211件中 11 - 20件表示
  • 樽屋おせん

    樽屋おせんから見た山田五十鈴山田五十鈴

    樽屋おせん(たるやおせん)は江戸時代前期に実在した大坂・天満の樽職人の女房せんの物語。史実の詳細は不明であるが、貞享2年正月22日(1685年2月25日)におきたおせんの姦通事件は当時の大坂で巷説となり、井原西鶴が好色五人女の巻二「情けを入れし樽屋物語」でおせんをモデルにした創作を取り上げたことで現代に至るまで広く知られるようになった。樽屋おせんは近代の歌舞伎ではよく取り上げられた演目で、歌舞伎以外でも多くの演劇作品にもなり、初代水谷八重子や山田五十鈴などの大女優もおせんを演じている。樽屋おせん フレッシュアイペディアより)

  • 大奥(秘)物語

    大奥(秘)物語から見た山田五十鈴山田五十鈴

    出演は、ヒロインの第1部に藤純子、第2部に岸田今日子、第3部に佐久間良子。将軍役に、高橋昌也。大奥を取り仕切る御年寄に、東宝・山田五十鈴。その他岩崎加根子、坂本スミ子を始めとする東映の女優が大集結した。物語の中で重要な役割を担うナレーターは、渡辺美佐子が務める。有名な岸田今日子のナレーターは1968年の『大奥』からである。脚本は第1部が金子武郎、掛札昌裕、第2部が国弘威雄、第3部が佐治乾。監督・中島貞夫は前作『あゝ同期の桜』のラストシーンの編集問題で大川博社長(当時)の逆鱗に触れ、クビになる寸前、岡田から「もう一本撮らしたるわ」と監督に抜擢された。映画の大ヒットでクビの話は立ち消えになったという。その他のキャスティングも全て岡田によるもの。本作は藤純子、小川知子、佐久間良子の3人を並べて主演にしたオムニバス映画だが、当時の藤と小川は新人扱い。小川は本作で同性愛の女中を演じ、先輩女優・岸田今日子とヌメヌメのレズ、折檻シーンなど体当たり演技で、エランドール賞新人賞を受賞した。この演技により中島貞夫に惚れられ佐久間が下品な芝居をさせられて中島と絶交したため「マルシリーズ」第二弾『続・大奥物語』(1967年)の単独主演に大抜擢された。しかし岡田に「まだ裸が足りん!」と怒られ、これ以上はムリと東映を離れてフェロモン歌手としてデビュー、その後、大スターとなった。藤は本作での艶技に合格点を出され「マルシリーズ」第三弾『尼寺物語』(1968年)で初主演を果たした。しかし同作品は思わぬ不入りで「藤純子ではダメか..」と撮影所にはそういう空気が充満していた矢先にやはり岡田に東映初の女性任侠映画『緋牡丹博徒』の主演に抜擢された。小川が東映を退社していなければ『緋牡丹博徒』は小川だったかもしれない。大奥(秘)物語 フレッシュアイペディアより)

  • どん底 (1957年の映画)

    どん底 (1957年の映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    お杉(大家の女房):山田五十鈴どん底 (1957年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 藤林甲

    藤林甲から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1940年(昭和15年)4月3日に公開された長谷川の主演作『蛇姫様』(監督衣笠貞之助)は、撮影技師・三村明(1901年 - 1985年)と組んだ作品であり、戦前の代表作とされる。同社東京撮影所が中華電影公司と提携し、長谷川が李香蘭(のちの山口淑子、1920年 - 2014年)と共演した『支那の夜』(監督伏水修、前篇・同年6月5日公開、後篇・同15日公開)、同じく華北電影公司と提携し、長谷川が李香蘭と共演した『熱砂の誓ひ』(監督渡辺邦男、前篇・同年12月25日公開、後篇・同28日公開)にも参加し、前者では三村明、後者では友成達雄(1900年 - 没年不詳)と組んだ。1941年(昭和16年)の同社の正月映画のために、森岩雄がマキノ正博を呼び、長谷川を主演、山田五十鈴を相手役に急遽製作することになったのが『昨日消えた男』であった。撮影期間は撮影技師に伊藤武夫、照明技師に藤林、照明応援に西川鶴三が加わるが、マキノは藤林を「この人はマキノプロダクション以来の映画同級生である」と言い、「応援の西川鶴三も、同級生だ」と言う。マキノは「長谷川一夫の顔の傷を出来るだけまともに見せないコンテ」を書き、スタッフ・キャストの協力を得て、9日間で同作を完成、脇で演じた川田義雄は「藤林君と西川君のライトのお蔭で、とても傷跡のある人とも見えませんでした」と評す。同作は同年1月9日に公開され、大ヒットを記録した。藤林甲 フレッシュアイペディアより)

  • 溝口健二

    溝口健二から見た山田五十鈴山田五十鈴

    同年9月、日活を退社した永田雅一が設立した第一映画社に参加。山田五十鈴主演・泉鏡花原作の『折鶴お千』などを経て1936年(昭和11年)、依田義賢とはじめてコンビを組んだ『浪華悲歌』そして、祇園を舞台に対称的な性格の芸者姉妹をリアリズムに徹して描いた『祇園の姉妹』を発表し、戦前の代表作となった。同年、永田の新興キネマ入りによって第一映画社は解散、溝口も首脳部や他のスタッフと共に新興キネマに入った。溝口健二 フレッシュアイペディアより)

  • おきん

    おきんから見た山田五十鈴山田五十鈴

    映画においては、「お兼」あるいは「阿金」の役名で山田五十鈴らが演じ、歌舞伎を踏襲しているが、テレビ映画では「おきん」である。おきん フレッシュアイペディアより)

  • 流れる

    流れるから見た山田五十鈴山田五十鈴

    1956年、成瀬巳喜男監督によって映画化された。出演は田中絹代、山田五十鈴、栗島すみ子、杉村春子など。流れる フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た山田五十鈴山田五十鈴

    女優主演賞 山田五十鈴『箱根風雲録』『現代人』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 東京暮色

    東京暮色から見た山田五十鈴山田五十鈴

    小津にとっては最後の白黒作品であり、戦後期の大女優、山田五十鈴が出演した唯一の小津作品でもある。『東京暮色』はジェームズ・ディーンの代表作であるハリウッド映画『エデンの東』(1955年)の小津的な翻案とされる。どちらも妻が出奔しているが、『エデンの東』では兄弟だった子供たちが姉妹に置き換えられている。次女明子役に当初岸恵子を想定していたが、『雪国』の撮影が延びてスケジュールが合わなくなったため、有馬稲子がキャスティングされた。東京暮色 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野光雄

    宇野光雄から見た山田五十鈴山田五十鈴

    には1年だけ母校・慶大の監督に就任。戦後初のリーグでは5戦全勝で優勝を飾り、大島信雄・別当薫・加藤進を卒業生として送り出した。退任後は藤倉電線を経て、に三原脩監督の熱心な勧誘を受けて読売ジャイアンツへ入団するが、肩を故障してしまう。療養中のには同じく肩を壊して調整していた藤本英雄とのキャッチボールの際に、藤本の投げたボールがスライド回転することに気付き、これが藤本のスライダー習得のきっかけとなった。結局、宇野の肩は治らずシーズン途中で巨人を退団した。巨人退団後は新東宝に入社して、一時は山田五十鈴の付き人も務めたという。宇野光雄 フレッシュアイペディアより)

211件中 11 - 20件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード