211件中 21 - 30件表示
  • 佐久間良子

    佐久間良子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    秘密(共演:山田五十鈴 / 1960年、東映)佐久間良子 フレッシュアイペディアより)

  • 森光子

    森光子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    11月、文化勲章を授与される。女優からの勲章受章者は山田五十鈴以来2人目(杉村春子は辞退)。森はこれ以前の数年は、もしやの親授式に備えて文化の日には予定を入れなかったという。森光子 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た山田五十鈴山田五十鈴

    主演女優賞 山田五十鈴(『猫と庄造と二人のをんな』『流れる』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤嘉

    加藤嘉から見た山田五十鈴山田五十鈴

    加藤 嘉(かとう よし、本名;加藤 嘉、1913年1月12日 - 1988年3月1日)は、日本の俳優。東京市芝区新堀町(現在の東京都港区芝)生まれ。音読みでは「かとう か」と呼ばれる。前妻は山田五十鈴、後妻は女優の中村雅子。加藤嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 新演伎座

    新演伎座から見た山田五十鈴山田五十鈴

    新演伎座(しんえんぎざ)は、1942年(昭和17年)、俳優の長谷川一夫が山田五十鈴らと設立した日本の劇団であり、第二次世界大戦後、1948年(昭和23年)、長谷川が映画会社として改組した日本の劇団である。戦後の名称は株式会社新演伎座である。「新演技座」は誤り。新演伎座 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴子

    山田五十鈴子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京発声映画製作所

    東京発声映画製作所から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『女学生記』 : 製作重宗和伸、監督村田武雄、原作細川武子、脚本鈴木紀子、撮影吉田勝亮、音楽津川主一、主演谷間小百合、矢口陽子、戸川弓子、高峰秀子、山田五十鈴、御橋公東京発声映画製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 人間飢饉

    人間飢饉から見た山田五十鈴山田五十鈴

    伊丹は、前作『國士無双』のもつ諧謔と風刺の精神を継続し、片岡千恵蔵演じる主人公・平手造酒の孤独を描いた。千葉周作を市川小文治が演じ、ヒロインは前作に引き続き山田五十鈴、ほかにも前作に引き続き、高勢実乗、瀬川路三郎、渥美秀一郎、林誠之助、矢野武男、香川良介が出演している。人間飢饉 フレッシュアイペディアより)

  • 母なれば女なれば

    母なれば女なればから見た山田五十鈴山田五十鈴

    戦争未亡人の役を1950年5月26日に日本映画演劇労働組合への加入を発表した大女優 山田五十鈴が演じた。母なれば女なれば フレッシュアイペディアより)

  • 女ひとり大地を行く

    女ひとり大地を行くから見た山田五十鈴山田五十鈴

    日本炭鉱労働組合北海道地方本部加盟の炭鉱労働者が1人33円ずつ資金を出し合い、300万円の資金で製作された。1952年、北海道夕張市、釧路市の太平洋炭礦で長期ロケを開始。原ひさ子の証言にもとづくレポートによれば、製作経費の軽減と役作りのために、1952年9月26日に夕張炭鉱で始まった長期ロケでは炭坑労働者が暮らす炭坑長屋でスタッフ・キャストが寝泊まりをした。釧路市の太平洋炭礦では、主演の山田五十鈴も地元住民と交流。同年10月、岸旗江が太平洋炭礦をロケで訪れる。女ひとり大地を行く フレッシュアイペディアより)

211件中 21 - 30件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード