362件中 51 - 60件表示
  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た帝国ホテル

    1980年(昭和55年)頃に京都の自宅を引き払い、安全が保障されている上にお手伝いさんもいらないという理由で東京・帝国ホテルの一室で生活を送っていた。その後も精力的に舞台に出演し、1993年(平成5年)に文化功労者、2000年(平成12年)に女優としては初めての文化勲章を受章した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た東宝

    1959年(昭和34年)、第4回新劇合同公演『関漢卿』に招かれて滝沢修と共演。その後映画出演の傍ら舞台出演が多くなり、1962年(昭和37年)に東宝演劇部と専属契約を結んでからは、活動の場は舞台中心へと移る。以後、商業演劇の看板役者となり、杉村春子・水谷八重子とともに「三大女優」と呼ばれた。代表作の1つである『たぬき』では立花家橘之助を演じ、浮世節を弾き語りして評判を得た。また、『津軽三味線ながれぶし』では三橋美智也と三味線の連れ弾きを披露している。そのほか、『香華』『華岡青洲の妻』『淀どの日記』『愛染め高尾』『太夫さん』など数多くの舞台に立った。1987年(昭和62年)には、ファン投票によって主演作10作を選定し、「五十鈴十種」と名付けた。また、若手の邦楽家や役者に三味線やお囃子を発表する会「東宝たぬき会」を立ち上げ、中村又五郎と共に指導を行っていた。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た関西テレビ放送

    裸の大将放浪記 第12話「ヨメ子は天女になったので」(1983年、KTV) - 富久保明乃山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た歌舞伎座

    1960年(昭和35年)10月、歌舞伎座で上演。松浦竹夫演出。共演は2世尾上松緑(シラノ)、17世市村羽左衛門(ルブレ)、3世市川左團次(ラグノオ)、藤間紫(リイズ)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た文藝春秋

    川本三郎『君美わしく 戦後日本映画女優讃』、文藝春秋、1996年 - 川本による山田を含む女優達のインタビュー集山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見たテレビ東京

    眠狂四郎円月殺法 第9話「はぐれ三味線運命剣-蒲原の巻-」(1983年、TX) - おとは山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見たテレビ朝日

    NECサンデー劇場 / 女殺油地獄(1960年、NET山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た日本コロムビア

    牡丹の曲(作詞:西條八十/作曲:服部良一。コロムビア・1941年(昭和16年)8月発売)※映画『上海の月』主題歌山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た戌井市郎

    1961年(昭和36年)9月、芸術座で「東宝劇団特別公演」として上演。福田恆存作、菊田一夫・戌井市郎演出。共演は8世松本幸四郎(蘇我臣赤兄)、8世市川中車(中臣連鎌足)、草笛光子(額田王)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た松井須磨子

    1946年(昭和21年)、豊田四郎監督の『檜舞台』が戦後第1作となり、戦中の『芝居道』以来共演のなかった長谷川とコンビを復活した。次いで衣笠貞之助監督の『或る夜の殿様』に出演し、同時に衣笠とも恋愛関係を結んだ。同年10月、第2次東宝争議が発生。ストに反対する大河内に同調して、長谷川、高峰秀子、藤田進、黒川弥太郎、入江たか子、原節子、山根寿子、花井蘭子とともに十人の旗の会を結成して日本映画演劇労働組合(略称:日映演)傘下の東宝従業員組合を脱退。これが元で翌1947年(昭和22年)3月に新東宝映画製作所が創立された。しかし、すぐにその脱退組を離れてフリーとなり、製作が再開された東宝で衣笠監督の『女優』に松井須磨子役で主演した。この頃、妻子ある衣笠と経堂に新居を建て、同棲生活をしている。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

362件中 51 - 60件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード