104件中 81 - 90件表示
  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た秦・始皇帝

    秦・始皇帝  大映東京  ... 太后(始皇帝の母) 1962.11.01 山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た必殺からくり人・富嶽百景殺し旅

    必殺からくり人・富嶽百景殺し旅(1978年) - 出雲のお艶 役山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た必殺仕置屋稼業

    必殺仕置屋稼業 第15話「一筆啓上欺瞞が見えた」(1975年)山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た時代劇

    一方、NHK大河ドラマ『赤穂浪士』(1964年)や、朝日放送『必殺からくり人』(1976年)といったテレビ時代劇にも出演した。特に必殺シリーズには以後1985年の必殺仕事人Vまで約10年間断続的に出演、代表作となった。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た葵徳川三代

    葵徳川三代(NHK大河ドラマ・2000年)山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た芸能花舞台

    1980年ころ京都の自宅を引き払い、安全が保障されている上にお手伝いさんもいらないという理由で、東京・帝国ホテルの一室で生活を送っていた。80歳を越えても舞台を中心に盛んに活躍していたが、2002年に数度に渡って体調を崩したことで舞台の休演・降板が相次いだ。同年4月に脳梗塞を発症、この年を最後に公の場に姿を見せることはなかった。2009年の時点で復帰を目指してリハビリに励んでいることが、親交のある松井誠によって明かされている。なお、最後のテレビ出演はNHKの『芸能花舞台』(2002年放送)である。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見たニュース映画

                      ニュース映画「日本ニュース」戦後編 第91号にて映画、演劇の入場税引き上げに反対する署名運動に参加している姿が写されている。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た芸術祭 (文化庁)

    また、1959年(昭和34年)には新劇合同公演『関漢卿』へ出演、歌舞伎役者の中村歌右衛門 (6代目)や尾上松緑 (2代目)との共演を機に、1963年(昭和38年)東宝演劇部の専属契約を結び、活動の場が舞台中心へと移る。同年、『香華』『丼池』『明智光秀』でテアトロン賞を受賞し、1974年(昭和49年)『たぬき』で芸術祭大賞、毎日芸術賞を受賞、1977年に『愛染め高尾』、1983年には『太夫さん』で芸術祭大賞を受賞している。若手の邦楽家や役者に三味線やお囃子を発表する会『東宝たぬき会』を立ち上げ、中村又五郎と共に指導を行っていた。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た國士無双

    1917年(大正6年)に新派劇俳優の山田九州男の娘として誕生した。幼少時から常磐津、清元、舞踊などを習っていた。1930年(昭和5年)に日活に入社し『剣を越えて』で大河内傳次郎の相手役としてデビュー。以降伊藤大輔監督の『素浪人忠弥』『興亡新撰組』、伊丹万作監督の『國士無双』など多くの日活時代劇作品に出演し人気を高める。1936年(昭和11年)に溝口健二監督の『浪華悲歌』『祇園の姉妹』への出演により第一線女優としての地位を確立し、東宝へ移籍してからは、長谷川一夫との共演作に数多く出演した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

  • 山田五十鈴

    山田五十鈴から見た文化功労者

    1993年(平成5年)に文化功労者表彰、さらに2000年(平成12年)に女優としては初めての文化勲章を受章した。山田五十鈴 フレッシュアイペディアより)

104件中 81 - 90件表示

「山田五十鈴」のニューストピックワード

  • 妻は最初あまり乗り気ではなかったかもしれないですが私は勧めました

  • 音楽

  • 核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向け、多くの人との連帯の輪をさらに広げ行動する