362件中 71 - 80件表示
  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た新珠三千代

    1985年(昭和60年)1月、帝国劇場で「山田五十鈴舞台生活50周年記念公演」として上演。平岩弓枝作・演出。共演は新珠三千代(和宮)、淡島千景(藤尾)、山村聰(勝海舟)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た東山千栄子

    1959年(昭和34年)1月上演。第4回新劇合同公演。田漢作・千田是也演出。共演は滝沢修(関漢卿)、東山千栄子(母親)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た丹阿弥谷津子

    1974年(昭和49年)に芸術座で初演。榎本滋民作・演出。初演時の共演は江戸家猫八(三遊亭円生)、宮口精二(三遊亭円橘)、丹阿弥谷津子(竹本綾之助)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た村松英子

    1969年(昭和44年)初演。川端康成作・榎本滋民演出。初演時の共演は森光子(栗本ちか子)、村松英子(太田文子)、林与一(三谷菊治)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た山根寿子

    1946年(昭和21年)、豊田四郎監督の『檜舞台』が戦後第1作となり、戦中の『芝居道』以来共演のなかった長谷川とコンビを復活した。次いで衣笠貞之助監督の『或る夜の殿様』に出演し、同時に衣笠とも恋愛関係を結んだ。同年10月、第2次東宝争議が発生。ストに反対する大河内に同調して、長谷川、高峰秀子、藤田進、黒川弥太郎、入江たか子、原節子、山根寿子、花井蘭子とともに十人の旗の会を結成して日本映画演劇労働組合(略称:日映演)傘下の東宝従業員組合を脱退。これが元で翌1947年(昭和22年)3月に新東宝映画製作所が創立された。しかし、すぐにその脱退組を離れてフリーとなり、製作が再開された東宝で衣笠監督の『女優』に松井須磨子役で主演した。この頃、妻子ある衣笠と経堂に新居を建て、同棲生活をしている。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た市川翠扇 (3代目)

    1971年(昭和46年)に「山田五十鈴舞台生活35周年記念公演」として上演。共演は2世中村又五郎(蒲生氏郷)、春日野八千代(北政所)、小沢栄太郎(徳川家康)、宮口精二(豊臣秀吉)、司葉子/草笛光子(小督)、市川翠扇(おはつ)など山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た北村和夫

    1976年(昭和51年)10月、帝国劇場で「山田五十鈴舞台生活40周年記念」として上演。榎本滋民作・演出。共演は田村高廣(豊臣秀頼)、丹阿弥谷津子(お久満)、平田昭彦(本多忠刻)、金田龍之介(南光坊天海)、北村和夫(無量坊浄光)など。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た長谷川一夫

    1938年(昭和13年)6月、東宝映画に入社。同社第1作は川口松太郎原作・成瀬巳喜男監督の『鶴八鶴次郎』で、長谷川一夫と三味線弾きの夫婦に扮し、気は強く情にはもろい女芸人気質を好演した。それ以来、『蛇姫様』『昨日消えた男』『婦系図』などで長谷川とコンビを組んだ。そのほか『新篇丹下左膳』シリーズでは丹下左膳役の大河内の相手役を演じ、渡辺邦男監督の『新妻鏡』、成瀬監督の『上海の月』ではヒロインを演じた。スターとして揺るぎない地位を占めたが、夫の月田は役に恵まれず、夫婦の収入に差が生じるようになり、夫婦仲も次第に亀裂が入る。1940年(昭和15年)には別居し、娘の美和子は月田家が引き取った。1942年(昭和17年)に月田と離婚し、映画製作者の滝村和男と結婚するが、1年余りで離婚した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た藤田進

    1946年(昭和21年)、豊田四郎監督の『檜舞台』が戦後第1作となり、戦中の『芝居道』以来共演のなかった長谷川とコンビを復活した。次いで衣笠貞之助監督の『或る夜の殿様』に出演し、同時に衣笠とも恋愛関係を結んだ。同年10月、第2次東宝争議が発生。ストに反対する大河内に同調して、長谷川、高峰秀子、藤田進、黒川弥太郎、入江たか子、原節子、山根寿子、花井蘭子とともに十人の旗の会を結成して日本映画演劇労働組合(略称:日映演)傘下の東宝従業員組合を脱退。これが元で翌1947年(昭和22年)3月に新東宝映画製作所が創立された。しかし、すぐにその脱退組を離れてフリーとなり、製作が再開された東宝で衣笠監督の『女優』に松井須磨子役で主演した。この頃、妻子ある衣笠と経堂に新居を建て、同棲生活をしている。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た入江たか子

    1946年(昭和21年)、豊田四郎監督の『檜舞台』が戦後第1作となり、戦中の『芝居道』以来共演のなかった長谷川とコンビを復活した。次いで衣笠貞之助監督の『或る夜の殿様』に出演し、同時に衣笠とも恋愛関係を結んだ。同年10月、第2次東宝争議が発生。ストに反対する大河内に同調して、長谷川、高峰秀子、藤田進、黒川弥太郎、入江たか子、原節子、山根寿子、花井蘭子とともに十人の旗の会を結成して日本映画演劇労働組合(略称:日映演)傘下の東宝従業員組合を脱退。これが元で翌1947年(昭和22年)3月に新東宝映画製作所が創立された。しかし、すぐにその脱退組を離れてフリーとなり、製作が再開された東宝で衣笠監督の『女優』に松井須磨子役で主演した。この頃、妻子ある衣笠と経堂に新居を建て、同棲生活をしている。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

362件中 71 - 80件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード