲武 フレッシュアイペディアより)

  • 所ジョージ

    所ジョージから見た山本譲二山本譲二

    2006年には、エイベックスより、アルバムを1枚リリース。また山本譲二とのユニット「譲二さんと所さん」名義でコラボレーションシングルをリリース。山本との競演に関しては「この異色ユニットでNHK紅白歌合戦に出たい。」と望んでいたが叶わなかった。所ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • 吉幾三

    吉幾三から見た山本譲二山本譲二

    桜のように(竹内力) ※ 作曲担当。作詞は竹内、プロデュースは山本譲二吉幾三 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た山本譲二山本譲二

    当時の音楽業界において『夜ヒット』でトリで歌を披露することは歌手にとっての一つのステータスと認識されており、森進一、五木ひろし、沢田研二、山口百恵、西城秀樹、郷ひろみ、松田聖子、中森明菜らが抜擢された。また『夜ヒット』への出演が曲の売り上げやアーティスト自体の人気に好影響をもたらすことも少なくなく(山本譲二がこの番組で「みちのくひとり旅」を話題曲として披露したのを契機にスター歌手の仲間入りを果たしたエピソードがある)、新曲発表の際には各事務所・レコード会社が同番組への出演枠を奪い合った。他の歌謡番組では時間的制約などから歌詞の2番や3番にあたる部分を省略した短縮バージョンで歌われることが多かったが、『ヒットスタジオ』ではフルコーラスの完全版が披露されることも売りであった。夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た山本譲二山本譲二

    日本テレビ系『元祖どっきりカメラ』のパロディ企画。にしきのあきら(現・錦野旦)が毎回のようにドッキリのターゲットにされていたが、一回だけ、木梨とCDを出していたジョージ山本がターゲットのときもあった。木梨が仕掛人軍団のリーダー「ノリ圭介」(後期は「木梨野呂武」。元祖の野呂圭介のパロディ)となり、オープニングでの作戦説明や作戦中の仕掛人への指示を行い、作戦終了後には元祖を真似た「生ダラドッキリカメラ NTV」と書かれたプラカードを提示する役を務めていた。毎回いくつかの小ネタドッキリを行った後に大掛かりなドッキリを実行するが、大ネタのコンセプトは必ず落とし穴であった。決定的シーンではフジテレビ系『スターどっきり(秘)報告』のように、別角度から撮った映像や『マンボNo.5』のリズムに合わせて早送り・逆回転する映像などが何度も繰り返して流れた。にしきののリアクションが好評であり、彼が生ダラ準レギュラーとなるきっかけとなった企画である。しかし、にしきの自身は「このドッキリは消したい過去である」と他番組出演時に語っていた。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • ポニーキャニオン

    ポニーキャニオンから見た山本譲二山本譲二

    かつて山本譲二や石川さゆりなどが所属していた演歌・歌謡曲部門は売上不振から1999年をもって撤退し、2000年のヤマハミュージックコミュニケーションズ設立により、中島みゆきなどヤマハ所属アーティストが離脱した。その後2006年に復帰した森昌子を除いてJ-POPに特化している。これらの経緯もあってかレコード会社としては非常に長い歴史を持つにも関わらず、所属アーティストの大半は1990年代後半以降にデビューまたは移籍してきたアーティストによって占められている。ポニーキャニオン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示

「山本譲二」のニューストピックワード