259件中 21 - 30件表示
  • NHK・民放連共同ラジオキャンペーン

    NHK・民放連共同ラジオキャンペーンから見た山里亮太山里亮太

    U19とパーソナリティが語る、ラジオ・エキシビジョン2011 - 鈴木おさむと山里亮太を司会に迎え、ラジオの楽しさや面白さ、そして未来を語り合った。NHK・民放連共同ラジオキャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 品川祐

    品川祐から見た山里亮太山里亮太

    後輩や同期に対して「愛情表現」として聞き方によってはいじめ・イヤミともとれてしまう言葉をプライベートで述べていた時期があり、品川本人にその気はなかったものの、後述の山里亮太・まちゃまちゃなどのように実際にその発言で傷ついてしまった者もいる。品川祐 フレッシュアイペディアより)

  • ライス (お笑いコンビ)

    ライス (お笑いコンビ)から見た山里亮太山里亮太

    言語遊戯王にて南海キャンディーズの山里亮太から「手芸部のブス」というキャッチフレーズを付けられた。そのライブの登場の際にはキャッチフレーズの前に「放課後、気づいたらアイツのイニシャルを刺繍していた・・・。」というナレーションまで付けられていた。ライス (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題カーボーイ

    爆笑問題カーボーイから見た山里亮太山里亮太

    2016年6月15日(6月14日深夜) - 放送1000回目。スペシャルウィークのゲストに山里亮太を迎え、「放送1000回記念! ツッコミ祭り ヤングJUNKvsシルバーJUNK」を生放送。オープニングでは第1回の冒頭部分が流された。また、サウンドステッカーもこの日だけの特別な仕様に差し替えられた。爆笑問題カーボーイ フレッシュアイペディアより)

  • auのイメージキャラクター

    auのイメージキャラクターから見た山里亮太山里亮太

    山里亮太(南海キャンディーズ):2014年4月1日から5月10日までサブキャラクターとして起用。「ライブステージ」篇、および「U25家族セット割 ライブMC」篇のCMに出演。auのイメージキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • アドレな!ガレッジ

    アドレな!ガレッジから見た山里亮太山里亮太

    南海キャンディーズの山ちゃんが、番組からの返金を賭けて、過酷なチャレンジに挑む。これはかつて当番組のスペシャルにおいて、全財産を賭けた韓国でのカジノ一発勝負に敗れて財産を無くした為、そんな山ちゃんを救済しようという意図で行われていたが、チャレンジが成功することはまず無く、チャレンジが成功した場合でも、チャレンジに利用した車を傷付けた等の理由で、結局損失が増えてしまうことが多い。アドレな!ガレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 池上彰

    池上彰から見た山里亮太山里亮太

    『ニュースがもっとよくわかる本』(海竜社、2009年9月11日)山里亮太との共著池上彰 フレッシュアイペディアより)

  • クイズプレゼンバラエティー Qさま!!

    クイズプレゼンバラエティー Qさま!!から見た山里亮太山里亮太

    2006年8月10日に放映された回で南海キャンディーズの山ちゃんの「ダメQ」が5個に達し、お仕置きQとして熊本県にある3333段ある日本一の石段(御坂遊歩道)を登り、途中に置いてある果物の名前10個を順番に暗記して答えるという概要の罰ゲーム(順番を間違えたらスタート地点からやり直し)を執行。その模様は8月17日に放送されるが、山ちゃんの頑張りが思いのほか伝わらなかったという理由で「撮りたてホヤホヤのお蔵入りVTR」として放送されてしまった。「Qさま審議委員会」の話では「(苦労してロケをした企画が)お蔵入りになることまで含めて『お仕置きQ』」という趣旨だったらしいが、山ちゃんの心は本当に(相方のしずちゃんも認めるほどに)折れていた。クイズプレゼンバラエティー Qさま!! フレッシュアイペディアより)

  • ねほりんぱほりん

    ねほりんぱほりんから見た山里亮太山里亮太

    「人形劇×赤裸々トークショー」をコンセプトとして製作されている。モグラのぬいぐるみ、ねほりん(声・山里亮太)とぱほりん(声・YOU)が聞き手となり、ブタのぬいぐるみに扮した「訳ありゲスト」を招いて、トークを展開する。出演者全員がぬいぐるみに扮する意図を、山里は「人の顔色をうかがわないでなんでもしゃべれる空間」と説明している。チーフプロデューサーを務める大古滋久は、「ドギツい話もどこか優しく聞こえたり、まるで顔出しアリでしゃべってるように見えてくる」と説明。その秘密は、人形を操っている職人たちの技にあり、古くは『ひょっこりひょうたん島』や『プリンプリン物語』など、その時代から続く子ども番組の伝統の人形劇が「新しいモザイク」の形になって大人のトーク番組として進化した、と解説している。収録は、先にトークを撮り、後から人形の動きをそれに合わせるプレスコで行われている。ねほりんぱほりん フレッシュアイペディアより)

  • 追い風三等兵

    追い風三等兵から見た山里亮太山里亮太

    追い風三等兵 フレッシュアイペディアより)

259件中 21 - 30件表示

「山里亮太」のニューストピックワード