170件中 71 - 80件表示
  • どん底 (1957年の映画)

    どん底 (1957年の映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴 - お杉(大家の女房)どん底 (1957年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • びいどろで候〜長崎屋夢日記

    びいどろで候〜長崎屋夢日記から見た山田五十鈴山田五十鈴

    お鈴:山田五十鈴(第4話、第5話、第11話?)びいどろで候〜長崎屋夢日記 フレッシュアイペディアより)

  • 野上龍雄

    野上龍雄から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『新・必殺からくり人・東海道五十三次殺し旅』(1977年?1978年)出演:近藤正臣・芦屋雁之助・山田五十鈴野上龍雄 フレッシュアイペディアより)

  • 用心棒

    用心棒から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴 (清兵衛の女房おりん)用心棒 フレッシュアイペディアより)

  • 島田正吾

    島田正吾から見た山田五十鈴山田五十鈴

    1951年(昭和26年)、山田五十鈴を相手役に『夏祭三度笠』で映画に初出演。以後、舞台でのヒット作を映画化した。1955年(昭和30年)の主演作『風雲三条河原』では幕末の志士・岡田以蔵役を演じる。NHK大河ドラマ『勝海舟』(1974年(昭和48年))、連続テレビ小説『ひらり』(1992年(平成4年))などテレビドラマにも多数出演した。島田正吾 フレッシュアイペディアより)

  • 花嫁のれん

    花嫁のれんから見た山田五十鈴山田五十鈴

    主演は羽田美智子・野際陽子で、羽田は本作が昼ドラ初出演・初主演となる。野際は前クール(2010年4月-9月)もNHK総合の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』にも出演(ただし、ほとんどがナレーションとして出演)しており、実質3クール連続で帯ドラマに出演する。また第1シリーズ当時74歳、第2シリーズ当時75歳での主演は、東海テレビの昼ドラでは1977年放送の『つくしんぼ』に当時60歳で主演した山田五十鈴を上回り、過去最年長となった。キャッチコピーは、「百年の伝統とアラフォーの意地。」(第1シリーズ)、「おまたせいたしました。おもてなしの心をご堪能くださいませ。」「おもてなしの心は、国境を超える。」(第2シリーズ)。花嫁のれん フレッシュアイペディアより)

  • 遠山満

    遠山満から見た山田五十鈴山田五十鈴

    遙かなり母の国 1950年 監督伊藤大輔、原作川口松太郎、脚本依田義賢、主演早川雪州、山田五十鈴 ※大映東京撮影所遠山満 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のテレビ (日本)

    1978年のテレビ (日本)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    必殺からくり人・富嶽百景殺し旅(第13作。出演:沖雅也、山田五十鈴、芦屋雁之助 他)1978年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のテレビ (日本)

    1976年のテレビ (日本)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    必殺からくり人(第8作。出演:山田五十鈴、緒形拳、芦屋雁之助、ジュディ・オング、森田健作 他)1976年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴(女優。八代亜紀の曲紹介)第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

170件中 71 - 80件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する