152件中 21 - 30件表示
  • 山本譲二

    山本譲二から見たキダ・タロー

    ふるさとのはなしをしよう(作詞:伊野上のぼる、作曲:キダ・タロー、編曲:前田俊明)※オリジナルは北原謙二 2004年2月1日発売山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た高田ひろお

    ワッショイまつりっこ (作詞:高田ひろお、作曲:佐瀬寿一、編曲:小林信吾)※CXひらけ!ポンキッキ挿入歌 1990年10月21日発売山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見たとんねるず

    浪漫-ROMAN-【とんねるずの木梨憲武とデュエット(「憲三郎&ジョージ山本」として)】(作詞・作曲:原譲二、編曲:川村栄二) 1996年5月17日発売山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た秋元康

    ローリング・ストーン(作詞:秋元康、作曲・編曲:後藤次利) ※映画「唐獅子株式会社」主題歌 1983年12月5日発売山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た前川清

    酒に酔って前川清の家でウォシュレットを使い、便所を水浸しにしたというエピソードがある。その前川や吉幾三は親友である。山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た新沼謙治

    最後の決意で北島三郎の仕事場に何度も足を運び頭を下げ、十数回繰り返したときに北島から突然、鞄(かばん)を渡された。即ち「鞄持ちになれ」という意味であり、以降2年間北島の付き人を務める(当時の北島はまだ30代前半と若く、筋骨隆々としていたため、甘え容赦ない修行の毎日をすごした)。25歳だった。これを契機に1976年、読売テレビ制作の歌謡オーディション番組「全日本歌謡選手権」(当時は浜村淳が司会)に出場、「おもいで岬」や「中の島ブルース」などを歌って見事10週勝ち抜いた。本名でもある「山本譲二」名義でポニーキャニオンから再デビュー。またも鳴かず飛ばずが続く。山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た宇崎竜童

    湘南哀歌(作詞:阿久悠、作曲:宇崎竜童、編曲:馬飼野俊一) 1983年5月21日発売山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た阿久悠

    夜叉のように(作詞:阿久悠、作曲:幸耕平、編曲:馬飼野俊一) 1987年5月21日発売山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見たフジテレビジョン

    1980年、30歳の時に『みちのくひとり旅』をリリース。北島等からは「この曲で駄目(売れない)なら、もう(歌手を)諦めろ」と言われていたと言う。しかしこの曲も発売当初は売れずヒットには更に10ヶ月を要した。年を越し1年近くが経過。1981年、フジテレビの「夜のヒットスタジオ」に注目曲として出演すると大きな反響を呼び大ヒットし、演歌スター歌手への仲間入りをようやく果たす。当時31歳の時だった。山本譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 山本譲二

    山本譲二から見た讀賣テレビ放送

    最後の決意で北島三郎の仕事場に何度も足を運び頭を下げ、十数回繰り返したときに北島から突然、鞄(かばん)を渡された。即ち「鞄持ちになれ」という意味であり、以降2年間北島の付き人を務める(当時の北島はまだ30代前半と若く、筋骨隆々としていたため、甘え容赦ない修行の毎日をすごした)。25歳だった。これを契機に1976年、読売テレビ制作の歌謡オーディション番組「全日本歌謡選手権」(当時は浜村淳が司会)に出場、「おもいで岬」や「中の島ブルース」などを歌って見事10週勝ち抜いた。本名でもある「山本譲二」名義でポニーキャニオンから再デビュー。またも鳴かず飛ばずが続く。山本譲二 フレッシュアイペディアより)

152件中 21 - 30件表示

「山本譲二」のニューストピックワード