30件中 11 - 20件表示
  • 山田暢久

    山田暢久から見たヴィッセル神戸

    2005年8月24日、神戸戦(駒場)でJ1リーグ300試合出場を達成。20代ではリーグ初。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た東日本大震災

    2011年は開幕当初はセンターバック、東日本大震災での中断明けからは主にボランチ、終盤戦は左右のサイドバックとして出場し、さまざまなポジションで貴重な戦力として活躍した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た浦和レッドダイヤモンズ

    山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。1994年に浦和レッズに入団以来、浦和一筋でプレーし、現在チーム最古参の選手である。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たサンフレッチェ広島

    2006年は序盤こそ定位置の右サイドで出場していたが、夏場にコンディションを落として控えに回った。しかし、途中出場で決勝点を決めた9月16日の広島戦以降、トップ下の一角としてレギュラーに復帰。自己最多の6得点を挙げて優勝に貢献した。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たジュビロ磐田

    2007年は再び右ウイングバックに戻された。10月29日の名古屋戦で肉離れを起こすまではリーグ戦、ACL、ナビスコカップなどの公式戦にほとんど全てに先発出場した。4月7日、ジュビロ磐田戦(埼玉スタジアム)でJ1リーグ350試合出場を達成。この記録はJ1最年少記録。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見た2009年

    2009年はチームが8シーズンぶりに4バックを採用する中で、右サイドバックのレギュラーを確保する。また、田中マルクス闘莉王が抜けたナビスコカップ予選では、坪井慶介と共にセンターバックとしてもプレーした。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たサッカー

    山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。1994年に浦和レッズに入団以来、浦和一筋でプレーし、現在チーム最古参の選手である。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たミッドフィールダー

    山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。1994年に浦和レッズに入団以来、浦和一筋でプレーし、現在チーム最古参の選手である。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たサッカーのポジション

    山田 暢久(やまだ のぶひさ、1975年9月10日 - )は、静岡県藤枝市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。1994年に浦和レッズに入団以来、浦和一筋でプレーし、現在チーム最古参の選手である。弟の山田智紀は元プロサッカー選手。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

  • 山田暢久

    山田暢久から見たさいたま市浦和駒場スタジアム

    2005年8月24日、神戸戦(駒場)でJ1リーグ300試合出場を達成。20代ではリーグ初。山田暢久 フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「山田暢久」のニューストピックワード