前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 平川忠亮

    平川忠亮から見た山田暢久山田暢久

    2006年は序盤戦こそベンチスタートが多かったが、中盤戦以降はそれまで右アウトサイドを務めていた山田暢久が一列前に上がったことにより、空いた右アウトサイドに平川が割り当てられレギュラーに定着、J1初優勝、天皇杯連覇に貢献した。平川忠亮 フレッシュアイペディアより)

  • 赤菱のイレブン

    赤菱のイレブンから見た山田暢久山田暢久

    試合中、印象に残ったゴールシーンをネタにしたもの。2006年、広島戦での三都主アレサンドロから山田暢久のゴールのようなシーンも描かれているが、実際はオウンゴールがほとんどである。赤菱のイレブン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓太

    鈴木啓太から見た山田暢久山田暢久

    2009年は山田暢久に替わり、チームキャプテンに就任。主に阿部勇樹とボランチでコンビを組み、大きな怪我も無くほぼフル稼働し、浦和の中盤を支え続けた。また、9月19日J1第26節川崎フロンターレ戦では自身2年振りとなるゴールも記録した。鈴木啓太 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城哲哉

    葛城哲哉から見た山田暢久山田暢久

    学生時代はサッカー選手だったことから、サッカーにも造詣が深く、FM NACK5のサッカー中継ではコメンテーターを担当。1999年6月26日、国立競技場で行われた「シドニー五輪アジア地区1次予選戦」では君が代を独唱した。また、浦和レッドダイヤモンズの山田暢久のウェブサイトにコラムを連載したり、以前は木根尚登のサッカーチームにも所属していた。葛城哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見た山田暢久山田暢久

    9月10日 - 山田暢久(静岡県、サッカー)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 蹴球風見鶏

    蹴球風見鶏から見た山田暢久山田暢久

    レディアは、メディアへの露出が少ないことを皮肉られてか、手を抜かれた描写がなされている。また気性が激しいといわれる浦和サポーターのイメージとは対照的に自身は控えめな性格で、いつも黒目を閉じている。キャラクターのイメージは山田暢久。体格は、大宮アルディージャのアルディ(シマリスがモチーフ)や大分トリニータのニータン(カメがモチーフ)と同じく小動物サイズである。蹴球風見鶏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢丹浦和店

    伊勢丹浦和店から見た山田暢久山田暢久

    平成10年度 - 小野伸二、山田暢久伊勢丹浦和店 フレッシュアイペディアより)

  • 藤枝市立藤枝中学校

    藤枝市立藤枝中学校から見た山田暢久山田暢久

    山田暢久(元浦和レッズ・現浦和レッズユーススタッフ)藤枝市立藤枝中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 永田充

    永田充から見た山田暢久山田暢久

    2011年、マルシオ・リシャルデスと共に浦和レッドダイヤモンズに完全移籍。背番号は新潟時代の同僚で前シーズンチーム得点王のエジミウソンが付けていた17番が与えられた。3月6日に行われたJ1第1節、対ヴィッセル神戸に先発出場し、浦和での公式戦デビューを果たした。7月13日にホームで行われたJ1第4節の川崎フロンターレ戦でコーナーキックからのこぼれ球を右足で押し込み浦和での初得点を記録した。8月14日に東北電力ビッグスワンスタジアム行われたJ1第21節の新潟戦では山田暢久のヘディングを相手GKが弾いた所を右足で押し込み、シーズン2点目を挙げた。チームは最終節まで残留争いに巻き込まれるほど低迷し、15位に終わったものの、移籍1年目からCBのポジションを確保し、シーズン全34試合フル出場を果たした。永田充 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た山田暢久山田暢久

    しかしほぼ同じ時刻にカシマでも鹿島がPKを獲得し、これを決めるべく投入されたMF本田泰人が期待に応えてゴール。直後の80分には新潟で浦和MF山田暢久もゴールし、さらにスコアレスが続いていたフクアリでも82分、名古屋のFW鴨川奨のゴールにより千葉が1点リードされるなど、試合は各地で再び大きく動き始めた。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示