211件中 31 - 40件表示
  • 新興キネマ

    新興キネマから見た山田五十鈴山田五十鈴

    大谷竹次郎や白井信太郎らが設立に深く関わっており、事実上松竹の傍系会社であった。白井信太郎は当初京都撮影所長であったが、のちに社長に就任した。監督には伊丹万作、溝口健二、脚本家に当時新人の新藤兼人(監督デビューは戦後)、俳優には片岡千恵蔵、市川右太衛門、大友柳太朗、山田五十鈴、山路ふみ子、逢初夢子、河津清三郎、浦辺粂子、宇佐美淳、高田稔らが在籍した。子役時代の森光子も同社に籍を置いている。初期には嵐寛寿郎の嵐寛寿郎プロダクション(寛プロ)や入江たか子の入江ぷろだくしょん(入江プロ)とも提携し、作品を配給した。1936年(昭和11年)、後の大映社長となる永田雅一が入社、京都撮影所長に就任した。新興キネマ フレッシュアイペディアより)

  • 番場の忠太郎 (映画)

    番場の忠太郎 (映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    原作に忠実に映画化されているが、森繁久彌演じる関八州見回り役人と巡礼の姉妹が登場するオリジナルのエピソードを、冒頭の半次(三井弘次)一家の物語と後半の母・お浜(山田五十鈴)と忠太郎(若山富三郎)の再会の物語の間に挟み込み、三部構成の物語になっている。番場の忠太郎 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 女優 (1947年の映画)

    女優 (1947年の映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『女優』(じょゆう)は、1947年(昭和22年)12月29日公開の日本映画である。東宝製作・配給。監督は衣笠貞之助、主演は山田五十鈴。モノクロ、スタンダード、115分。女優 (1947年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 藤田洋

    藤田洋から見た山田五十鈴山田五十鈴

    遍歴 女優山田五十鈴 河出書房新社 1998.9藤田洋 フレッシュアイペディアより)

  • 棺桶の錠

    棺桶の錠から見た山田五十鈴山田五十鈴

    仕事を終え、おりく(山田五十鈴)と勇次の二人に別れを告げ、オランダの商船に潜り込み、バタヴィアに密航の旅に出る。その後『仕事人アヘン戦争へ行く』で帰国しており、香港へ向かおうとする仕事人たちを付け狙う異人集団を撃退し、危機を救った。棺桶の錠 フレッシュアイペディアより)

  • 泉すず

    泉すずから見た山田五十鈴山田五十鈴

    婦系図(1942年公開、東宝製作)お蔦役、山田五十鈴泉すず フレッシュアイペディアより)

  • 福田晴一

    福田晴一から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『とどけ母の叫び』(『とゞけ母の叫び』) : 製作杉山茂樹、脚本依田義賢、主演山田五十鈴・田村高広、1959年9月6日公開(映倫番号 11362)福田晴一 フレッシュアイペディアより)

  • 東宝千一夜

    東宝千一夜から見た山田五十鈴山田五十鈴

    第二次世界大戦終戦後、1年が経過した1946年(昭和21年)11月、東宝争議がこじれ、このままでは映画の製作ができないと、組合を脱退した俳優・大河内傳次郎、長谷川一夫、黒川弥太郎、入江たか子、藤田進、花井蘭子、山田五十鈴、原節子、山根寿子、高峰秀子が「十人の旗の会」を結成、同様に組合を脱退した監督らスタッフが、東宝第二撮影所に設立したのが、新東宝の前身、新東宝映画製作所である。本作は、同製作所の第1回作品であり、東宝が本作を配給した。東宝千一夜 フレッシュアイペディアより)

  • 目ン無い千鳥

    目ン無い千鳥から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1940年(昭和15年)のゴールデンウィークに公開された、山田五十鈴主演の東宝映画「新妻鏡」の主題歌で、A面は「新妻鏡」であるが、映画内で挿入歌として効果的に使われたためA面よりもヒットした。目ン無い千鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 西川鯉三郎

    西川鯉三郎から見た山田五十鈴山田五十鈴

    女優でも新派の初代水谷八重子、山田五十鈴、京マチ子、淡島千景、山本富士子らにも、日本舞踊の指導をした。西川鯉三郎 フレッシュアイペディアより)

211件中 31 - 40件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード