211件中 41 - 50件表示
  • 光岡早苗

    光岡早苗から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『番場の忠太郎』 : 監督中川信夫、主演山田五十鈴・若山富三郎、製作・配給新東宝、1955年3月29日公開 - お登世、86分の上映用プリントをNFCが所蔵光岡早苗 フレッシュアイペディアより)

  • 津田類

    津田類から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『聞き書女優山田五十鈴』編 平凡社 1997津田類 フレッシュアイペディアより)

  • お父さんはお人好し 家に五男七女あり

    お父さんはお人好し 家に五男七女ありから見た山田五十鈴山田五十鈴

    『母三人』 - 監督:久松静児、主演:山田五十鈴お父さんはお人好し 家に五男七女あり フレッシュアイペディアより)

  • ジェラール・フィリップ

    ジェラール・フィリップから見た山田五十鈴山田五十鈴

    1953年(昭和28年)10月16日、日本で開催された「フランス映画祭」のため来日。当時は今と異なり、来日する欧米スターが少なかったことから、そのフィーバーぶりは並大抵のものではなかったという。京マチ子、田中絹代、三益愛子、山田五十鈴、池部良、木下惠介監督、早川雪洲ら日本映画界のスターたちも歓迎会に出席し、そのときのジェラールの印象について、高峰秀子は雑誌『映画の友』1954年1月号の記事に『逢へば逢ふ程、自然だし、見れば見る程、優雅だし、話せば話す程、そのデリカシイにはただただ感心するばかり、(中略)言ふなれば、「気に入っちゃった」である。(抜粋)』と残している。ジェラール・フィリップ フレッシュアイペディアより)

  • 梶原金八

    梶原金八から見た山田五十鈴山田五十鈴

    監督萩原遼、原案山中貞雄、撮影河崎喜久三、美術考証岩田専太郎、主演河原崎長十郎、共演助高屋助蔵、清川玉枝、中村翫右衛門、山田五十鈴、高峰秀子、今成平九郎、瀬川菊之丞、橘小三郎、市川莚司、山崎島二郎、市川扇升、市川章次、山崎進蔵、市川進三郎、中村公三郎、中村進五郎、嵐芳三郎、阪東調右衛門、阪東みのる、千葉早智子、中村鶴蔵、市川笑太郎、沢村比呂志、市川菊之助、山崎長兵衛、市川岩五郎、沢村千代太郎、嵐敏夫梶原金八 フレッシュアイペディアより)

  • 偽れる盛装

    偽れる盛装から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『肉体の盛装』は、近代映画協会の第1回作品として大映に企画を持ち込み、製作担当重役の川口松太郎に監督込みでシナリオを売り込むが、川口に「駄目だね。今時芸者ものなんてはやらんよ」と、にべもない返事で断られてしまった。続いて第三次東宝争議が終結したばかりの東宝と提携して製作し、山田五十鈴(君蝶役)、藤田泰子(妙子役)、志村喬(伊勢浜役)、森雅之(孝次役)の配役で、砧撮影所にセットを2杯作り、京都でロケを行うが、撮影の途中で労組員の大量解雇が発生し、ストライキのためスタッフの大半が京都から引き揚げてしまったため、製作は中止となった。次に企画は東横映画に持ち込むが、マキノ光雄の「うちのカラーには合わない」という意見で陽の目を見なかった。偽れる盛装 フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なる大泥棒!四丁目の刑事の家の間借人

    華麗なる大泥棒!四丁目の刑事の家の間借人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    立花真砂:山田五十鈴 - 清の母華麗なる大泥棒!四丁目の刑事の家の間借人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本橋きみ栄

    日本橋きみ栄から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1971年(昭和46年)には芸術祭賞優秀賞を受賞。1975年には山田五十鈴主演の舞台『たぬき』の音曲を担当し、大評判となった。1992年秋頃から体調を崩し、翌1993年1月には端唄の家元を退く。1993年(平成5年)10月9日急性心不全で死去、78歳だった。日本橋きみ栄 フレッシュアイペディアより)

  • 五月信子

    五月信子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    「日本座」のメンバーとして地方巡業に参加した後、1917年6月に劇団を離れ、武田正憲・諸口十九・高橋義信らが結成した「新演劇協会」に参加。『茶を作る家』、『椿姫』などを出し物に、各地を巡演する。翌1918年3月東京に戻り、井上正夫主宰の「女優劇」の一員として、浅草・吾妻座の舞台に立つ。同年11月、井上と関係があった松竹合名社に招かれて大阪に移り、大阪松竹所属の「新劇団現代劇」(関西新派)の女優となる。1919年2月の京都・明治座『路二つ』で諸口十九と共演した他、同年5月の神戸・中央劇場『太陽』でも諸口や勝見庸太郎を相手役に主演し、関西新派の幹部女優として活躍する。同年10月に辻野良一・三好栄子らとともに「新声劇」を結成し、『ある伝説の家』を出し物に大阪・道頓堀の弁天座で旗揚げ公演を行う。以後も関西各地を巡演し、大衆的人気を得る。翌1920年6月には山田九州男(山田五十鈴の父)・明石潮・岡本五郎・衣笠みどりらと「国華劇」を結成、弁天座で旗揚げ公演を行った。同じ頃、「新演劇協会」時代の仲間で、当時松竹所属の「成美団」の看板俳優であった高橋義信と結婚。同年11月、国際活映系列の「国際新劇団」に入る。五月信子 フレッシュアイペディアより)

  • 大映嵯峨野撮影所

    大映嵯峨野撮影所から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1934年(昭和9年)9月、日活京都撮影所の企画部長であった永田雅一が突如同社を退社、「第一映画社」を設立した。小説家の川口松太郎、映画監督の伊藤大輔、溝口健二、犬塚稔、女優の山田五十鈴、原駒子らが同社に参加、同社は、嵯峨野にある片岡千恵蔵プロダクションのステージをレンタルし、伊藤監督による同社設立第1作『建設の人々』を撮影した。同撮影所は、同年9月21日の室戸台風で壊滅してしまう。千恵プロは撮影所の復旧を行った。大映嵯峨野撮影所 フレッシュアイペディアより)

211件中 41 - 50件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード