170件中 81 - 90件表示
  • 土田早苗

    土田早苗から見た山田五十鈴山田五十鈴

    山田五十鈴主演「日本美女絵巻 愛染め高尾」(1995年、帝国劇場)土田早苗 フレッシュアイペディアより)

  • 東宝千一夜

    東宝千一夜から見た山田五十鈴山田五十鈴

    第二次世界大戦終戦後、1年が経過した1946年(昭和21年)11月、東宝争議がこじれ、このままでは映画の製作ができないと、組合を脱退した俳優・大河内傳次郎、長谷川一夫、黒川弥太郎、入江たか子、藤田進、花井蘭子、山田五十鈴、原節子、山根寿子、高峰秀子が「十人の旗の会」を結成、同様に組合を脱退した監督らスタッフが、東宝第二撮影所に設立したのが、新東宝の前身、新東宝映画製作所である。本作は、同製作所の第1回作品であり、東宝が本作を配給した。東宝千一夜 フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なる大泥棒!四丁目の刑事の家の間借人

    華麗なる大泥棒!四丁目の刑事の家の間借人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    立花真砂(清の母):山田五十鈴華麗なる大泥棒!四丁目の刑事の家の間借人 フレッシュアイペディアより)

  • 新 必殺からくり人

    新 必殺からくり人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    シリーズ第8作目である『必殺からくり人』とはキャスト(緒形拳、山田五十鈴、芦屋雁之助、ジュディ・オング)以外の関連性はないが、からくり人の花乃屋仇吉の昔の名である「お艶」を使うなどそのイメージを受け継いでいる。新 必殺からくり人 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕舞人

    必殺仕舞人から見た山田五十鈴山田五十鈴

    キャストでは、草笛光子、山田五十鈴に続く女元締を登場させ、これに京マチ子を主演として迎えた。そして新劇出身の俳優、ベテランの高橋悦史と若手の本田博太郎を起用した。また、過去シリーズで主題歌を担当し、いくつかの作品でゲスト出演していた西崎みどりがレギュラーキャラクターとして初めてシリーズに加わり、以後『必殺橋掛人』までの非主水シリーズに参加した。必殺仕舞人 フレッシュアイペディアより)

  • (秘) 必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族

    (秘) 必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族から見た山田五十鈴山田五十鈴

    村上秀夫は、三田村の映画デビュー作『限りなく透明に近いブルー』の原作者(兼監督)である村上龍。長谷川加代は長谷川一夫。山田勇次はおりく役の山田五十鈴から、それぞれ拝借している。(秘) 必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族 フレッシュアイペディアより)

  • 西川鯉三郎

    西川鯉三郎から見た山田五十鈴山田五十鈴

    女優でも新派の初代水谷八重子、山田五十鈴、京マチ子、淡島千景、山本富士子らにも、日本舞踊の指導をした。西川鯉三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 葵徳川三代

    葵徳川三代から見た山田五十鈴山田五十鈴

    主演の津川雅彦、西田敏行をはじめ、江守徹、小川真由美、草笛光子、山田五十鈴、岩下志麻等ベテラン名優達の「演技と演技の激突」がドラマを盛り上げ、20世紀最後の大河ドラマに相応しい重厚さと風格を示した。主要キャストの平均年齢が高い一方で、家光の少年時代を演じた山田孝之の他、神木隆之介、松本まりか、福田麻由子など、後にドラマや映画で活躍する若手俳優が子役として多数出演した。6年後の大河ドラマ『功名が辻』に主演することになる仲間由紀恵も、最終回にお楽の方役で出演した。他にも、石田太郎、津嘉山正種、佐々木功(現:ささきいさお)、磯部勉、菅生隆之、岩崎ひろし、寺杣昌紀(現:てらそままさき)、森田順平ら、声優でも活躍する役者陣が多く起用されたのも特徴である。なお、光圀の与力である「助さん・格さん」は女優が演じた。これは「戦国時代に比較し、光圀の時代の武士は骨格が華奢になっていた事を表現するためである」とジェームス三木は語っている。葵徳川三代 フレッシュアイペディアより)

  • 治承・寿永の乱を題材とした作品

    治承・寿永の乱を題材とした作品から見た山田五十鈴山田五十鈴

    監督:野淵昶、主演:山田五十鈴(静御前)治承・寿永の乱を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • ストリーム (TBSラジオ)

    ストリーム (TBSラジオ)から見た山田五十鈴山田五十鈴

    町山が「ナスティ・サンチェス」というアメリカの俗語の意味を説明したとき、番組史上唯一、音声がカットされた(大半の単語が、はさみで切る音に変わっていた。この回が録音だったのかは不明)。なお、町山の登場回でゲスト出演した友人が、「キヤノンのプリンターの商品名『Wonder BJ』は、アメリカでは『すごいフェラチオ』という意味になる」と説明した時は、そのまま放送されポッドキャストにも収録された。ちなみに吉田豪の初出演のとき(UCCスーパーセッション時代)、大物俳優が女優の“マン拓"をとると言ったが、プロデューサーが副調整室で「セーフ」のポーズを出して、そのまま放送された。ストリーム (TBSラジオ) フレッシュアイペディアより)

170件中 81 - 90件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する