170件中 41 - 50件表示
  • 東京発声映画製作所

    東京発声映画製作所から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『女学生記』 : 製作重宗和伸、監督村田武雄、原作細川武子、脚本鈴木紀子、撮影吉田勝亮、音楽津川主一、主演谷間小百合、矢口陽子、戸川弓子、高峰秀子、山田五十鈴、御橋公東京発声映画製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 満利江

    満利江から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴の三味線に感銘を受け三味線、そして日本舞踊を始める。三味線演奏の腕はたしかで、「およう」では富山の芸者役で三味線の弾き唄いをして注目をされる。その後も「ふみ子の海」や「新・愛の嵐」などで三味線の腕は活かされている。また、2005年、広島県福山市での舞台では彼女が三味線の師匠と崇拝している内海桂子が骨折していたため、彼女の三味線演奏を助け、漫才「銘鳥銘木」ではコンビを組み、観客を喜ばせたこともある他、双子のヴォーカルユニットのVOICEのバスツアーにもゲストとして出演し三味線の腕を披露している。満利江 フレッシュアイペディアより)

  • 瑳峨三智子

    瑳峨三智子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    瑳峨 三智子(さが みちこ、1935年3月1日 - 1992年8月19日)は、女優。俳優・月田一郎と女優・山田五十鈴との間の一人娘。京都府京都市出身。相模女子大学文学部中退。瑳峨三智子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤武郎

    伊藤武郎から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『武蔵坊弁慶』 : 監督渡辺邦男、撮影友成達雄、主演岡譲二・山田五十鈴、1942年 - 東宝映画東京撮影所伊藤武郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水金一

    清水金一から見た山田五十鈴山田五十鈴

    蔦 1940年 監督萩原遼、原作吉屋信子、音楽古賀政男、主演岡譲二、山田五十鈴、共演清川虹子、若原春江 ※東京作品清水金一 フレッシュアイペディアより)

  • 入江たか子

    入江たか子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    家族の不幸や自身の病気により戦後は人気が下降し、怪談映画の「化け猫女優」として名をはせた。高峰秀子は自著『私の渡世日記』のなかで、原節子・山田五十鈴とともに日本映画史上の三大美人だと述べている。入江たか子 フレッシュアイペディアより)

  • おりく

    おりくから見た山田五十鈴山田五十鈴

    おりくは、「必殺シリーズ」に登場した仕事人の元締。初登場作品は『新・必殺仕事人』。山田五十鈴が演じた。おりく フレッシュアイペディアより)

  • 大映嵯峨野撮影所

    大映嵯峨野撮影所から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1934年(昭和9年)9月、日活京都撮影所の企画部長であった永田雅一が突如同社を退社、「第一映画社」を設立した。小説家の川口松太郎、映画監督の伊藤大輔、溝口健二、犬塚稔、女優の山田五十鈴、原駒子らが同社に参加、同社は、嵯峨野にある片岡千恵蔵プロダクションのステージをレンタルし、伊藤監督による同社設立第1作『建設の人々』を撮影した。同撮影所は、同年9月21日の室戸台風で壊滅してしまう。千恵プロは撮影所の復旧を行った。大映嵯峨野撮影所 フレッシュアイペディアより)

  • 森野鍛冶哉

    森野鍛冶哉から見た山田五十鈴山田五十鈴

    忠臣蔵 前篇 1939年 監督滝沢英輔、製作森田信義、脚本三村伸太郎、主演大河内伝次郎、共演長谷川一夫、黒川弥太郎、入江たか子、山田五十鈴、千葉早智子、古川緑波、榎本健一、横山エンタツ、花菱アチャコ、柳田貞一、小沢栄 ※「宗匠宗遍」役森野鍛冶哉 フレッシュアイペディアより)

  • 沓掛時次郎

    沓掛時次郎から見た山田五十鈴山田五十鈴

    三蔵の女房おきぬ:山田五十鈴沓掛時次郎 フレッシュアイペディアより)

170件中 41 - 50件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する