211件中 91 - 100件表示
  • 箱根風雲録

    箱根風雲録から見た山田五十鈴山田五十鈴

    与右衛門の妻リツ:山田五十鈴(特別出演)箱根風雲録 フレッシュアイペディアより)

  • 入江たか子

    入江たか子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    家族の不幸や自身の病気により戦後は人気が下降し、怪談映画の「化け猫女優」として名をはせた。高峰秀子は、原節子・山田五十鈴とともに入江を日本映画史上の三大美人だと述べている。入江たか子 フレッシュアイペディアより)

  • 静御前

    静御前から見た山田五十鈴山田五十鈴

    静御前(1938年 演:山田五十鈴静御前 フレッシュアイペディアより)

  • 花井蘭子

    花井蘭子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1931年2月日活太秦撮影所に入社。芸名を花井蘭子と改め、現代劇部に所属し主役の田中春男の妹役などを担当した。1932年より時代劇の娘役が多くなり、千恵蔵プロの片岡千恵蔵らの相手役を務め、1年先輩の山田五十鈴と並び称される若手女優の双璧となる。花井蘭子 フレッシュアイペディアより)

  • 及川道子

    及川道子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1933年1月幹部に昇格し、清水監督のサウンド版『眠れ母の胸に』に主演。同作品では歌手の小林千代子と共に同名の主題歌を独唱し、レコード吹き込みも行い声楽家としての実力も示した。同じ清水監督の『港の日本娘』では江川宇礼雄、島津監督の『頬を寄すれば』では、岡譲二を相手役に主演。続く五所監督の『愛撫(ラムール)』では岡田嘉子と共演し、ベテラン相手に一歩も引けをとらぬ演技を見せた。1934年に入ると、清水監督のオールスター大作『東洋の母』で江川宇礼雄の妹役を演じ、続く野村浩将監督『夢見る頃』でも江川と兄妹役を演じた。5月には、下加茂で時代劇『月形半平太』に出演し、主演の林長二郎の相手役をつとめた。続く池田義信監督『はつ姿』の主演も決定したが、彼女の再度の発病で製作中止となる。彼女はこの時も1年以上の療養を余儀なくされ、翌1935年の佐々木康監督『真白き富士の根』の女学校教師役で復帰した。また同年8月、東京劇場で開かれた「新派精鋭男女優合同」に村田嘉久子・山田五十鈴・村田正雄らとともに出演。だが健康状態は再び悪化し、翌1936年4月の島津保次郎監督『家族会議』では、病を押してヒロイン仁礼泰子を演じ切ったものの、結果的にこれが最後の出演作となってしまった。翌1937年には大船撮影所(前年に蒲田から移転)を退社。そして翌1938年9月30日、結核のため26歳の若さで世を去った。及川道子 フレッシュアイペディアより)

  • 一の宮あつ子

    一の宮あつ子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1964年(昭和39年)の東宝現代劇『香華』への出演から東宝演劇部に所属し、舞台でも貴重な脇役として活躍。山田五十鈴主演の『あかさたな』、芸術座の『春の雪』といった商業演劇のほか、長谷川一夫の東宝歌舞伎にも出演した。テレビドラマにも草創期から出演しており、東芝日曜劇場の人気シリーズ『女と味噌汁』では芸者の金とき役で10年にわたってレギュラー出演した。一の宮あつ子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤武郎

    伊藤武郎から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『武蔵坊弁慶』 : 監督渡辺邦男、撮影友成達雄、主演岡譲二・山田五十鈴、1942年 - 東宝映画東京撮影所伊藤武郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浜千鳥情話

    浜千鳥情話から見た山田五十鈴山田五十鈴

    劇中に出演していた山田五十鈴が金沢明子のファンであることから起用された経緯がある。浜千鳥情話 フレッシュアイペディアより)

  • 星野和平

    星野和平から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1946年(昭和21年)11月、東宝争議を原因に、大河内傳次郎、長谷川一夫、入江たか子、山田五十鈴、藤田進、黒川弥太郎、原節子、高峰秀子、山根寿子、花井蘭子が組合を脱退、「十人の旗の会」を結成、それがやがて新東宝設立に向かう。星野は星野芸能社で、原節子、佐分利信、木暮実千代、水戸光子、飯田蝶子、高峰三枝子、三浦光子、坂本武、宇佐美淳、徳大寺伸らのマネジメントを行い、映画会社に所属しない俳優を強力にブッキングする。星野和平 フレッシュアイペディアより)

  • 久松三津枝

    久松三津枝から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『山田五十鈴 映画とともに』、山田五十鈴、日本図書センター、2000年11月25日 ISBN 4820559559久松三津枝 フレッシュアイペディアより)

211件中 91 - 100件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード