前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 山田暢久

    山田暢久から見た福田正博

    1994年に藤枝東高校から浦和レッズに入団。デビュー当時はフォワードで福田正博と2トップを組むこともあったが、1995年以降は主に右サイドバックや右ウイングバックとしてプレーしている。その他にもトップ下、ボランチ、センターバックなど、ゴールキーパーを除くあらゆるポジションで起用される。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たジーコ

    2004年2月9日、茨城県鹿嶋市での日本代表合宿中に、他の7選手とともに無断外出していたことが発覚。他の選手と異なり飲食はしなかったものの、監督だったジーコは「裏切り行為と感じた」として、山田ら8人を代表から外した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た山瀬功治

    2004年は1stステージでは右ウイングバック、山瀬功治が負傷で戦線離脱した2ndステージではトップ下として活躍。2ndステージを制して最後のステージ優勝をキャプテンとして飾ったが、チャンピオンシップでは横浜FMに敗れた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た田中マルクス闘莉王

    2009年はチームが8シーズンぶりに4バックを採用する中で、右サイドバックのレギュラーを確保する。また、田中マルクス闘莉王が抜けたナビスコカップ予選では、坪井慶介と共にセンターバックとしてもプレーした。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た横浜F・マリノス

    2004年は1stステージでは右ウイングバック、山瀬功治が負傷で戦線離脱した2ndステージではトップ下として活躍。2ndステージを制して最後のステージ優勝をキャプテンとして飾ったが、チャンピオンシップでは横浜FMに敗れた。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た永田充

    2012年途中出場が続いていたが、怪我による長期離脱にあってしまう。終盤、永田充が右太もも裏の肉離れから長期離脱を余儀なくされ山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たマシュー・スピラノビッチ

    2010年は田中マルクス闘莉王が名古屋に移籍したため、開幕戦からセンターバックで出場。夏場にスピラノビッチが復帰して以降もセンターバックとして出場した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た坪井慶介

    2009年はチームが8シーズンぶりに4バックを採用する中で、右サイドバックのレギュラーを確保する。また、田中マルクス闘莉王が抜けたナビスコカップ予選では、坪井慶介と共にセンターバックとしてもプレーした。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た山田智紀

    山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。1994年に浦和レッズに入団以来、浦和一筋でプレーし、現在チーム最古参の選手である。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たコンサドーレ札幌

    2008年は開幕戦から数試合はトップ下を任され、その後はボランチや右ウイングバックとして出場した。11月8日、札幌戦(札幌ドーム)で史上3人目となる、J1リーグ400試合出場を達成。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「山田暢久」のニューストピックワード