170件中 61 - 70件表示
  • 訃報 2012年 7月

    訃報 2012年 7月から見た山田五十鈴山田五十鈴

    7月9日 - 山田五十鈴、日本の女優、文化勲章受章者(* 1917年)訃報 2012年 7月 フレッシュアイペディアより)

  • 久松三津枝

    久松三津枝から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『山田五十鈴 映画とともに』、山田五十鈴、日本図書センター、2000年11月25日 ISBN 4820559559久松三津枝 フレッシュアイペディアより)

  • 大当り狸御殿

    大当り狸御殿から見た山田五十鈴山田五十鈴

    原案:川村花菱/脚本:井手俊郎/監督:久松静児/主演:山田五十鈴大当り狸御殿 フレッシュアイペディアより)

  • カネボウ化粧品

    カネボウ化粧品から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴 - レディ80エビータ、フローテス、フェアクレアカネボウ化粧品 フレッシュアイペディアより)

  • 飾り職人の秀

    飾り職人の秀から見た山田五十鈴山田五十鈴

    登場初期は、若さゆえにしばしば感情的に暴走しがちな熱血漢で、中村主水(藤田まこと)、畷左門(伊吹吾郎)、おとわ(山田五十鈴)といった落ち着いたキャラとは対照的な立場で描かれていた。若い時は仕事人の自覚に欠け、主水や左門やおとわから制裁や叱責を受ける時もあったが、自身も後輩の西順之助(ひかる一平)などに行い継承して行くことになる。しかし時を経るごとに角が取れていき、やがて主水とも対等に話せる大人の男へと成長していった。『必殺仕事人・激突!』においては、夢次(中村橋之助)や脇役登場人物を、若造・ガキ扱いするセリフもあった。しかし、その反面ではさだ(麻丘めぐみ)に対して同じ仕事人である夫と娘を死なせてしまった後ろめたさで悩む一面もあった。飾り職人の秀 フレッシュアイペディアより)

  • 女たちの忠臣蔵

    女たちの忠臣蔵から見た山田五十鈴山田五十鈴

    おりん(三味線の師匠):山田五十鈴女たちの忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た山田五十鈴山田五十鈴

    9月22日「この人山田五十鈴ショー」この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 朝日賞

    朝日賞から見た山田五十鈴山田五十鈴

    谷崎潤一郎 (1948年) - 日本交響楽団 (1951年) - 吉川英治 (1955年) - 梅原龍三郎 (1956年) - 大佛次郎 (1964年) - 棟方志功 (1964年) - 丹下健三 (1964年) - 黒澤明 (1965年) - 杉村春子 (1968年) - 水谷八重子 (1972年) - 市川房枝 (1972年) - 荒畑寒村 (1974年) - 大岡昇平 (1975年) - 新藤兼人 (1975年) - 朝比奈隆 (1978年) - 土門拳 (1978年) - 野上弥生子 (1980年) - 財団法人大原美術館 (1980年) - 石川淳 (1981年) - 司馬遼太郎 (1982年) - 井上靖 (1984年) - 武満徹 (1984年) - 木下順二 (1985年) - 小澤征爾 (1985年) - 磯崎新 (1987年) - 手塚治虫 (1987年) - 森英恵 (1987年) - 朝倉摂 (1988年) - 野間宏 (1988年) - 山口誓子 (1988年) - 松本清張 (1989年) - 森下洋子 (1989年) - 吉田秀和 (1990年) - 三岸節子(1990年) - 三宅一生 (1991年) - 安岡章太郎 (1991年) - 加藤楸邨 (1991年) - 陳舜臣 (1992年) - 加藤周一(1993年) - 藤沢周平 (1993年) - 山田五十鈴 (1993年) - 堀田善衛 (1994年) - 大江健三郎 (1994年) - 安藤忠雄 (1994年) - 谷川俊太郎 (1995年) - 丸木位里、丸木俊 (1995年) - 桂米朝 (1995年) - 大岡信 (1996年) - 山田洋次 (1996年) - 吉田玉男 (1997年) - まどみちお (1997年) - 田中一光 (1998年) - 蜷川幸雄 (1999年) - 井上ひさし (2000年) - 草間彌生 (2000年) - 茂山千作 (2000年) - 宮崎駿 (2001年) - 石牟礼道子 (2001年) - 川久保玲 (2002年) - 城山三郎 (2002年) - 平山郁夫 (2003年) - 丸谷才一 (2003年) - 岩城宏之 (2005年) - 小沢昭一 (2005年) - 林京子 (2005年) - 田辺聖子 (2006年) - 野村万作 (2006年) - 村上春樹 (2006年) - 石井桃子 (2007年) - 竹本住大夫 (2007年) - 澤地久枝 (2008年) - 別役実 (2008年) - 伊東豊雄 (2009年) - 野田秀樹 (2009年) - 池澤夏樹 (2010年) - 横尾忠則 (2011年) - 冨田勲 (2011年) - 唐十郎 (2012年)朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日芸術賞

    毎日芸術賞から見た山田五十鈴山田五十鈴

    第16回(1974年)荒正人(『漱石研究年表』)、山田五十鈴毎日芸術賞 フレッシュアイペディアより)

  • 月形半平太

    月形半平太から見た山田五十鈴山田五十鈴

    月形半平太 1952年 監督内出好吉、脚本永江勇・鈴木兵吾、主演市川右太衛門、山田五十鈴、製作松竹京都撮影所月形半平太 フレッシュアイペディアより)

170件中 61 - 70件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する