前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
170件中 1 - 10件表示
  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    主演女優賞 山田五十鈴『現代人』、『箱根風雲録』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 中岡京平

    中岡京平から見た山田五十鈴山田五十鈴

    「五月の街」(1980年、東芝日曜劇場、主演:山田五十鈴中岡京平 フレッシュアイペディアより)

  • おきん

    おきんから見た山田五十鈴山田五十鈴

    映画においては、「お兼」あるいは「阿金」の役名で山田五十鈴らが演じ、歌舞伎を踏襲しているが、テレビ映画では「おきん」である。おきん フレッシュアイペディアより)

  • 鬼平犯科帳 (中村吉右衛門)

    鬼平犯科帳 (中村吉右衛門)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴(『むかしの女』おろく)鬼平犯科帳 (中村吉右衛門) フレッシュアイペディアより)

  • 東宝争議

    東宝争議から見た山田五十鈴山田五十鈴

    同年11月、ストも反対だが、会社側にもつかないと表明した大河内伝次郎に賛同した長谷川一夫、入江たか子、山田五十鈴、藤田進、黒川弥太郎、原節子、高峰秀子、山根寿子、花井蘭子の十大スターが「十人の旗の会」を結成して組合を離脱。渡辺邦男監督なども組合を脱退し、方針を巡って対立した配給部門の社員は第二組合を結成して離脱した。東宝争議 フレッシュアイペディアより)

  • 東京暮色

    東京暮色から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『東京暮色』(とうきょうぼしょく)は、小津安二郎監督による1957年の白黒映画。製作は松竹大船撮影所。日本では同年4月30日に松竹の配給で公開された。英語題名は『Tokyo Twilight』。1957年度キネマ旬報日本映画ランキング第19位。小津にとっては最後の白黒作品(次回作は『彼岸花』)であり、戦後期の名女優、山田五十鈴が出演した唯一の小津作品でもある。東京暮色 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺からくり人

    必殺からくり人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    当時NHKドラマで高い評価を受けていた早坂暁をメインライターとして迎え、キャストも映画・演劇界の大物でありながらテレビでの露出がほとんどなかった山田五十鈴(その前に『必殺仕置屋稼業』第15話に被害者役でゲスト出演)、青春スターのイメージが強かった森田健作とジュディ・オング(オングはその前に『必殺必中仕事屋稼業』第2話に被害者役でゲスト出演し、さらに必殺シリーズのスタッフが制作した『おしどり右京捕物車』(1974年)に、『からくり人』の前作『必殺仕業人』で赤井剣之介役だった中村敦夫扮する神谷右京の妻・はな役で出演)、必殺シリーズの出演は三作目になる緒形拳と、大変力が入っていた。必殺からくり人 フレッシュアイペディアより)

  • 大奥(秘)物語

    大奥(秘)物語から見た山田五十鈴山田五十鈴

    出演は、ヒロインの第1部に藤純子、第2部に岸田今日子、第3部に佐久間良子。将軍役に、高橋昌也。大奥を取り仕切る御年寄に、東宝・山田五十鈴。その他岩崎加根子、坂本スミ子を始めとする東映女優大集結。今作品で、新人賞を受賞した当時新人だった小川知子が岸田今日子との同性愛の女中を演じたのも見物。物語の中で、重要な役割を担うナレーターは、渡辺美佐子が務める。脚本には、『あゝ君が愛』の国弘威雄、『組織暴力』の佐治乾、『冒険大活劇 黄金の盗賊』の掛札昌裕、『一心太助 江戸っ子祭り』の金子武郎。監督は、『あゝ同期の桜』、『極道の妻たち』の中島貞夫。大奥(秘)物語 フレッシュアイペディアより)

  • 流れる

    流れるから見た山田五十鈴山田五十鈴

    1956年、成瀬巳喜男監督によって映画化された。出演は田中絹代、山田五十鈴、栗島すみ子、杉村春子など。流れる フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のテレビ (日本)

    1977年のテレビ (日本)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    新春大吉(出演:森繁久彌、朝丘雪路、山田五十鈴、王貞治 他)1977年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
170件中 1 - 10件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する