104件中 41 - 50件表示
  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見たたぬき

    また、1959年(昭和34年)には新劇合同公演『関漢卿』へ出演、歌舞伎役者の中村歌右衛門 (6代目)や尾上松緑 (2代目)との共演を機に、1963年(昭和38年)東宝演劇部の専属契約を結び、活動の場が舞台中心へと移る。同年、『香華』『丼池』『明智光秀』でテアトロン賞を受賞し、1974年(昭和49年)『たぬき』で芸術祭大賞、毎日芸術賞を受賞、1977年に『愛染め高尾』、1983年には『太夫さん』で芸術祭大賞を受賞している。若手の邦楽家や役者に三味線やお囃子を発表する会『東宝たぬき会』を立ち上げ、中村又五郎と共に指導を行っていた。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た関漢卿

    また、1959年(昭和34年)には新劇合同公演『関漢卿』へ出演、歌舞伎役者の中村歌右衛門 (6代目)や尾上松緑 (2代目)との共演を機に、1963年(昭和38年)東宝演劇部の専属契約を結び、活動の場が舞台中心へと移る。同年、『香華』『丼池』『明智光秀』でテアトロン賞を受賞し、1974年(昭和49年)『たぬき』で芸術祭大賞、毎日芸術賞を受賞、1977年に『愛染め高尾』、1983年には『太夫さん』で芸術祭大賞を受賞している。若手の邦楽家や役者に三味線やお囃子を発表する会『東宝たぬき会』を立ち上げ、中村又五郎と共に指導を行っていた。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た毎日映画コンクール

    1952年(昭和27年)に『現代人』『箱根風雲録』の演技が評価され、ブルーリボン賞主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞、1955年(昭和30年)には『たけくらべ』でブルーリボン賞助演女優賞を受賞する。また翌1956年(昭和31年)には、『母子像』などで2度目となるブルーリボン賞主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞、『流れる』等でキネマ旬報女優賞を受賞。1957年(昭和32年)『蜘蛛巣城』『どん底』『下町』で2度目のキネマ旬報女優賞を受賞。これらの活躍から、名実ともに映画界を代表する大女優となった。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見たメーキャップ

    1958年のロンドン映画祭に黒澤明が招待され、山田が主演した『蜘蛛巣城』がオープニング上映された。直後に行われたパーティで黒澤がローレンス・オリヴィエ、ヴィヴィアン・リー夫妻と会食した際、ヴィヴィアンは山田に対して大きな関心を示し、抑制された演技と発狂する場面でのメーキャップについて、黒澤に繰り返し質問したという。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た平凡社

    津田類『聞き書 女優 山田五十鈴』(1997年 平凡社) - インタビュー集山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た草思社

    升本喜年『紫陽花や山田五十鈴という女優』(2003年 草思社山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た河出書房新社

    藤田洋『遍歴 女優 山田五十鈴』(1998年 河出書房新社山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た中央公論新社

    中村又五郎、山田五十鈴『芝居万華鏡 めぐる舞台のうらおもて』(単行本1982年 中央公論社、文庫1997年 小池書院) - 対談山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見たビクターエンタテインメント

    カチューシャの唄(1948年、ビクター山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た日本図書センター

    山田五十鈴『映画とともに』(1953年 三一書房、再版2000年 日本図書センター) - 自叙伝山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する