前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示
  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    主演女優賞 山田五十鈴『現代人』『箱根風雲録』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川一夫

    長谷川一夫から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1938年(昭和13年)、怪我を機会に、芸名を本名の長谷川一夫にし、『藤十郎の恋』(山本嘉次郎監督)で銀幕復帰。独自に工夫したメイキャップで傷跡を消し、再起不能とまでいわれた逆境を跳ね返して堂々二枚目スタアに返り咲いた。また、『鶴八鶴次郎』などでは山田五十鈴とコンビを組み、ヒットを飛ばした。そのほか、李香蘭と共演した『白蘭の歌』(渡辺邦男監督)、『支那の夜』(伏水修監督)などといった現代劇に出演したが、時代劇ではこれという決定作は少なかった。長谷川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 杉村春子

    杉村春子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    成瀬巳喜男監督『流れる』で共演した山田五十鈴は、「あの映画の杉村さんの芝居は、ぜんぶ杉村さんがお考えになったもの。そういうことが許されるようになった時代です。それこそ役者の力量が問われる時代になってきたんです」と述べている。杉村春子 フレッシュアイペディアより)

  • 中岡京平

    中岡京平から見た山田五十鈴山田五十鈴

    「五月の街」(1980年、東芝日曜劇場、主演:山田五十鈴中岡京平 フレッシュアイペディアより)

  • 或る夜の殿様

    或る夜の殿様から見た山田五十鈴山田五十鈴

    衣笠の戦後第1作。明治時代の箱根温泉宿を舞台に鉄道建設の利権争いを描いたコメディ映画で、長谷川、大河内傳次郎、山田五十鈴、高峰秀子、藤田進など東宝スターが総出演した。お盆興行に封切られて大ヒットし、第1回毎日映画コンクールで日本映画大賞を受賞した。或る夜の殿様 フレッシュアイペディアより)

  • 祇園の姉妹

    祇園の姉妹から見た山田五十鈴山田五十鈴

    映画界に働く者たちも、その胸中を察して感慨深いものがあったという。稲垣浩は本作について、「主演の山田五十鈴が絵日傘をさして祇園社詣でをするあのあでやかな姿を、今も忘れることはできない」と語っている。祇園の姉妹 フレッシュアイペディアより)

  • 西川鶴三

    西川鶴三から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1936年(昭和11年)、東京・砧のピー・シー・エル映画製作所(現在の東宝スタジオ)に移籍した。同社は、1937年(昭和12年)9月10日に他の3社と合併して東宝映画になり、同撮影所は東宝映画東京撮影所になった。同社での初期の代表作は、1938年(昭和13年)8月21日に公開された『綴方教室』(監督山本嘉次郎、主演高峰秀子)であり、同作での相棒である撮影技師は三村明(1901年 - 1985年)であった。1940年(昭和15年)9月25日公開の『燃ゆる大空』(監督阿部豊、主演長谷川一夫)では宮島義勇(1909年 - 1998年)、1941年(昭和16年)3月26日公開の『長谷川・ロッパの家光と彦左』(監督マキノ正博、主演長谷川一夫・古川緑波)では伊藤武夫(1907年 - 1978年)とも組んでいる。同作の直前、長谷川一夫・山田五十鈴主演の『昨日消えた男』(監督マキノ正博、撮影伊藤武夫)では、西川とおなじマキノ・プロダクション出身の照明技師の藤林甲(1908年 - 1979年)がメインであったが、西川も応援で参加したことをマキノ正博がのちに著書『映画渡世 地の巻』に描いている。西川鶴三 フレッシュアイペディアより)

  • 殉教血史 日本二十六聖人

    殉教血史 日本二十六聖人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    映画の内容は、長崎で処刑された26人のキリスト教徒(日本二十六聖人)の殉教の史実によった物語であり、当時の代表的な時代劇監督である池田富保が演出を担当し、主演のペドロ・バプチスタ神父を山本嘉一が演じ、その他にも片岡千恵蔵、伏見直江、山田五十鈴などが出演している。脚本は当初、キリシタン史の専門家である明治大学教授の松崎実と作家の佐藤紅緑との共作脚本だったが、平山の渡欧後、何らかの事情で却下され、上智大学教授のヘルマン・ホイヴェルス神父による新たな脚本で製作されることになった。また演技指導の担当者も、予定されていた伝道士の石川音次郎から、フランシスコ会のエジド・ロア神父(当時の鹿児島知牧)に替えられた。これらの変更は、脚本や演技指導の担当者が日本人から外国人神父に変更されていることから、平山の渡欧後に日本カトリック教会の上層部が、この映画の製作に全面的協力をすることに合意したからなのではないかと考えられる。殉教血史 日本二十六聖人 フレッシュアイペディアより)

  • 東宝争議

    東宝争議から見た山田五十鈴山田五十鈴

    同年11月、ストも反対だが、会社側にもつかないと表明した大河内伝次郎に賛同した長谷川一夫、入江たか子、山田五十鈴、藤田進、黒川弥太郎、原節子、高峰秀子、山根寿子、花井蘭子の十大スターが「十人の旗の会」を結成して組合を離脱。渡辺邦男監督なども組合を脱退し、方針を巡って対立した配給部門の社員は第二組合を結成して離脱した。東宝争議 フレッシュアイペディアより)

  • 池永浩久

    池永浩久から見た山田五十鈴山田五十鈴

    当初壮士芝居の俳優として活躍。山田九州男(山田五十鈴の実父)の一座にいたこともある。池永浩久 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード