362件中 11 - 20件表示
  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た杉村春子

    戦前から戦後にかけて活躍した、昭和期を代表する映画女優の1人である。時代劇映画の娘役を経て、溝口健二監督の『祇園の姉妹』で地位を確立。以来、優れた演技力で数多くの名作に出演した。1960年代以降は舞台女優として活動し、水谷八重子、杉村春子とともに「三大女優」と呼ばれた。また、テレビドラマ『必殺シリーズ』では女元締のおりくを演じて人気を得た。2000年(平成12年)に女優として初めての文化勲章を受章した(ただし、受章辞退者を含めれば杉村春子が初)。これまでに月田一郎、滝村和男、加藤嘉、下元勉との結婚歴がある。女優の嵯峨三智子は月田との間に生まれた娘である。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た東映

    その間、娘の瑳峨三智子が東映に入社し、母娘が再会する。しかし、瑳峨は自分を棄てた山田を憎み撮影所で会ったときも母のことを「山田さん」と呼んでいたとされる。そのわだかまりは、瑳峨が山田より先に死を迎えるその日までついに消えなかった。1954年(昭和29年)2月、加藤と家庭と仕事の不成立を理由に協議離婚。その直後に下元勉と結婚するが数年で離婚。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た草笛光子

    葬儀には、生前に山田を慕っていた俳優らでつくる「養子会」のメンバーである市村正親、西郷輝彦、榎木孝明、萬田久子を始め、司葉子、浜木綿子、三田佳子、草笛光子、北大路欣也、平幹二朗、中条きよし、池上季実子、佐久間良子、宇津井健、八千草薫、朝丘雪路、富司純子、江波杏子、山本陽子、三浦布美子、石井ふく子、中村メイコ、坂東三津五郎、南果歩、沢口靖子、など600名が参列した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た瑳峨三智子

    戦前から戦後にかけて活躍した、昭和期を代表する映画女優の1人である。時代劇映画の娘役を経て、溝口健二監督の『祇園の姉妹』で地位を確立。以来、優れた演技力で数多くの名作に出演した。1960年代以降は舞台女優として活動し、水谷八重子、杉村春子とともに「三大女優」と呼ばれた。また、テレビドラマ『必殺シリーズ』では女元締のおりくを演じて人気を得た。2000年(平成12年)に女優として初めての文化勲章を受章した(ただし、受章辞退者を含めれば杉村春子が初)。これまでに月田一郎、滝村和男、加藤嘉、下元勉との結婚歴がある。女優の嵯峨三智子は月田との間に生まれた娘である。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た市原悦子

    1976年(昭和51年)5月、帝国劇場で上演。藤本義一作・津村健二演出。共演は三橋美智也(大村源七)、13世片岡仁左衛門(岡田富造)、市原悦子(米原りつ)、赤木春恵(山根菊)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た高峰秀子

    1946年(昭和21年)、豊田四郎監督の『檜舞台』が戦後第1作となり、戦中の『芝居道』以来共演のなかった長谷川とコンビを復活した。次いで衣笠貞之助監督の『或る夜の殿様』に出演し、同時に衣笠とも恋愛関係を結んだ。同年10月、第2次東宝争議が発生。ストに反対する大河内に同調して、長谷川、高峰秀子、藤田進、黒川弥太郎、入江たか子、原節子、山根寿子、花井蘭子とともに十人の旗の会を結成して日本映画演劇労働組合(略称:日映演)傘下の東宝従業員組合を脱退。これが元で翌1947年(昭和22年)3月に新東宝映画製作所が創立された。しかし、すぐにその脱退組を離れてフリーとなり、製作が再開された東宝で衣笠監督の『女優』に松井須磨子役で主演した。この頃、妻子ある衣笠と経堂に新居を建て、同棲生活をしている。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た江守徹

    1981年(昭和56年)5月、帝国劇場で上演。榎本滋民作・演出。共演は江守徹(倉地政之助)、江原真二郎(平賀源内)、朝丘雪路(お藤)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た佐久間良子

    葬儀には、生前に山田を慕っていた俳優らでつくる「養子会」のメンバーである市村正親、西郷輝彦、榎木孝明、萬田久子を始め、司葉子、浜木綿子、三田佳子、草笛光子、北大路欣也、平幹二朗、中条きよし、池上季実子、佐久間良子、宇津井健、八千草薫、朝丘雪路、富司純子、江波杏子、山本陽子、三浦布美子、石井ふく子、中村メイコ、坂東三津五郎、南果歩、沢口靖子、など600名が参列した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た森光子

    1969年(昭和44年)初演。川端康成作・榎本滋民演出。初演時の共演は森光子(栗本ちか子)、村松英子(太田文子)、林与一(三谷菊治)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た涼風真世

    2001年(平成13年)、芸術座で上演。石井ふく子原案・演出。共演は京マチ子、榎木孝明、和泉雅子、涼風真世など。最後の舞台作品。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

362件中 11 - 20件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード