前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 山根康広

    山根康広から見たヤクルト本社

    恋という名の翼(1995年5月17日)ヤクルト本社「ミルージュ」CMソング山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見た小林麻央小林 麻央

    現在は、TSUBASA RECORDSに移籍、精力的に楽曲製作やライヴ活動を続けると共に、2010年7月30日にザ・プリンスパークタワー東京にて開催された市川海老蔵・小林麻央との結婚披露宴に登場。自身のヒット曲「Get Along Together」を歌った。山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見た市川海老蔵 (11代目)

    現在は、TSUBASA RECORDSに移籍、精力的に楽曲製作やライヴ活動を続けると共に、2010年7月30日にザ・プリンスパークタワー東京にて開催された市川海老蔵・小林麻央との結婚披露宴に登場。自身のヒット曲「Get Along Together」を歌った。山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見た大阪芸術大学

    大阪府立狭山高等学校を経て大阪芸術大学環境計画学科(現在は環境デザイン学科)卒業。1989年に村中伸一とアマチュアバンド「BE FREE」を結成。1991年解散、そして再結成をしたが、山根はソロに転向。会社勤めをしながら週末は音楽活動をするという生活を繰り返していた。村中が編曲したデモ・テープ制作中にクラウンレコードの目に留まり、メジャーデビュー。1993年に発売した「Get Along Together」が有線放送を通じて、大ヒットを記録。同年7月20日付で会社を退職し、音楽活動に専念する。同年末第35回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、翌年には第45回NHK紅白歌合戦にも出場を果たす。山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見た神戸市

    5thシングル『Everyone』のカップリング曲として発売された曲。神戸市の「ビーナスブリッジ」をモチーフに作られたこの曲はC/Wながらも社会現象を巻き起こし、現在ではこの橋の名所となった「愛の鍵」(永遠の愛を誓う南京錠)ブームの火付け役となった。また、続編として『ALWAYS?』が8thシングルとして同年発売されている。山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見たミリオンセラー

    結婚する友人のために1週間で書き上げたラブソング。発売当初の売れ行きは低調であったが、リメイク版を2ndシングルとして発売するとオリコン初登場10位、登場7週目にして最高位の5位に到達、9週連続(累積13週)TOP10入り、ミリオンセラーを記録。累計出荷枚数174万枚。年末には第35回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞すると共に、NHK紅白歌合戦にも出場を果たした。発売から20年近く経過した現在も広く愛され歌われている曲である。山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見たギター

    自身、ピアノ・ギター・ドラムスの楽器を演奏する(ピアノは幼少時代から習っていた)。山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見たソニー・マガジンズ

    たった一人の君 (ソニー・マガジンズ、1994年12月、ISBN 478970937X)山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見たFM大阪

    FM大阪(85.1MHz) 『 山根康広★MADE IN "J" 』   毎週土曜日 21:00-21:30山根康広 フレッシュアイペディアより)

  • 山根康広

    山根康広から見たクラウンレコード

    大阪府立狭山高等学校を経て大阪芸術大学環境計画学科(現在は環境デザイン学科)卒業。1989年に村中伸一とアマチュアバンド「BE FREE」を結成。1991年解散、そして再結成をしたが、山根はソロに転向。会社勤めをしながら週末は音楽活動をするという生活を繰り返していた。村中が編曲したデモ・テープ制作中にクラウンレコードの目に留まり、メジャーデビュー。1993年に発売した「Get Along Together」が有線放送を通じて、大ヒットを記録。同年7月20日付で会社を退職し、音楽活動に専念する。同年末第35回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、翌年には第45回NHK紅白歌合戦にも出場を果たす。山根康広 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「山根康広」のニューストピックワード