170件中 11 - 20件表示
  • 佐久間 良子

    佐久間良子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    秘密(共演:山田五十鈴 / 1960年、東映)佐久間良子 フレッシュアイペディアより)

  • 箱根風雲録

    箱根風雲録から見た山田五十鈴山田五十鈴

    原作は、タカクラ・テルの小説『ハコネ用水』(理論社、1951年)。主演の山田五十鈴が第7回毎日映画コンクール女優主演賞受賞(「現代人」の出演も含む)、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。戦前から映画製作会社と提携して時代劇映画を製作してきた劇団前進座の戦後第1作目の時代劇作品。現代劇映画『どっこい生きてる』に続く戦後2作目。箱根風雲録 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕事人

    必殺仕事人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    序盤ではかつてないキャストの頻繁な入れ替わりが発生しており、まず鹿蔵(鴈治郎)が体調不良を理由に降板。次いで新元締・おとわ役に、山田五十鈴を迎えて、掟に厳しい元締の下で動く仕事人たちの緊張感に満ちたドラマを描くも、第21話で降板(非・主水シリーズの看板となっていた『からくり人』の新作の為に1クール分のスケジュールを空けていたと言われている)。必殺仕事人 フレッシュアイペディアより)

  • 杉村春子

    杉村春子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    成瀬巳喜男監督『流れる』で共演した山田五十鈴は、「あの映画の杉村さんの芝居は、ぜんぶ杉村さんがお考えになったもの。そういうことが許されるようになった時代です。それこそ役者の力量が問われる時代になってきたんです」と述べている。若尾文子は「杉村春子さんは特別な存在」と話し、杉村の代表作『華々しき一族』を熱望し2008年に演じた。杉村春子 フレッシュアイペディアより)

  • 三味線屋の勇次

    三味線屋の勇次から見た山田五十鈴山田五十鈴

    表の稼業は三味線屋。母であり裏稼業の師匠でもあるおりく(山田五十鈴)と共に、三味線の皮の張り替えや、端唄の出稽古で生計を立てている。三味線屋の勇次 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川一夫

    長谷川一夫から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1937年に東宝に移る約束をすると、松竹が雇った暴力団員に顔を切りつけられ、再起不能といわれたが、芸名を本名の長谷川一夫に戻し、山本嘉次郎監督の『藤十郎の恋』で入江たか子と共演、見事に復活する。『鶴八鶴次郎』など山田五十鈴との「黄金コンビ」でもヒットを飛ばす。その後、李香蘭と共演した『白蘭の歌』『支那の夜』など現代劇にも主演しヒットを続けた。長谷川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た山田五十鈴山田五十鈴

    女優主演賞 山田五十鈴『箱根風雲録』『現代人』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 婦系図

    婦系図から見た山田五十鈴山田五十鈴

    監督:マキノ正博、脚色:小国英雄、主演:長谷川一夫、山田五十鈴婦系図 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小春

    桂小春から見た山田五十鈴山田五十鈴

    初代 桂小春(1894年3月21日 - 昭和中期頃没) - 大阪出身。最初は演劇の世界に10代から入り山田九州男(山田五十鈴の父)の一座で中国大連に渡って俳優修行していたが、一座の解散に伴い仕方なく同地で何となく噺家になった。1914年に帰阪後は大連で知り合った笑福亭左鶴の門に入り笑福亭三代三を名乗って寿々女会に参加した。同派の解散後は初代桂春團治の門に入り小春を名乗り三友派に参加。事情あって1918年頃廃業し久保田清丈の一座の喜劇主任に転業した。2代目桂蝶ン平も名乗った時期があったという。本名、玉野博康。桂小春 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田洋

    藤田洋から見た山田五十鈴山田五十鈴

    遍歴 女優山田五十鈴 河出書房新社 1998.9藤田洋 フレッシュアイペディアより)

170件中 11 - 20件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する