211件中 51 - 60件表示
  • CRぱちんこ必殺仕事人IV

    CRぱちんこ必殺仕事人IVから見た山田五十鈴山田五十鈴

    おりく(山田五十鈴)※本機では「三味線のおりく」としてクレジットCRぱちんこ必殺仕事人IV フレッシュアイペディアより)

  • 金原亭馬の助

    金原亭馬の助から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1975年12月 - 山田五十鈴の『たぬき』の再演中に入院。金原亭馬の助 フレッシュアイペディアより)

  • 我が家は楽し

    我が家は楽しから見た山田五十鈴山田五十鈴

    植村なみ子 - 山田五十鈴: 孝作の妻。結婚25年。内職で家計を支える糟糠の妻。朋子に自分の夢を託している。我が家は楽し フレッシュアイペディアより)

  • 大倉千代子

    大倉千代子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1933年(昭和8年)には、日活太秦撮影所(のちの日活京都撮影所と同一)に移籍、「大倉 千代子」と改名して、山中貞雄監督の『盤嶽の一生』に出演、同作は同年6月15日公開に公開された。1934年(昭和9年)8月に永田雅一が設立した第一映画に移籍、数作に出演したが、なかでも1935年(昭和10年)10月31日に公開された溝口健二監督の『虞美人草』では「小夜子」役を演じ、降板した山田五十鈴の代役を務め、溝口の弟子の女性監督・坂根田鶴子の初監督作『初姿』では主役に抜擢され、同作は翌年3月5日に公開されている。大倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 1956年の映画

    1956年の映画から見た山田五十鈴山田五十鈴

    主演女優賞 - 山田五十鈴(『母子像』『猫と庄造と二人のをんな』『流れる』)1956年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 橋づくし

    橋づくしから見た山田五十鈴山田五十鈴

    出演:香川京子、山田五十鈴、渡辺美佐子、京塚昌子、七尾伶子、桜むつ子、坂本武、ほか橋づくし フレッシュアイペディアより)

  • キン (トキ)

    キン (トキ)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1990年には、公共広告機構によって『たった2羽からの提言』という題で命への思いやりのなさを警告したCMが放送された。ナレーションは山田五十鈴キン (トキ) フレッシュアイペディアより)

  • 西川左近

    西川左近から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1986年 - 10月、東京歌舞伎座で、父二世西川鯉三郎と所縁のある、十七代目中村勘三郎、十八代目中村勘三郎、二代目尾上松緑、(代役三代目尾上松緑)、山田五十鈴、山本富士子が特別出演。西川左近とその一門の門出を助ける。西川左近 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原朝馬

    吉原朝馬から見た山田五十鈴山田五十鈴

    明治期の女道楽の立花家橘之助を題材にした山田五十鈴の『たぬき』にも俳優で出演。劇団「朝馬座」も主宰。吉原朝馬 フレッシュアイペディアより)

  • 吉松安弘

    吉松安弘から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1961年 - 『用心棒』(監督:黒澤明、出演:三船敏郎、仲代達矢、司葉子、山田五十鈴、配給:東宝・黒澤プロ)吉松安弘 フレッシュアイペディアより)

211件中 51 - 60件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード