10305件中 31 - 40件表示
  • 陣屋

    陣屋から見た岐阜県岐阜県

    高山陣屋(岐阜県高山市)飛騨郡代の役所、天領の陣屋として唯一現存している。陣屋 フレッシュアイペディアより)

  • 単独市制

    単独市制から見た岐阜県岐阜県

    岐阜県大垣市(旧安八郡大垣町) - 1918年4月1日施行。単独市制 フレッシュアイペディアより)

  • 杵振り踊り

    杵振り踊りから見た岐阜県岐阜県

    杵振り踊り(きねふりおどり)とは、岐阜県中津川市の蛭川(旧蛭川村)及び、隣接する岐阜県恵那市の中野方(旧中野方村)や岐阜県加茂郡白川町切井で行われている五穀豊穣を願う踊りである。杵振り踊り フレッシュアイペディアより)

  • 山口村 (長野県)

    山口村 (長野県)から見た岐阜県岐阜県

    2005年(平成17年)2月13日、岐阜県中津川市と県を超えた合併をした。この越県合併は1959年(昭和34年)1月1日に栃木県足利郡菱村が群馬県桐生市へ編入されて以来46年ぶりのことである。山口村 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋電灯

    名古屋電灯から見た岐阜県岐阜県

    福澤時代の名古屋電灯では、社内に「製鋼部」・「製鉄部」・「臨時建設部」という3つの部門が設置された。うち「製鋼部」は特殊鋼の生産を目指すもので、1916年(大正5年)の工場操業を機に電気製鋼所(後の木曽川電力、製鋼事業は大同特殊鋼の前身)として分社化された。「製鉄部」は製鉄事業の事業化を目指した部門、「臨時建設部」は木曽川・矢作川の水力開発にあたった部門で、あわせて1918年(大正7年)に木曽電気製鉄として分社化された。木曽電気製鉄の設立により電源開発は同社が担い、名古屋電灯は同社より電力の卸売りを受けて配電事業に専念する体制となった。以後名古屋電灯は周辺事業者の合併を活発化させ1921年までに6社を合併し、岐阜県や静岡県にも供給区域を広げた。名古屋電灯 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た岐阜県岐阜県

    1874年11月2日 合名会社「日就社」から「讀賣新聞」創刊。初代社長は岐阜県出身の子安峻。創刊当時は1日おき発行の隔日刊紙で、漢字によみがなを振った画期的な庶民のための新聞だった。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 木曽川

    木曽川から見た岐阜県岐阜県

    木曽川(きそがわ)は、長野県から岐阜県、愛知県、三重県を経て伊勢湾に注ぐ木曽川水系の本流で一級河川、いわゆる木曽三川の一つ。源流部では、「味噌川」(みそがわ)とも呼ばれる。木曽川 フレッシュアイペディアより)

  • 中京圏

    中京圏から見た岐阜県岐阜県

    明治時代の中期に、名古屋駅が東海道本線、中央本線、関西鉄道(現在の関西本線)など鉄道の拠点となると、名古屋市を中心とする経済圏が形成されて、愛知県・岐阜県・三重県の3県(東海3県)に跨る圏域を中京圏(名古屋圏)と称するようになった。中京圏 フレッシュアイペディアより)

  • 水井康雄

    水井康雄から見た岐阜県岐阜県

    《赤錐)》 Méche au Ciel (インド砂岩/ 2.0m x 0.65 x 0.5/ 1984年11月/ 杉野製石 大垣 岐阜県/ 日動画廊現代美術展 及び千葉の歩会展出展)水井康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 木曽電気製鉄

    木曽電気製鉄から見た岐阜県岐阜県

    ただし実際の木曽川開発は、名古屋電灯とは別の系統に属する「名古屋電力株式会社」という電力会社が先行した。同社は、1897年(明治30年)に最初の水利権申請が行われた岐阜県加茂郡八百津町付近における水力発電計画に端を発する。加茂郡を地盤に衆議院議員に当選していた実業家兼松煕が参画して以降計画が進展するとともに大規模化し、名古屋財界の奥田正香や東京の資本家を巻き込んで資本金500万円の名古屋電力の創設となった。1906年10月の会社設立に先立って同社は八百津町における水利権を同年6月に取得し、1年半後の1908年1月に八百津発電所を着工した。また、日本電力発起人総代関清英が1907年(明治40年)4月に取得していた、長野県西筑摩郡福島町(現・木曽郡木曽町福島)から駒ヶ根村(現・上松町)を経て大桑村野尻にいたる「駒ヶ根水力」の水利権を1908年3月に譲り受けた。木曽電気製鉄 フレッシュアイペディアより)

10305件中 31 - 40件表示

「岐阜のできごと」のニューストピックワード