136件中 81 - 90件表示
  • コスモス街道

    コスモス街道から見た山本譲二山本 譲二

    コスモスの咲く秋の軽井沢で、別れた恋人との日々をしのぶヒロインの思いを歌った曲。兄弟デュオ・狩人のデビュー曲「あずさ2号」に続くセカンド・シングル。しっとりとした曲調の導入部と、激しく迫る曲調のサビの部分という構成は「あずさ2号」に通じるところがある。このように、ヒットした作品の次に同系統の曲調の作品を出す手法は、レコードセールス戦略上しばしば採用されている(石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」「能登半島」、松田聖子の「青い珊瑚礁」「風は秋色」、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」「気分しだいで責めないで」、山本譲二の「みちのくひとり旅」「旅の終りはお前」など)。またオリコンでは最高5位、1977年年間シングルチャートでは第31位にランク、「あずさ2号」に次ぐヒット曲となった。シングル売上は累計60万枚(オリコンでは約40万枚)。コスモス街道 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のテレビ (日本)

    1986年のテレビ (日本)から見た山本譲二山本 譲二

    第37回NHK紅白歌合戦を放送。総合司会は吉川精一アナウンサー(当時、東京アナウンス室)が務め、紅組司会は目加田頼子アナウンサーと紅組初出場の斎藤由貴、白組司会は千田正穂アナウンサー(当時、東京アナウンス室)と白組出場の加山雄三がそれぞれ務めた。番組中、白組出場の少年隊のヒット曲「仮面舞踏会」を加山が『仮面ライダー』と紹介してしまうハプニングがあった。また放送直前に、当初白組で出場が決まっていた演歌歌手の北島三郎と山本譲二が暴力団稲川会の新年会に出席していたことが週刊誌などで報道され、出場を辞退するとの出来事もあった。平均視聴率は59.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、初めて60%を割る結果となった。1986年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • スターどっきり(秘)報告

    スターどっきり(秘)報告から見た山本譲二山本 譲二

    CoCo、安達祐実、あべ静江、石野真子、内田有紀、大川栄策、香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎、森且行(当時)、V6、加藤茶、志村けん、仲本工事、大村崑(仕掛人は夫人)、西川きよし、西川のりお、ザ・ぼんち、トミーズ、トミーズ雅、トミーズ健、山口百恵、五木ひろし、細川たかし、月亭八方、野口五郎、郷ひろみ、西城秀樹、笑福亭鶴光、ツービート、吉田栄作、工藤静香、山本譲二、中森明菜、にしきのあきら(現:錦野旦)、ピンク・レディー、武山あきよ、デビット伊東、浅野ゆう子、都はるみ、片平なぎさ、高田みづえ、西村知美、山瀬まみ、和田アキ子、藤あや子、島田紳助、岡村隆史(ナインティナイン)、堂本剛、堂本光一、嶋大輔、デーブ大久保、池谷幸雄、香田晋、出川哲朗、岡本夏生、TOKIO、細川ふみえ、C.C.ガールズ(初代)、篠原ともえ、とんねるず、ウッチャンナンチャン、内山信二、中居正広、木村拓哉、香西かおり、上島竜兵、ダチョウ倶楽部、ジミー大西、田代まさし、酒井法子、荻野目洋子、オール阪神、松村邦洋、松本伊代、井上晴美、岩井由紀子、野々村真、有賀さつき(当時フジテレビアナウンサー)、菊間千乃(当時フジテレビアナウンサー)ほかスターどっきり(秘)報告 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴光の噂のゴールデンアワー

    鶴光の噂のゴールデンアワーから見た山本譲二山本 譲二

    前川くんと山本くんのとりあえず一杯(前川清、山本譲二出演)鶴光の噂のゴールデンアワー フレッシュアイペディアより)

  • NHK山口放送局

    NHK山口放送局から見た山本譲二山本 譲二

    下関局開設以前の下関市は福岡県北九州市とともに「関門地区」として山口・福岡両県とは別のエリアとして扱われていた歴史から、現在でもNHK北九州放送局を視聴する傾向にある。しかし完全デジタル化を控え、北九州デジタル局が山口県方面の出力を絞っていることを利用し、「完全デジタル化後大半の地域では北九州のテレビは見られなくなるから地元中継局にアンテナを向けるように」というキャンペーンを、デジタル放送完全移行日の1年前である2010年(平成22年)7月24日以降大々的に始めており、下関市出身の演歌歌手の山本譲二を地デジ化応援隊メンバーに起用しアピールしている。NHK山口放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 中畑清

    中畑清から見た山本譲二山本 譲二

    カラオケが趣味で演歌を大変好み、テレビ番組のカラオケ大会ではよく山本譲二や北島三郎などの曲を歌う。また吉幾三の作詞作曲の『十和田丸』でデビューし演歌のシングルを2枚リリースしている。中畑清 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ

    ジョージから見た山本譲二山本 譲二

    山本譲二 - 演歌歌手(英語名:George Yamamoto)ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た山本譲二山本 譲二

    12月31日 「第47回NHK紅白歌合戦」に木梨憲武(とんねるず)と山本譲二によるデュオ「憲三郎&ジョージ山本」が出場、曲は「浪漫-ROMAN-」。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回NHK紅白歌合戦

    第47回NHK紅白歌合戦から見た山本譲二山本 譲二

    憲三郎&ジョージ山本は、北島三郎の掛け声と共に登場。しかし憲三郎が北島に似せたメイク、そしてものまねで歌ったことで会場が笑いに包まれた。この時の映像は、ユニットを生んだ日本テレビ系列『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』内でも放送された。第47回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 勢翔太

    勢翔太から見た山本譲二山本 譲二

    実家が寿司店を経営していて、小さいころから常に有線放送で演歌が流れている環境で育ったため、自身の趣味であるカラオケでも演歌を得意としている。2012年7月場所8日目(2012年7月15日)のNHK総合・大相撲中継において放送された「関取訪問」のコーナーでは、リポーター役であるAKB48の岩佐美咲の訪問を受けて、稽古風景の取材を受けた後に岩佐と一緒にカラオケ店へ行き、自身はそこで山本譲二の『花も嵐も』を熱唱した後、岩佐からAKB48の振り付けを教わってAKB48の『ヘビーローテーション』に合わせて一緒にその振り付けを披露した。また、携帯用音楽プレイヤーを2個持っていて、演歌用とそれ以外用とを分けて使用していることを明かした。勢翔太 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「山本譲二」のニューストピックワード