山田暢久 ニュース&Wiki etc.

山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「山田暢久」のつながり調べ

  • 坪井慶介

    坪井慶介から見た山田暢久

    2010年は序盤戦は山田暢久とセンターバックのコンビを組み、負傷で離脱していた新加入のスピラノビッチが復帰した後もレギュラーを確保していたが、J1第18節名古屋グランパス戦で失点に繋がるミスをし、その後しばらくはスピラノビッチと山田暢久のコンビにポジションを奪われた。しかし、スピラノビッチがJ1第24節アルビレックス新潟戦で再度負傷して離脱したため再びレギュラーとしてプレーすることとなった。(坪井慶介 フレッシュアイペディアより)

  • 加地亮

    加地亮から見た山田暢久

    2002年、FC東京に完全移籍。夏場以降にレギュラーを確保し、MF石川直宏と右サイドで好連携を築いた。同年10月の札幌戦では派手にロングシュートを決めて J1初得点を記録。2003年10月、FC東京はナビスコカップ準々決勝で敗退していたが、同大会準決勝と日本代表の遠征の日程が重なっており、同代表候補の名良橋晃(鹿島アントラーズ)・山田暢久(浦和レッズ)・市川大祐(清水エスパルス)が前者を優先させたことから新戦力として、加地がA代表に抜擢された。チュニジア戦で国際Aマッチ初出場。加地は3バック全盛の当時においては希少な「本職」のサイドバックであり、MFを追い越して繰り返し全力で駆け上がる果敢なオーバーラップ が買われ、以後もジーコ監督率いる日本代表に定着し、2004年には中国開催のアジアカップに出場し優勝。代表とチームの行き来で調子を崩したこともあったが、真摯な練習姿勢で守備のカバーリングや状況判断などの質を着実に向上させていった。同年のナビスコカップ決勝ではPK戦の最後のキッカーに名乗り出て、これを成功させて優勝を果たし、FC東京に初タイトルをもたらした。2005年6月、コンフェデレーションズカップ出場。ブラジル戦での「幻のゴール」(判定はオフサイド)や、好守の切り替えを怠らないプレーで評価を高めた。同年、ドイツワールドカップ最終予選のイラン戦で国際Aマッチ初得点を挙げ、日本のグループ1位通過及び本選出場に貢献。(加地亮 フレッシュアイペディアより)

「山田暢久」のニューストピックワード