170件中 31 - 40件表示
  • 梶原金八

    梶原金八から見た山田五十鈴山田五十鈴

    監督萩原遼、原案山中貞雄、撮影河崎喜久三、美術考証岩田専太郎、主演河原崎長十郎、共演助高屋助蔵、清川玉枝、中村翫右衛門、山田五十鈴、高峰秀子、今成平九郎、瀬川菊之丞、橘小三郎、市川莚司、山崎島二郎、市川扇升、市川章次、山崎進蔵、市川進三郎、中村公三郎、中村進五郎、嵐芳三郎、阪東調右衛門、阪東みのる、千葉早智子、中村鶴蔵、市川笑太郎、沢村比呂志、市川菊之助、山崎長兵衛、市川岩五郎、沢村千代太郎、嵐敏夫梶原金八 フレッシュアイペディアより)

  • 曾根純三

    曾根純三から見た山田五十鈴山田五十鈴

    戦後1952年(昭和27年)、京都の新京極に戦前からある寄席「富貴」を経営したが2年ほどで手放した。1954年(昭和29年)には若杉光夫監督の山田五十鈴主演作『唐人お吉』を製作したが興行的に失敗、借財を背負ったという。曾根純三 フレッシュアイペディアより)

  • 立花家橘之助

    立花家橘之助から見た山田五十鈴山田五十鈴

    榎本滋民作・山田五十鈴主演の『たぬき』という舞台作品(大仏次郎の新歌舞伎たぬきとは別)は、この立花家橘之助を主人公としている。立花家橘之助 フレッシュアイペディアより)

  • 新興キネマ

    新興キネマから見た山田五十鈴山田五十鈴

    大谷竹次郎や白井信太郎らが設立に深く関わっており、事実上松竹の傍系会社であった。監督には伊丹万作、溝口健二、脚本家に当時新人の新藤兼人(監督デビューは戦後)、俳優には片岡千恵蔵、市川右太衛門、大友柳太朗、山田五十鈴、山路ふみ子、逢初夢子、河津清三郎、浦辺粂子、宇佐美淳、高田稔らが在籍した。子役時代の森光子も同社に籍を置いている。初期には嵐寛寿郎の寛プロや入江たか子の入江プロとも提携し、作品を配給した。1936年(昭和11年)、後の大映社長となる永田雅一が入社、京都撮影所長に就任した。新興キネマ フレッシュアイペディアより)

  • 西川左近

    西川左近から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1986年 - 10月、東京歌舞伎座で、父二世西川鯉三郎と所縁のある、十七代目中村勘三郎、十八代目中村勘三郎、二代目尾上松緑、(代役三代目尾上松緑)、山田五十鈴、山本富士子が特別出演。西川左近とその一門の門出を助ける。西川左近 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原朝馬

    吉原朝馬から見た山田五十鈴山田五十鈴

    明治期の女道楽の立花家橘之助を題材にした山田五十鈴の『たぬき』にも俳優で出演。劇団「朝馬座」も主宰。吉原朝馬 フレッシュアイペディアより)

  • 今泉善一

    今泉善一から見た山田五十鈴山田五十鈴

    運動方面では1946年、日本民主建築会の結成に梅田穣、図師嘉彦、海老原一郎ら旧創宇社系の建築家らと参加。さらに『全日本建築民主協議会』を結成。1947年、日本建築文化連盟と全日本建築民主協議会を母体にした建築運動団体、新日本建築家集団:New Architect's Union of Japan(NAU)結成に参加する。NAUは平松義彦が事務局長となり、今泉は道明や平松らと、平松の元上司である木村得三郎を頭に東京建築設計事務所を設立する。この事務所では過去に新興建築家連盟にも関わっている白鳥儀三郎の紹介で小学校の設計や、衣笠貞之助邸茶室、山田五十鈴の舞の稽古場などの設計が行なわれ、またNAUの事務局も置かれていたため、NAU経由で労働組合関連の仕事も事務所に舞い込み、新日本建築家集団設計委員会名義で千駄ヶ谷の全国造船労組会館や八幡製鉄労働組合會館に設計監理及現場監督スタッフの中心として設計に携わる。この委員会で1951年に設立される東京大学生産技術研究所の池辺陽と親しくなり、家も隣通しになるほどであった。その後生産技術研究所の外郭団体、財団法人建設工学研究会が発足し、設計委員会は新日本建築家集団が解散した後は同会が引継ぐ形で存続するが、東大池辺研究室とは実質上、一体であったという。この会には今泉も参加し、当時の防火帯建築に最初に携わっていく他、1957年には日本不燃建築研究所を設立し、同会の防火帯建築設計を引き継いでいく。今泉善一 フレッシュアイペディアより)

  • お登勢

    お登勢から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴:映画『満月三十石船』(1952年)お登勢 フレッシュアイペディアより)

  • 女ひとり大地を行く

    女ひとり大地を行くから見た山田五十鈴山田五十鈴

    日本炭鉱労働組合北海道地方本部加盟の炭鉱労働者が1人33円ずつ資金を出し合い、300万円の資金で製作された。1952年、北海道夕張市、釧路市の太平洋炭礦で長期ロケを開始。原ひさ子の証言にもとづくレポートによれば、製作経費の軽減と役作りのために、1952年9月26日に夕張炭鉱で始まった長期ロケでは炭坑労働者が暮らす炭坑長屋でスタッフ・キャストが寝泊まりをした。釧路市の太平洋炭礦では、主演の山田五十鈴も地元住民と交流。同年10月、岸旗江が太平洋炭礦をロケで訪れる。女ひとり大地を行く フレッシュアイペディアより)

  • 番場の忠太郎 (映画)

    番場の忠太郎 (映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    原作に忠実に映画化されているが、森繁久彌演じる関八州見回り役人と巡礼の姉妹が登場するオリジナルのエピソードを、冒頭の半次(三井弘次)一家の物語と後半の母・お浜(山田五十鈴)と忠太郎(若山富三郎)の再会の物語の間に挟み込み、三部構成の物語になっている。番場の忠太郎 (映画) フレッシュアイペディアより)

170件中 31 - 40件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する