136件中 91 - 100件表示
  • 宮本 和知

    宮本和知から見た山本譲二山本 譲二

    同郷の山本譲二主宰のクラブチーム「山口きららマウントG」に参画している。2006年、茨城ゴールデンゴールズとの親善試合にゲスト登板。途中で足がつって降板している。宮本和知 フレッシュアイペディアより)

  • 池永正明

    池永正明から見た山本譲二山本 譲二

    同年11月、山本譲二が総監督を務める社会人野球チーム「山口きららマウントG」の監督に就任することが発表された。マスターズリーグ福岡ドンタクズの第2代監督にも就任した。池永正明 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山本譲二山本 譲二

    特にいわゆる“黒い交際”の発覚、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が絡むスキャンダルが表面化することは、紅白出場を目指す人物にとっては大きなタブーで、選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟のかとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係を問題視される形で事実上の落選となり、以後は「自発的に出場辞退」という形を取り続けたが、実際には紅白を事実上追われて、正式な出場歌手としてはついに復帰できなかったことは有名である。2008年にも同様に暴力団組長が主催したゴルフコンペに複数のベテラン歌手が参加したことが発覚、この歌手らについてNHKは「当面は番組出演見合せ」という措置を取り、彼らの所属する事務所は「辞退という形を取った」と主張したものの、この年の第59回ではやはり事実上の落選という形になった。また、1986年・第37回では、北島三郎・山本譲二が1月に暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道で暴露され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされ、代役として角川博と鳥羽一郎を選出したものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退、最終的には30日午後というギリギリの段階で、31日夜のスケジュールが偶々空いていたシブがき隊を確保して代替出場させ、どうにか取り繕ったという事例も発生している。「黒い関係」については、暴力団関係者のものであることが意図的に伏せられた宴席に芸能人が招待・招聘され出席し、メディア報道による暴露で当事者や所属事務所が初めてその事実を把握したようなケースでも、その年の紅白出場に向けては致命的なマイナスとなる。その他、2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例の施行の進捗や、8月に島田紳助が暴力団との交際の発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表しており、同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡治

    吉岡治から見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二『時は流れても』吉岡治 フレッシュアイペディアより)

  • 水木れいじ

    水木れいじから見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二「望郷しぐれ」水木れいじ フレッシュアイペディアより)

  • 松本礼児

    松本礼児から見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二「きらめく風の中で」松本礼児 フレッシュアイペディアより)

  • 幸耕平

    幸耕平から見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二「夜叉のように」幸耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 逸見良造

    逸見良造から見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二「風鈴」(編曲)逸見良造 フレッシュアイペディアより)

  • 丹古晴己

    丹古晴己から見た山本譲二山本 譲二

    1972年、石橋正次に書いた「夜明けの停車場」が大ヒット。他の代表曲に市場馨名義による1980年、山本譲二「みちのくひとり旅」など。また、ちあきなおみらのデビューにも関わった他、神園さやかがプロデビューするきっかけとなった、日本クラウンのオーディションに出場を勧めたのは、神園の母親と親交のあった丹古である。丹古晴己 フレッシュアイペディアより)

  • 建石一

    建石一から見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二「放浪う…ままに」「俺がいるじゃないか」建石一 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「山本譲二」のニューストピックワード