211件中 81 - 90件表示
  • 今泉善一

    今泉善一から見た山田五十鈴山田五十鈴

    運動方面では1946年、日本民主建築会の結成に梅田穣、図師嘉彦、海老原一郎ら旧創宇社系の建築家らと参加。さらに『全日本建築民主協議会』を結成。1947年、日本建築文化連盟と全日本建築民主協議会を母体にした建築運動団体、新日本建築家集団:New Architect's Union of Japan(NAU)結成に参加する。NAUは平松義彦が事務局長となり、今泉は道明や平松らと、平松の元上司である木村得三郎を頭に東京建築設計事務所を設立する。この事務所では過去に新興建築家連盟にも関わっている白鳥儀三郎の紹介で小学校の設計や、衣笠貞之助邸茶室、山田五十鈴の舞の稽古場などの設計が行なわれ、またNAUの事務局も置かれていたため、NAU経由で労働組合関連の仕事も事務所に舞い込み、新日本建築家集団設計委員会名義で千駄ヶ谷の全国造船労組会館や八幡製鉄労働組合會館に設計監理及現場監督スタッフの中心として設計に携わる。この委員会で1951年に設立される東京大学生産技術研究所の池辺陽と親しくなり、家も隣通しになるほどであった。その後生産技術研究所の外郭団体、財団法人建設工学研究会が発足し、設計委員会は新日本建築家集団が解散した後は同会が引継ぐ形で存続するが、東大池辺研究室とは実質上、一体であったという。この会には今泉も参加し、当時の防火帯建築に最初に携わっていく他、1957年には日本不燃建築研究所を設立し、同会の防火帯建築設計を引き継いでいく。今泉善一 フレッシュアイペディアより)

  • ひろしま (映画)

    ひろしま (映画)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    映画の撮影は、被爆者・広島市民との交流の中で撮影が行われた。1953年5月26日、山田五十鈴は広島市中区鉄砲町に被爆体験を描く画家・福井芳郎を訪ね、体験に耳を傾けた。6月5日には河原崎しづ江、加藤嘉ら出演者4人が広島赤十字・原爆病院に入院患者を見舞った。6月15日、広島市立翠町中学校の工作室で原爆投下前後のシーンの撮影を開始。7月16日と7月17日、山田ら俳優、スタッフも参加して、原爆孤児救済募金のため「芸能の夕」が、基町の児童文化会館で開催された。ひろしま (映画) フレッシュアイペディアより)

  • おりく

    おりくから見た山田五十鈴山田五十鈴

    おりくは、必殺シリーズに登場した仕事人の元締。初登場作品は『新・必殺仕事人』。山田五十鈴が演じた。おりく フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢修

    滝沢修から見た山田五十鈴山田五十鈴

    民藝の二本柱の滝沢と宇野は「剛の滝沢、柔の宇野」と称された。気さくで軽妙な性格の宇野に対して、滝沢は完璧主義・気難しい性格といわれたが、演劇に対する真摯な姿勢は山田五十鈴、米倉斉加年ら多くの俳優を育てている。また市村正親ら多くの俳優が滝沢の演技に影響を受け俳優を志した。滝沢修 フレッシュアイペディアより)

  • 沓掛時次郎

    沓掛時次郎から見た山田五十鈴山田五十鈴

    三蔵の女房おきぬ:山田五十鈴沓掛時次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊海田弘

    伊海田弘から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『おしどりの間』 : 監督木村恵吾、原作舟橋聖一、脚本長瀬喜伴・木村恵吾、主演山田五十鈴、製作東京映画、配給東宝、1956年12月19日公開伊海田弘 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯秀男

    佐伯秀男から見た山田五十鈴山田五十鈴

    『上海の月』 : 監督成瀬巳喜男、原案松崎啓次、脚本山形雄策、主演山田五十鈴、製作東宝映画東京撮影所・中華電影公司、配給東宝映画、1941年7月1日公開 - 出演・「小島雄二」役佐伯秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年のテレビ (日本)

    1965年のテレビ (日本)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    河内カルメン(読売テレビ、主演:山田五十鈴1965年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • にごりえ

    にごりえから見た山田五十鈴山田五十鈴

    1961年:NECサンデー劇場(NET) - 脚本:水木洋子、演出:山本隆則、出演:山田五十鈴、北村和夫、織田政雄、赤木蘭子、藤田安男、鈴木光枝、内田礼子にごりえ フレッシュアイペディアより)

  • 夕やけ雲

    夕やけ雲から見た山田五十鈴山田五十鈴

    誠二の母・喜代:山田五十鈴夕やけ雲 フレッシュアイペディアより)

211件中 81 - 90件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード