211件中 71 - 80件表示
  • びいどろで候〜長崎屋夢日記

    びいどろで候〜長崎屋夢日記から見た山田五十鈴山田五十鈴

    お鈴:山田五十鈴(第4話、第5話、第11話?)びいどろで候〜長崎屋夢日記 フレッシュアイペディアより)

  • 組紐屋の竜

    組紐屋の竜から見た山田五十鈴山田五十鈴

    初登場時は花屋の政(村上弘明)とコンビを組んで、裏の仕事を請け負っていたようで「お前たちと組むのは、これっきりだ」と中村主水(藤田まこと)、加代(鮎川いずみ)、西順之助(ひかる一平)、おりく(山田五十鈴)たちと組むつもりは無かったようであった。特に役人の主水を警戒していたが、徐々に信頼するようになる。組紐屋の竜 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪の塊

    脂肪の塊から見た山田五十鈴山田五十鈴

    この他、日本でも川口松太郎により、普仏戦争を西南戦争に置き換え、「乗合馬車」として新派の戯曲になっている。「乗合馬車」は1935年に溝口健二により「マリヤのお雪」という題名で映画化され、脂肪の塊(映画ではお雪)を山田五十鈴が演じている。脂肪の塊 フレッシュアイペディアより)

  • 大地震 (1974年の映画)

    大地震 (1974年の映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    東京・有楽座での上映は1974年暮れ(正月映画)であったが、隣の東宝会館4階・芸術座では山田五十鈴が座長として『たぬき』を上演しており、最初の上映で本物の地震かと思った山田五十鈴は激怒し、以後音響効果は他の劇場と比べると弱める形での上映となった。大地震 (1974年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 不忍鏡子

    不忍鏡子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『母子像』 : 監督佐伯清、原作久生十蘭、脚本植草圭之助、主演山田五十鈴、製作東映東京撮影所、配給東映、1956年6月1日公開 - 「不忍郷子」名義で出演、87分の上映用プリントをNFCが所蔵不忍鏡子 フレッシュアイペディアより)

  • ぼんち (小説)

    ぼんち (小説)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    勢以(喜久治の母):山田五十鈴ぼんち (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 國士無双

    國士無双から見た山田五十鈴山田五十鈴

    本作は、片岡千恵蔵が代表を務める片岡千恵蔵プロダクションが製作、嵯峨野の自社撮影所でセット撮影が行われた。当時満27歳であった主演の片岡の相手役・お八重役を務めた山田五十鈴は、日活京都撮影所所属の女優であり、当時満14歳であった。お八重の父・本物の伊勢伊勢守(いせ いせのかみ)演じた高勢実乗は、おなじく日活京都撮影所の所属俳優であり当時満41歳、1915年(大正4年)以来17年の映画界でのキャリアがあった。仙人を演じた伴淳三郎も、同撮影所の所属俳優であり、当時は千恵蔵より若くまだ満24歳であり、本作の出演ののちには東京の大都映画に移籍している。角力する武士を演じた中村紅果までが日活所属であり、出演者のなかで片岡千恵蔵プロダクション所属であったのは、瀬川路三郎、沢村寿三郎、香川良介、渥美秀一郎、林誠之助、矢野武男、新人の白川小夜子である。スタッフについては、監督の伊丹、脚本の伊勢野以外では、同プロダクション所属の撮影技師・石本秀雄のほかの人物についての資料もなく、不明である。國士無双 フレッシュアイペディアより)

  • 弥生館

    弥生館から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1950年(昭和25年)の一年間の映画観覧者は洋画1,466人、邦画107,441人であった。『全国映画館総覧 1953年版』によると、1953年(昭和28年)の安城市には弥生館と安城座の2館の映画館があった。『全国映画館総覧 1955年版』によると、1955年(昭和30年)の安城市にも弥生館と安城座の2館の映画館があり、弥生館の座席数は398席、一方で安城座は852席だった。1958年頃には島田正吾・山田五十鈴主演の『夏祭り三度笠』を上映した。弥生館 フレッシュアイペディアより)

  • 松井須磨子

    松井須磨子から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『女優』(1947年映画、東宝)衣笠貞之助監督、山田五十鈴主演・土方与志(島村抱月)ほか松井須磨子 フレッシュアイペディアより)

  • 下元勉

    下元勉から見た山田五十鈴山田五十鈴

    下元 勉(しももと つとむ、1917年10月2日 - 2000年11月29日)は、高知県出身の俳優。元妻は山田五十鈴下元勉 フレッシュアイペディアより)

211件中 71 - 80件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード