170件中 91 - 100件表示
  • 棺桶の錠

    棺桶の錠から見た山田五十鈴山田五十鈴

    最終回、チームは解散し、仲間たちとも別れ江戸を離れた。その後は消息不明だったが、スペシャル版『仕事人大集合』で長崎にいたことが判明する。彼自身のほんの気まぐれではあったものの、外道のセクンデ一味との戦いに参加を決意。死闘の淵に立っていた仕事人たちに大きな貢献を果たした。なお、スペシャルにおける主水との再会シーンはなかった。仕事を終えて終盤、おりく(山田五十鈴)と三味線屋の勇次(中条きよし)の二人に別れを告げてオランダの商船に潜り込みバタヴィアに密航の旅に出る。その後『仕事人アヘン戦争へ行く』にて帰国しており、香港へ向かおうとする仕事人たちを付け狙う異人集団を撃退し、またもや大役を果たした。棺桶の錠 フレッシュアイペディアより)

  • 林芙美子

    林芙美子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『下町』(1957年)、千葉泰樹監督、山田五十鈴・三船敏郎ら林芙美子 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎 右宗

    尾崎右宗から見た山田五十鈴山田五十鈴

    朗読会やドラマ共演が縁で、山田五十鈴の芸事の養子会にも入門、師事を仰ぎ尊敬している。尾崎右宗 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌歌手

    演歌歌手から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴(やまだ いすず)演歌歌手 フレッシュアイペディアより)

  • シラノ・ド・ベルジュラック (戯曲)

    シラノ・ド・ベルジュラック (戯曲)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1960年10月:菊五郎劇団、二代目尾上松緑・山田五十鈴・安井昌二主演、歌舞伎座。シラノ・ド・ベルジュラック (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のテレビ (日本)

    1983年のテレビ (日本)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    必殺仕事人IV(第21作。出演:藤田まこと、三田村邦彦、中条きよし、山田五十鈴、鮎川いずみ、ひかる一平 他)1983年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕事人V

    必殺仕事人Vから見た山田五十鈴山田五十鈴

    おりく - 山田五十鈴(第1 - 3、9、11話)(クレジットは「起こし」(かつてのロート製薬のオープニングキャッチと同じ形))必殺仕事人V フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕事人III

    必殺仕事人IIIから見た山田五十鈴山田五十鈴

    本作も、藤田まこと演ずる中村主水を筆頭に、三田村邦彦演ずる秀、中条きよし演ずる勇次、鮎川いずみ演ずる加代、そして山田五十鈴演ずるおりくが、前作より何ら変わること無く連続登板。必殺仕事人III フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕事人IV

    必殺仕事人IVから見た山田五十鈴山田五十鈴

    おりく - 山田五十鈴(第1 - 3、6 - 8、10、11、18、19、42、43話)(クレジットは「起こし」(かつてのロート製薬のオープニングキャッチと同じ形))必殺仕事人IV フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕切人

    必殺仕切人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    「必殺シリーズ」第22作となった本作は、前作『必殺仕事人IV』から引き続き、中条きよし演じる三味線屋の勇次が出演。番組スタート時には中村主水(藤田まこと)と母親のおりく(山田五十鈴)から独立して一本立ちを果たすことが大きく宣伝された。一方で、第16作『必殺仕舞人』以降の非主水シリーズで定着していた「女の元締が主役」という慣例にならい、『必殺仕舞人』とその続編である第18作『新・必殺仕舞人』で主役の女元締・坂東京山を演じた京マチ子演じるお国が主役扱いであり、エンディングなどの序列も京マチ子のお国が最初にクレジットされ、中条きよしの勇次は最後尾に配置されていた。必殺仕切人 フレッシュアイペディアより)

170件中 91 - 100件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する